生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

エアコンの掃除頻度と正しい掃除のやり方について

 
エアコンのフィルター交換
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

みなさんはエアコンをどんな頻度で掃除していますか?

夏、ちょっと暑い日にエアコンを久しぶりに使い始めた時、「あれ?なんか臭う…。」という経験、ありませんか?

気になって気軽な気持ちでうっかりフィルターを外してみてビックリ!!フィルターですか?絨毯ですか??っていうくらいフワフワしたものがびっしりとついていました!

蒸し暑い中、私は泣きながら掃除機でフィルターのホコリを吸い取りました(泣)。

さて、本当はエアコンってどれくらいの頻度で掃除すればいいのでしょう?そもそも私が緊急的にしたフィルターの掃除だけで十分ですか?

 

エアコンは掃除しないと汚れるだけ?体に影響があるの?

使用中のエアコン

 

エアコンは暖かい空気や涼しい空気を送り出すために、室内の空気をフィルターを通してエアコン内に取り込み、熱交換器で冷やしたり温めたりして室内に送り出します。

エアコン内に室内の空気を取り込む時に空気中のホコリや浮遊物も一緒に取り込んでしまい、エアコン内部に溜まっていきます。もしこれを取り除かないと…

 

●エアコンに負担がかかる

エアコンのフィルターが詰まったままになっていると、エアコンが本来の力を発揮できません。汚れに気付かず無理やり使っていると無駄に電力を使う事になり、故障の原因にもなります。

 

●部屋の空気が汚れる

エアコンのフィルターは、エアコン内部に空気中のホコリや汚れの原因が入らないようにせき止め、一時的にフィルターにとどめておく役目をします。長期間掃除をせずにずっと使い続けるとどんどんホコリや汚れがたまり、せきとめきれずにエアコン内部にまで侵入します。

冷房を使うとエアコン内部に結露が発生して水分が残ります。これがホコリや汚れとともにカビの原因に。エアコンから室内に送り出される空気の中にホコリやカビ菌が混ざり、アレルギーの原因になることも。

 

エアコンの掃除頻度と掃除の仕方は?自分でどこまで掃除できる?

 

エアコンの掃除をする個所は主に2つに分けられます。手軽に掃除ができるフィルターとちょっと難易度の高いフィルターより奥の本体部分。場所ごとに適正な掃除頻度と掃除の仕方をご紹介します!

 

●フィルターとカバー

必要な道具:雑巾、掃除機、食器用洗剤、歯ブラシ

 

フィルターはホコリと汚れの関所で、空気中のホコリや汚れがはじめに着くところです。汚れやすいので、毎日使用する部屋の場合は2週間に1回のペースでの掃除がベスト。毎日使う時間が短い場合や、あまり使用しない部屋では1か月に1回でも大丈夫です。

フィルターはエアコンのカバーを開けるとすぐに取り出せるようになっていきます。掃除機で吸うとふわふわのホコリはすぐに吸い取れます。キッチン近くのエアコンは思ったより油が付着していることも。食器用洗剤と歯ブラシで水洗いすると簡単に落とせますよ!

フィルターを乾かしている間にカバー内側や本体の外側のホコリを拭き取りましょう。特別な器具は必要ありません。手持ちの掃除道具で十分です。

 

●本体内部

必要な道具:専用洗浄スプレー、雑巾、掃除機、飛び散り防止のビニールなど

 

本体内部も使用頻度により掃除の頻度も変わりますが、日常的によく使う部屋なら1年に1回、あまり使わない部屋なら2年に1回程度が目安です。

自分で掃除をする場合は、市販のエアコン洗浄用のスプレーを使います。熱交換器(フィン)用と

まずフィルターを外したら見える熱交換器。目の小さなホコリや汚れが付着しやすい場所です。まずエアコンが乾いている状態で、熱交換器のホコリを掃除機でしっかりと吸い取ります。そして飛び散りに注意しながらスプレーを吹き付けます。エアコンの基盤にかからないようにするなどの注意事項はありますが、作業自体にそこまでの大変さはないようです。最後に送風を長めにし、エアコン内部に水分をのこさないようにしましょう。

市販で販売しているのはこの熱交換器用のものが多いのですが、さらにその奥の送風機(ファン)を掃除する場合は専用のスプレーがあります。少し難易度も上がるので、無理をせずに専門業者に依頼するのもおすすめです。

 

エアコンの掃除についてのまとめ

カバーを開いたエアコン

 

エアコンに限らず掃除ってどこでも同じですが、しない時間が長ければ長いほど汚れも蓄積し、汚れを落としにくくなりますよね。

エアコンは頭より高い位置にあり、あまり普段の掃除でも注目しにくいものです。「掃除した方がいいかも!?」と気付くときは、使い始めのあの臭い臭いがあるということはカビが発生している証拠です。

 

そこで年に1回の集中掃除をするタイミングですが、本体内部のホコリが乾いている方が掃除をしやすいため、春か秋の乾燥した時期がおススメです。エアコンを使い始める前もしくは使い終わるシーズンオフの時期にしましょう。

 

フィルターの掃除は普段の掃除の延長でもできるくらいの手軽さです。掃除機でホコリを吸い取るだけなら毎週でもできそうですよね。

普段から少し視線を上げて掃除の範囲を広げると、エアコンも長持ちし、電気代の節約や家族の健康につながるかもしれません。意識して損はないですね!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.