生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

大根ダイエットの効果とやり方、簡単に痩せる理由とは

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

大根でダイエット?!

 

大根の旬といえば、鍋料理の恋しくなる11月から2月。しかし、今や1年中大根を食べられるようになりました。いつでも、野菜売り場に行けば大根が手に入りますね。そんな、大根にダイエット効果があるということで、巷では「生大根ダイエット」というものが流行中のようです。

 生野菜でダイエットといえば、最近は「きゅうりダイエット」という言葉もよく聞きましたが、なんと大根にもそのような効果があるとは…。きゅうりは、水分量や酵素などが注目されましたが、はたして大根は、どのようにダイエットに効果をもたらすのでしょうか。

 

大根の栄養成分とは

 

大根の栄養がたくさん!ということで、調べてみました。含まれているものは、ビタミンC、ビタミンB1、カリウム、カルシウム、ナイアシン、ジアスターゼ、アミラーゼ、イソチオシアネート、フラボノイド。ビタミンまでは理解できるが、アミラ、フラボ…もう、魔法の呪文のように聞こえてきます。

簡単にいきましょう。注目するべきは、消化酵素が多く含まれる「アミラーゼ」、美容に効果がある「イソチオシアネート」。

ダイエットの天敵炭水化物の消化を促進してくれるのが、アミラーゼ。ダイエット中でも、大根のおかげで、炭水化物を過剰に抑える必要がなくなるのはうれしいですね。

脂肪をつくのを防ぐ効果や、血液サラサラ効果や、代謝促進、美容の大敵である活性酵素(老化、シミ、しわの原因となるもの)を抑制するイソチオシアネート。食べるだけで美容につながるのもうれしい限りです。

 健康的な体をつくり、さらにダイエットに効果があるとは…注目される野菜だということは納得ですね。

 

生大根ダイエットやり方

 

では、早速ですが、生根ダイエットのやり方です。キーワードは「生」です。「生」であることに意味があります。実は、大根ダイエットを成功させるためには、加熱していない大根を食べるのがポイント

なのです。(おでんでは、ダメなのね…と、少々がっかり)

 糖の分解を促進してくれるアミラーゼがたっぷりな大根ですが、もう一つの大事な栄養成分であるイソチオシアネートは、熱に弱いのです。加熱してしまうと、効果は減るうえ、さらに切ってから数十分で、イソチオシアネートは半減してしまうのです。

 食べ方としては、【すりおろす場合は食べる直前に行う】が、ポイント!汁が出たら、汁ごと飲むのも効果的なようです。そこにイソチオシアネートが豊富に含まれていますから!

とはいえ、毎日すりおろしでは飽きてしまいます。千切りにして、他の野菜と和えてサラダにするなど、食べ方の工夫が大事ですね。少しだけ、レシピを紹介いたします。

【生大根ダイエットのレシピ】

生大根のすりおろしとヨーグルト和え

  • 大根をすりおろす(1センチほど) ②ヨーグルトとジャム、はちみつなどと和える

生大根のおかか和え

  • 大根をおろす(辛みが苦手な場合は、汁は少し捨てる) ②めんつゆと、おかか、ツナを和える

大根のさっぱりサラダ

  • 大根、きゅうりを千切りにする ②種をとりのぞいた梅をたたき、ゴマ、オリーブ油、おかかで和える

究極の簡単サラダ

  • 大根をスティック状に切る ②そのまま食べる、あるいは、味噌とマヨネーズをまぜ、ディップソースにして食べる(つけすぎ注意!)

ずぼらな私には、このスティックが一番手っ取り早いです。ちなみに、発酵食品である味噌と合わせることは効果を上げるため、この食べ方はお勧めかもしれません。とはいえ、一番効果があるのが「すりおろした大根」。脂肪をつくのを防ぐ効果のあるイソチオシアネートは、すりおろした時に発生するものであることをお忘れなく。

 

大根のカロリーと食べる量

 

ダイエット効果のある野菜といっても、やはりカロリーは気になるもの。100グラムで約18kcal。低カロリーで安心ですね。そして、食事の始まりにまず大根を食べる。最初に食べることも効果を上げる一つのポイントです。

毎日の食べる量ですが、約300グラム。輪切りで5~6センチほどです。結構あるなぁ…と、思うかもしれませんが、毎食2センチずつ食べると考えると苦ではないと思います。

ちなみに、一日に食べる量は、これを超えないことをおすすめします。なぜならば、先程紹介した、すりおろした際に出るイソチオシアネートは、辛み成分のため、胃に刺激を与えすぎてしまう場合もあります。食べすぎにはご注意ください。

 

生大根ダイエットの効果について

 

生大根を食べ始めるとどのような効果が出てくるのか。まず、消化を促してくれるアミラーゼの効果が働きます。さらに、食物繊維が豊富で水分量の多い大根を適量食べることで、便通の解消が期待できます。その他には、利尿効果も実感したり、むくみがとれたりする、などの声もあります。何より、満腹感を得られることで食事量のコントロールができるのはよいことですね。

 ここまで、大根の栄養素、大根の食べ方、食べる量について伝えましたが、効果をよりよくあげるための食べる回数も大切だということもお忘れなく。

 基本的に一日1回でよいのですが、より多くの減量を目指す人は一日2回、あるいは3回にわけるなど、大根の食べる量を増やすのではなく、回数を増やして食べることがポイントです。とはいえ、やはり、減量に大事なのは、栄養バランスを整えること、大根ばかりに偏ると胃腸に刺激を与えてしまいますのでお気をつけください。「瘦せたけれど、体調を崩してしましました…。」あるいは、「栄養不足により体重が減りました…。」例え、瘦せたとしても、体調が悪くなるようなダイエットは本末転倒です!

大根ばかりに偏らないようお気を付けください。そして、何より継続です。最低でも二週間以上は続けてみましょう。長く続けることでより効果は高くなるようです。

 

まとめ

 

段々寒くなってきて、野菜自体も美味しくなる季節です。同時に寒い季節は代謝が落ちがちです。そんなタイミングで大根ダイエットはとても魅力的ですが、体を温める効果のある野菜、生姜、唐辛子、ニラ、南瓜、玉ねぎ、鶏肉なども同時に摂取することも重要です。ということは、鍋料理に、大根サラダ、もしかしたら、最高の組み合わせかもしれませんね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© マトメルブログ , 2020 All Rights Reserved.