生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

クッキー作るなら無塩バター?有塩バター?適しているのは?

 
製作中のクッキー
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

ハンドメイドのクッキーって、素朴な味でとっても美味しいですよね!

わが家でもときどき家にある材料でクッキーを作ります!子供のためと言いつつ、自分のコーヒーのお供として。

家にある材料は、ホットケーキミックスとバターとチョコとナッツとか、チョコの代わりにドライフルーツをいれてみたりします。

食べたい!と思った時に作るので、ホットケーキミックスを使った簡単レシピばかりなのですが、ここでふとバターって無塩タイプの方が美味しいのかな?ということ。

と言うのも、無塩バターが我が家に常備されていることはまず無く、いつも有塩バターを使っていたからです。

これどうなの?無塩バターと有塩バターの仕上がりの違いはどれくらいなんでしょう?

無塩バターと有塩バターでクッキーに適しているのは?

バターと小麦粉

ネット上にこんな記事を見つけました。

「多少焦げやすくなるが、クッキー程度のお菓子なら有塩バターでもそんなに違いはありません。家庭用なら大丈夫だけど、プレゼントにするなら無塩バターで作りましょう」

「絶対に無塩バターで作る方が美味しい!有塩バターで作ったクッキーを食べると、いつまでもしょっぱさが口に残る」

うーん、どうなんでしょう?ネット上なので、いろいろな感想があって当然なんですが、本当にいろんな意見がバラバラとありまして。結論は「確実に無塩バターじゃないとダメ!」とはなりませんでした。

事実、我が家でも普通のバターを使っていて、むしろ塩っ気があっておいしいじゃん!と思って食べていましたので。

ここまで来て思ったのですが、クッキーのレシピによって向いてるバターが無塩か有塩かが分かれるのかな?と。

無塩バターと有塩バターの違い それぞれの使い道とメリット

バター

ここで無塩バターと有塩バターの違いをご紹介します。

まず【無塩バター】ですが、名前の通りほぼ塩分が入っていないバターのこと。材料自体に微量の塩分が含まれているため、最近では「食塩不使用バター」と表示されています。

バター本来の風味を楽しめる、塩分に味を邪魔されないなどの理由で、製菓・製パンに向いています。バターの使用量が50g程度なら塩気の影響は少ないのですが、100g以上使うパイ生地やケーキなどは無塩バターを使いましょう!

塩分が含まれていないため、日持ちは5か月ほどで有塩のものより1か月くらい短いのですが、塩分摂取を控えた方が良い妊婦さんや血圧を気にする方にも向いていますね。

【有塩バター】は全体量の1.5%くらいの食塩を含みます。200gの有塩バターなら3g程度の食塩を使用しています。

塩を含んでいる分保存期間も長く、無塩バターに比べ低価格。トーストはもちろんバター焼きなどはバターそのものが調味料となり、簡単でコクのある料理に仕上がります。淡白な味の魚料理や脂身の少ない赤身のステーキに使用して、コクをプラスしても!

無塩バターが無い!有塩バターは使える?代用の仕方は?

やっぱりデリケートな味わいが要求される洋菓子には、無塩バターを使う方が間違いないんですね…。

「でも手元には有塩バターがたくさんあるので、わざわざちょっとお高い無塩バターを買う気がしない」と言う方向けに、有塩バターから塩分を抜く方法を調べてみました。

①まず有塩バターを湯煎や電子レンジで溶かします。

②しっかり溶けたら冷蔵庫で冷やします。

③冷えて固まると塩分が分離して下に固まっているので、そぎ落とします。

④残ったバターを冷水で塩分を洗い流すと出来上がりです。

少し時間がかかりますが、完全に塩分を抜くことはできなくても無塩バターに近づけることは出来そうです!

有塩バターでも美味しいクッキーのレシピ

無塩バターの方がクッキーも美味しいと分かったうえで、あえて有塩バターが美味しいレシピを探してみました!だって今まで有塩バターを使って手作りしたクッキーを美味しく食べてたんだもの!!!

【ゴマのクッキー】

材料/薄力粉100g 片栗粉50g 砂糖70g 有塩バターor有塩マーガリン50g 黒ごま大さじ2 牛乳大さじ2

①粉類を合わせてふるい、バターを室温で柔らかくしておく。

②バターをホイッパーで混ぜ、砂糖を加えてすり混ぜる。

③粉類とゴマを②に加え、さっくり混ぜる。オーブンを150℃に予熱。

④牛乳を加えて混ぜる。円筒形にまとめ、ラップに包んで冷蔵庫で30分休ませる。

⑤5mmの厚さに切り、40分焼く。

低温で長時間焼くと歯ごたえのあるクッキーに、180℃/20分で焼くとサクサクの軽い歯ごたえ。バターの塩分が程よいコクで、手が止まりません!

クッキーを作るなら無塩バター?有塩バター?のまとめ

チョコチップクッキー

無塩バターってデリケートなお菓子には欠かせないものなんですね!有塩バターでは塩分やコクが悪目立ちしてしまって、気になってしまうようです。

ただ、有塩バターを使ってもおいしいクッキーのレシピを見つけることができました。手前味噌ですが、チョコとナッツのクッキーも有塩バター使用ですが、塩分が効いて美味しいと思いました。

確かに有塩バターのコクに負けないナッツとチョコの強さがあったので、混ぜ込む材料にパンチがあれば大丈夫なのかな?と思います。ちょっとワイルドなカントリークッキーとかですね。

基本的にはレシピ通りの材料と手順でつくるのが間違いないですね。間に合わせに無塩を有塩に変えるとマズい!という事になります。

これを機に、使用する材料と好みに合わせて有塩と無塩を使い分けて、レシピの幅を広げたいと思います!みなさんもぜひおいしいクッキーを焼いてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.