生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

ベビー用品、揃える時期はモノによって違います!慎重に。

 
生まれたての赤ちゃん
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

私は現在1歳7か月の息子がいます。

妊娠が分かり、安定期にも入るとぼちぼちベビー用品を揃えないといけないな、と思いつつ、結局本格的に揃えだしたのは妊娠8、9か月ごろでした。

と、いうのも無駄な買い物をしたくないためにぎりぎりまでベビー用品について調べているうちに結局必要なものを買いそびれ続けたためです。

今思い返すと、もっとああしていればよかった、と思うことがたくさん出てきます。

 

まず一番悩むは高額ベビー用品

チャイルドシートで寝る子供

 

初めての妊娠では、いったいどのくらい妊娠・出産時に費用がかかるか分かりませんでした。

なのでまず有名育児雑誌で勉強します。すると先輩ママたちの経験談が載っているのでだいたいの金額の予算は立てることができました。そしてやはり大きく取り上げられているのはベビーベッド・ベビーカー・チャイルドシート・抱っこ紐などの高額商品についての経験談でした。

 

私は布団で寝ているのでベビーベッドは初めから買うつもりはなく、里帰り中の時にレンタルをすると決めていたので購入はハナから考えていませんでした。

抱っこ紐・チャイルドシートは、出産後1か月後に里帰り先の実家から自宅に戻る予定のだったので、産後~産後1か月の間に購入しました。産後1か月過ぎたら買い物に行かないといけなかったのでこの時期の購入で問題はありませんでした。

 

そして私が購入時期に関して後悔しているのがベビーカーです。

ベビーカーは産後1~2か月ごろに購入しました。ベビーカーの方が移動がしやすいときもあるかな?と思い早めに準備したのです。

 

しかし実際は体重が軽い月齢数か月の時期は抱っこ紐の移動の方が圧倒的に楽で、ベビーカーはなかなか活用することがありませんでした。本格的に使うようになったのは1歳前後からです。

 

ベビーカーの購入時期について後悔しているのは、1歳前後までこれといった必要性がなかったので新生児から対応できる今の大きめのベビーカーではなく、生後半年以降を対象とする軽量型のもので十分だったということ、もう一つ、一番思ったのは百貨店や商業施設などのレンタルベビーカーを色々試して経験してから決めればよかったことでした。

私がよく行くショッピング街では、レンタルベビーカーは館内専用のものと、館外でも使用できるものがあり、この館外でも使用できるものだと街中でも使用することができます。

ベビー用品店などでも実際に試すことはできますが、館外使用ベビーカーだと街中を走行できるので、リアルにベビーカーの使用感が分かり、自分にとってどんなベビーカーがいいのかがよりわかります。

実際に私がレンタルで使用したものはベビー用品店などで販売されている機種で、もし今持っているベビーカーよりも先にレンタルベビーカーの機種を先に使用していたらこちらの機種を購入していたと思います。

これから出産する友人にはこの方法を一つの案としてアドバイスしたいと思いました。

 

産前に準備してほしい、あったら便利なベビー用品

授乳クッション

 

ベビー用品は買っても使わなかったものがいくつかありますが、人におすすめする・次回の出産時には準備したいものがあります。

 

人におすすめしたいのは授乳クッションです。私は正直、手持ちのクッションで代用できそうだし、出産後にぼちぼち買うかなーくらいにしか思っておらず、購入は保留にしていました。

 

しかし私の出産した産院で出産のプレゼントとして授乳クッションを頂き、入院時から早速使用していましたが、とても感動しました。授乳クッションという名前だけあって本当に授乳にベストなクッションなのです。

枕やクッション、タオルなどでも代用できますが、使いやすさが全然違いました。クッションやタオルは微調整する手間さえ、産後のボロボロの体には煩わしいものです。

ノンストレスでさっと授乳できることはなれない新生児のお世話時期には大助かりでした。授乳クッションはゆるいU字のような形をしており、赤ちゃんをUの隙間に体を入れ頭だけクッションに寝かせることもできます。授乳クッションは買うのを悩んでいる人がいたらぜひともおすすめしたいものです。

 

そして次回の出産の産前に準備したいものはスリングです。

私は長く使うことを考え、スリングではなく頑丈な抱っこ紐を選びました。しかし同じく第一子時には抱っこ紐のみで過ごし、第二子出産のときに初めてスリングを購入・使用した友人は、低月齢のうちはスリングが使い勝手がいいとのことでした。

抱っこ紐よりも密着性があり赤ちゃんの安心度も高いのかぐずり対策にいいようです。実際に私も試させてもらいましたが、付けやすさ、軽さ、密着度のよさが、産後の一番体が疲れ大変な時にちょうどいいものだと思いました。

 

私の息子はとにかく抱っこしていないと泣いてしまう子だったので、ほぼ1日中抱っこしていたのですが、当時スリングを持っていればずいぶん楽だったのだろうなと思いました。

次に出産する機会があれば産後すぐ使えるように産前に準備したいし、これから出産する人にもおすすめします。

 

最後に

赤ちゃんの手

 

ベビー用品を揃えるのはお金がかかるし、人によっては不要な物もあります。

無駄な買い物をしないためにも、自分の生活スタイルをしっかり理解し、事前のリサーチを入念にすることが大事だと思いました。

 

関連記事:

ベビー用品、絶対必要なものリスト!出産前の最低限の準備とは。

ベビー用品、中古でいいもの、間に合うものリスト(保存版)

ベビーベッドは必要なのか?ライフスタイルに合わせて準備しよう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.