生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

バターにトランス脂肪酸は含まれているの?その影響は?

 
バター
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

トランス脂肪酸。この言葉を聞いたことがありますか?最近過剰に摂取すると体に悪い影響を与えると言われています。

 

このトランス脂肪酸は脂質を構成する脂肪酸の1つで「心筋梗塞」や「肥満」「動脈硬化」等の原因となる脂肪酸と言われています。

 

またこの「トランス脂肪酸」はマーガリンには多く含むことは知られていますがバターについては実際どうでしょうか?今回はバターについての「トランス脂肪酸」について紹介したいと思います。

 

バターにトランス脂肪酸は含まれているの?マーガリンとどう違うの?

バター

 

結論から言うとバターには「トランス脂肪酸」は含まれています。マーガリンのトランス脂肪酸は世間であまり評判がよくありません。しかしバターの「トランス脂肪酸」は正直世間では騒がれていません。どうしてでしょうか?

まずはトランス脂肪酸とはどんなものなのか?

そしてバターとマーガリンの違いは何なのか?を説明しましょう。

 

  • トランス脂肪酸とは?

まず「トランス脂肪酸」とは脂肪酸の1種であることは触れました。少し化学的な話になりますが物質の鎖の長さや炭素間の二重結合があるかないかで2種類の脂肪酸の存在があります

その脂肪酸は

飽和脂肪酸・・・炭素間の二重結合なし

不飽和脂肪酸・・・炭素間の二重結合あり

という特徴があります。

 

そしてトランス脂肪酸とは

不飽和脂肪酸の炭素間の二重結合があるものでしたね。そのまわりに構造が違う「シス型」と「トランス型」の2種類が存在しています。

 

天然の不飽和脂肪酸のほとんどは炭素間の二重結合がすべて「シス型」です。これに対してトランス型の二重結合が一つ以上ある不飽和脂肪酸を「トランス脂肪酸」と呼んでいます。

 

  • バターとマーガリンの違い

バター・・・乳脂肪分80%以上のもの

マーガリン・・・油脂が80%以上のもの

と定義されています。

 

ちなみにスーパー等で安く購入できるマーガリンタイプは正式には「ファットスプレット」と呼ばれています。

ファットスプレット・・・・油脂が80%未満のもの

 

 

ではバターですが、バターの乳脂肪分とは牛乳の脂肪成分のことで天然な脂肪分です。

で、高濃度の牛乳や生クリームはこの「乳脂肪分」が高いものを指します。

この「高濃度」の生クリームを使ってよーく振ると水分と固形分に分かれて、この固形分がバターとなって手づくりできます。

 

この天然でできた固形分。実は「トランス脂肪酸」は含めれています。正直。

動物性油脂と言われているバターは「牛」「山羊」「羊」の胃が4つある動物から胃の中の微生物の働きによって作られる物質がバターの「トランス脂肪酸」。

 

ですから自然の動物からできたということです。

 

一方、マーガリンは「油脂」が80%以上のものなのでこの「油脂」というのは植物油脂を使うことが多く

「大豆油」「なたね油」「パーム油」などが使用されています。

 

そしてここからが問題

マーガリンはこの植物油脂類を使っていますが、この植物油脂は液体です。それを固体化するために「水素」を人工的に添加させています。

 

この「水素」を添加させることによって「トランス脂肪酸」が発生します。

 

なぜこの「水素」を添加させるのでしょう?

それは用途によって使いやすくするために原料油脂の硬さ(融点)を調整しています。トーストを食べるとき塗りやすいですよね。

あの滑らかな硬さは人工的に作った硬さだったのですね。

 

又、マーガリン100g中のトランス脂肪酸の含有量は、0.94~13gとやや商品により違います。反面バター100g中のトランス脂肪酸の含有量は、1.7~2.2gです。

 

含有量からみても平均的にはバターの方がトランス脂肪酸が少ない傾向です。

 

バターのトランス脂肪酸の危険性はいかに?

バターとバターナイフ

 

バターのトランス脂肪酸はマーガリンと比較した場合、天然で含有量も低いので一見いいイメージを持たれたかと思います。

 

しかしながら微量ではあるけどバターにもトランス脂肪酸は含まれています。そして体の影響については悪玉コレステロールを増加させ、善玉コレステロールを減らしてしまうことも最近の調べで分かってきました。

 

バターをたっぷり使ったスイーツや料理っておいしいですよね。しかし、いくら天然のトランス脂肪酸だからと言って過剰摂取は控えるよう意識しましょう。

 

日本におけるバターのトランス脂肪酸の対策はあるの?

クロワッサン

 

最近の食品の傾向としては「トランス脂肪酸をなるべく減らしましょう。」という傾向が見られます。特にバターやマーガリンを製造しているメーカーは、消費者の「トランス脂肪酸は体に悪い」という意向に伴い、トランス脂肪酸を減らす努力をしているようです。

 

しかしながら日本には「トランス脂肪酸の表示をする義務がありません。

 

それはどうしてでしょう?

 

それは日本は欧米諸国に比べて圧倒的に「トランス脂肪酸」を摂取する量が違います。

 

欧米人って体が日本人に比べて大きいですよね。スポーツでのオリンピック競技や世界大会を見ると圧倒的に日本人は小さいです。ということは欧米人は食品の「量」をとっているということになります。

 

例えばファーストフードの「ポテト」や「ハンバーガー」、バターたっぷりの「デニッシュ」や「クロワッサン」。

メガサイズ並の量にびっくりします。

 

それと日本の主食は「米」ですが欧米は「パン」が主食のところが多いのも特徴。つまり「パン」が多いということはバターを摂取することが多いため食習慣が異なります。

 

ですから欧米では「トランス脂肪酸」の含有量を表示させて消費者に意識的に注意するよう義務づけています。

 

しかしこれからの日本の食生活はどんどん欧米化しているので近い将来「トランス脂肪酸」の表示が義務づけられる日もやってくるかもしれません。そのため「トランス脂肪酸」を意識し注意する時がやってくるでしょう。

 

まとめ

 

バターには天然の「トランス脂肪酸」は含まれていましたね。しかし天然とはいえ過剰に摂取するとやはり体に悪影響を与えます。

 

今後益々、食生活の欧米化が進む日本。

食品は「食べたいもの優先的に選ぶ」という考えから「栄養や有害物を意識して選ぶ」という考えになってきているのかもしれません。

ぜひ、食の知識を深めて健康的な食生活を送りたいものです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.