生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

抱っこ紐は何か月から使用する?疑問と注意点について

 
抱っこ紐の子供を見る母親
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

はじめての赤ちゃんが産まれ、少しずつ赤ちゃんのいる生活にも慣れてきた頃、家事を手伝ってくれる人がいなかったり、すぐに働かなくてはいけなかったりなどなど、外出するにはどうしよう?と思う事があるかと思います。

そこで登場するのが抱っこ紐です。

これからますます活動的になる赤ちゃん。抱っこ紐があれば、ママも赤ちゃんも安心してお出かけできますよ。

最近では、デザインがかわいいものや機能性が高い抱っこ紐がたくさんあり、どれが良いのか、いつから使用していいのか、迷ってしまいますよね。

抱っこ紐をいつから使用してよいか、また使用するときに注意することをみていきたいと思います。

 

使い始める時期は新生児から使用OK

抱っこ紐の中の子供

 

抱っこ紐は新生児からだいたい2歳くらいまで使用することができます。

赤ちゃんの時期、成長具合によって使う種類も変わっていくかと思うので順を追ってみていきます。

 

  • 新生児・ねんね時期

新生児はまだ首もすわっていなくて赤ちゃん自体もフニャフニャしてとっても不安定。赤ちゃんを寝かせた状態のまま抱っこできる横抱き用の抱っこ紐がおすすめです。

縦抱きの抱っこ紐でもインサートという内側にやわらかい布を入れ、首を安定させるものもありますが、不安がある方は横抱き用でしっかりと首と頭を支えた方が良いかと思います。

この時期は1か月検診やお宮参り、予防接種開始など以外と抱っこ紐が登場する機会があり、ママも不慣れながら使用すると思います。

この時期の注意点としては、抱っこ紐を装着するときは赤ちゃんがビックリしないように、ゆっくりとやさしく抱き上げてあげましょう。また、横抱きの場合は頭と足が壁などにぶつかってしまわないようにしてあげて下さい。

 

  • 首がすわってきたら

首がすわってきたあたりからは、対面式の縦抱き用がおすすめです。ママのお腹と赤ちゃんが対面になっており、ママの心臓の音が聞こえるので、赤ちゃん自身をとても安心して抱っこさせる事ができ、ママも赤ちゃんの顔が見えるのでコミュニケーションがとりやすいです。

注意点としては、ママが、しゃがんだり、かがんだりした時に、赤ちゃんが頭からスッポリと落ちてしまう危険性がありますのでお気をつけ下さい。

 

  • 腰がすわってあんよが出来るようになってきたら

おんぶができるようになります。おんぶ紐を使うことで、対面抱っこよりもママの体の負担が減り、身軽になれます。また、前部分が空くので家事や買い物もとても楽になります。赤ちゃんもママの背中で揺られながら気持ちよく眠ってしまうことでしょう。

ここでの注意点はおんぶしている赤ちゃんの頭をぶつけないようにして下さい。ママには後ろが見えないので、後ろの幅を注意して動くことが大切です。また、赤ちゃんが寝てしまった場合は後ろに反って頭から落ちてしまう危険がありますのでお気を付けください。

ほかにはスリングタイプの抱っこ紐もあります。

スリングタイプは強度のある布でできていて、肩から斜めにひっかけて前部分に赤ちゃんを抱っこします。布製のものが多いので、洗濯もでき、清潔に保つことができますし、小さくたたむことで、お出かけの荷物も減り、負担か軽くなります。

反面、ガードがあまりないので赤ちゃんを落とさないようにバランスよく抱っこすることが大切です。

 

抱っこ紐の種類と注意点

 

抱っこ紐にはそれぞれ種類がありますが、基本的に新生児から使えるものが多いです。

 

また、一つの抱っこ紐で横抱き、縦抱き等、変化できてずっと使えるものがあったり、縦抱きでの抱っこの負担を軽くする機能が備わった商品があったりと良い商品がたくさん出てきてます。夏の暑い日には蒸れてしまい、赤ちゃんのあせもの原因にもなってしまうのを軽くする、メッシュ素材の抱っこ紐なんかもあります。

それぞれよく吟味してシーンによって使い分けてみたり、ずっと使えるお気に入りのものを選ばれると良いかと思います。

 

また、赤ちゃんは新陳代謝が活発なため汗をかきやすく、肌も敏感なので、肌にふれる部分はガーゼや綿製のものだと安心です。よだれなどで紐が濡れてしまうことが多いので、紐に付けることができる布製のカバーなど使ってみてもよいかと思います。このカバーもかわいい柄のものがたくさん出ているので、何種類か替えのカバーを用意しておけば、毎日よだれのついた抱っこ紐を使うこともなくなりお肌のトラブルも減ると思います。

 

最近人気のタイプは、好みにもよりますが、対面式、おんぶができるタイプのものが一番多く使われているのではないでしょうか。

抱っこ紐はママだけでなく、パパやご家族、その他赤ちゃんを見てくれる人、だれもが使用することができるので、使い方をしっかりと知れば、大変便利な育児グッズです。

赤ちゃんとのスキンシップを得ることもでき、家事の効率も上げてくれるでしょう。

 

しかし、抱っこ紐はあくまで、抱っこ、おんぶをサポートしてくれる道具。

あまり過信せず、赤ちゃん自体をやさしく抱っこしてあげてるイメージで使ってみて下さい。

そしてずっと抱っこしていると肩こりや腰を痛めてしまう恐れがありますのでベビーカーを利用するなど、ほどほどに休憩しながら使用してみて下さいね。

 

まとめ

1. 抱っこ紐は新生児から使える

2. 抱っこ紐は成長に合わせて使える種類がある

3. 抱っこ紐を使用するときは使用方法をよく守り、抱っこ紐を過信せずに赤ちゃんの抱っこをサポートしているという意識で使う。

 

関連記事:

抱っこ紐は必要か?0歳から1歳の時期の抱っこ紐の重要度

抱っこ紐はいつまで使う?使用時期と期間について。

ベビーカーと抱っこ紐はお出かけの時にどっちが便利?どっちが必要?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.