生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

アーモンドの効果・効能がすごい!最大限に活かす方法とは

 
アーモンドの効果・効能がすごい!最大限に活かす方法とは
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

アーモンドが体にいいと言う説はいつからか定着してきました。

どこやらの地方では日常的に食べているから健康で長寿だ、なんて話があったり。

健康意識の高い人たちがおやつがわりに食べていたり。

でも具体的にどんな成分がどんな風に体に良いかは、はっきり知らない…私自身もそんな感じです。いくら良いと言っても、食べすぎるとお肌が荒れちゃうんじゃないの!?とか思っていました。

 

そんな中、先日血糖値の上昇を抑える為に小腹が空いたらアーモンドを食べると言う方の話を聞き、そんな効果もあるのか!と、興味が再浮上。

そんなこんなで、アーモンドの効果を調べてみたのですが、これが本当に驚くべき内容でした!ぜひ皆さんにも知っていただきたいので、ご紹介しますね!

 

アーモンドの効果はこんなにも!

アーモンドの効果はこんなにも!

 

アーモンドは単純に健康に良いだけではありませんでした。生活習慣病の予防効果だけでなく、美容やアンチエイジング、ダイエットにも高い効果があるとのこと。

 

  • 美肌効果

ナッツ類は脂分が多いイメージですよね。アーモンドも食べるとニキビや肌荒れがおきちゃうんじゃないの?って思われがちです。ところがアーモンドにはビタミンEやビタミンBが豊富に含まれています。ビタミンEは活性酸素を除去し、ビタミンBは脂肪分の代謝させる働きがあり、肌の健康維持にとても役立つのです。

 

  • アンチエイジング効果

ビタミンEが豊富に含まれているので活性酸素を除去することがすでに老化防止になっているのですが、アーモンドにはさらにアンチエイジングに結びつく作用があります。

「AGE(終末糖化産物)」という老化や生活習慣病の原因になる物質があるのですが、アーモンドにはこの物質の生成を抑える成分が含まれています。

AGEは体内に溜まるとしわやシミなどの肌の老化が進んでしまったり、病気の原因になったりと体への悪影響が心配される物質です。

 

  • ダイエット効果

アーモンドは脂質の多い食品ですが、この脂質の主成分はオレイン酸という不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸とは、善玉コレステロールはそのままに、悪玉コレステロールだけを減らす効果があります。

また、食後の血糖値の急上昇を抑えるので、インスリンの分泌により糖が脂肪へと変わり、体内へ蓄えられてしまう現象を防いでくれます。

まさにダイエット効果の期待が高まる食品なのです。

 

  • 腸内環境の改善効果

アーモンドには食物繊維が多く含まれていますが、特に不溶性の食物繊維が多いのが特徴です。この不溶性食物繊維が腸の中で水分を含んで膨らみ、便を排出させ便秘を防ぐ効果があります。

 

  • 貧血の改善

アーモンドには鉄分と亜鉛も多く含まれています。鉄分も亜鉛も不足すると貧血の原因となるものなので、この2つの成分をたっぷり含むということは、貧血の対策として効果的と言えます。

 

  • むくみの解消

アーモンドにはカリウムやナトリウムなどのミネラルも含まれています。この2つは細胞の浸透圧のバランスを取る働きをし、体内の余分な塩分や水分を排出してむくみの解消につながります。

 

アーモンドの効果を最大限に活かす摂取方法とは?

アーモンドの効果を最大限に活かす摂取方法とは?

 

アーモンドは1日にどれくらい摂取すればよいのでしょうか。

 

ダイエット効果を期待するのであれば、1日20~25粒程度食べましょう。

これは19人に対し生活習慣はそのまま、半年間毎日アーモンドを25粒食べる実験を国内で行った結果、平均3.4㎏体重が減ったそうです。

普段の食事にアーモンド25粒(約150kcal)を追加したにもかかわらず、減量したと言う事はアーモンドには特筆すべきダイエット効果がある!ということですね。

 

さて、今度は効果的な食べ方をご紹介します。

 

アーモンドはぜひローストしたものを食べてください。

なぜなら、生のアーモンドには消化酵素の働きを抑える「酵素抑制物質」が含まれているから。これを取りさるには長時間水に漬けて皮をむくのですが、皮にも栄養が含まれています。

ローストされたアーモンドを皮ごと食べて、全ての栄養を摂取するようにしましょう。

 

アーモンドの保存と摂取する時の注意すべきこと

アーモンドの保存と摂取する時の注意すべきこと

 

アーモンドを保存・摂取する際に気をつけるポイントです。

脂肪分が多いアーモンドは、空気に触れると徐々に酸化してしまいます。できるだけ密封できるビンや缶などで保存するようにしましょう。

そして素焼きのもので、味をつけていないアーモンドを食べましょう。砂糖やチョコでコーティングしたものや塩をかけたものはとても美味しいのですが、塩分と糖分の過剰な摂取につながります。

そしてもちろん食べ過ぎには注意してください。食べ過ぎるとやはりカロリーオーバーになり、ダイエット効果が薄れてしまいます。

 

アーモンドの効果・効能についてのまとめ

 

アーモンドの粒に秘められた素晴らしいパワーはいかがだったでしょうか?

 

効果のまとめです。

  • 美肌効果
  • アンチエイジング効果
  • ダイエット効果
  • 腸内環境改善
  • 貧血の改善
  • むくみの解消

 

効果的な食べ方は

  • 1日20~25粒を目安に摂取
  • 味付け無しの素焼きのものを選ぶ
  • 食べ過ぎない

 

ちょっと小腹が空いたときや食後の血糖値の上昇を抑えるために、毎日の食後に数粒食べると効果的ですね。

より効果的な食べ方は、細かく粉砕することです。

フードプロセッサやミキサーで砕き、ドレッシングやたれに混ぜて食べるとさらに効果的ですよ!

そして酸化を防ぐために、できるだけ密閉できるビンや缶で保管しましょう。

上手に毎日の食生活に取り入れて、美容と健康を実感してみてくださいね。

 

関連記事:クルミの栄養と効果について。食べることで得られる効能とは

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.