生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

風呂掃除はカビとの闘いがメインテーマ、その決定版撃退法!

 
バスタブ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

家の中で一番湿気の多い場所と言えばお風呂ですね。

湿気と言えばお風呂、お風呂と言えばカビです。毎日使って、すぐに掃除をして水気を拭き取ればカビは生えないんでしょうね…。でも忙しい私たちにはハードルが高すぎます!

ということで、ハードルの低いカビ撃退法を調べてみました

 

風呂のタイルは頑固なカビの温床!スッキリ掃除するには?

シャワー

 

タイルの目地、黒カビがはびこってませんか?お風呂に入る度に目につくので、ついスポンジやブラシでこすったりしたくなりますよね。ところがこれが良くないそうです。

スポンジやブラシでこすることで、カビ菌を目地の奥にしみ込ませているかもしれないんです。結局スポンジやブラシでこすっても黒カビは取り切れませんしね。

そこでタイルの目地を正しく掃除する方法をいくつかご紹介します!

 

●クエン酸と重曹を使う

 

黒カビがそこまでひどくなければ、体や環境にとって安全性の高いクエン酸や重曹を使ってカビを取り除きましょう。

 

  1. クエン酸水を作ります。水100mlとクエン酸小さじ1/2をスプレーボトルに入れてよく振ります。
  2. 黒カビが気になるところにクエン酸水をスプレーします。
  3. スプレーした上に重曹を粉のまま振りかけます。
  4. 泡が発生します。その上にラップをして15分から30分放置します。
  5. ラップをとり、歯ブラシなどでこすり落とします。

 

黒カビを穏やかに分解し、落としやすくする方法です。一度で落ちないこともあるので、何度か繰り返し試してください。それでもまだ取れない!黒カビが残っている場合は次の方法でやっつけましょう!

 

●酸素系漂白剤(粉)と重曹を使う

 

同じ漂白剤でも塩素系と違い、強い刺激臭や有毒ガス発生に危険性がありません。環境への負荷も少ないので、使うときに安心感がありますね!

 

  1. 酸素系漂白剤と重曹でペーストを作ります。漂白剤1:重曹1:ぬるま湯0.5の割合で混ぜます。
  2. 黒カビの上にペーストを塗っていきます。
  3. ラップをして1時間放置しておきます。黒カビの落ち具合で放置する時間を増やしてください。
  4. ラップをとり、歯ブラシなどでこすります。

 

こちらもやや穏やかな作用なので、もしまだ黒カビの黒色が取れない場合は塩素系の漂白剤を使用します。

 

●塩素系漂白剤(液)を使う

 

食器用の手に入りやすい漂白剤を使います。こちらの漂白剤は強力な効果がありますが、刺激臭や手荒れ、ほかの洗剤と混ざると有毒ガスが発生するなどの危険性があります。使用する時はマスクや手袋を使い、飛び散りなどに十分注意してください。

 

  1. 塩素系漂白剤を直接黒カビの発生した目地にかけます。
  2. ラップをして15分ほど放置します。落ち具合によって時間を延ばしてください。
  3. 水で流します。

 

手間がかからず簡単ですね。効果も高いので、早くカビを取りたい場合はオススメです。

 

●塩素系漂白剤と片栗粉でペーストにして使う

 

壁面の黒カビには液だれしないペーストがオススメです。塩素系漂白剤と片栗粉を1:1で混ぜ合わせてペースト状にします。作り置きは効果が持続しないので、使用する直前に混ぜ合わせましょう。

ペーストを目地部分に塗り付け、ラップをします。カビのぐらいでは5分ほどで効果が表れますが、菌糸が奥に入り込んでいる場合はやはり時間を置く必要がありそうです。

 

●タイル用目地材を塗る

 

黒カビの色素がどうやっても落ちない場合は、思い切って上から目地材を塗る方法があります。ホームセンターなどで売っているので、手軽に手に入ります。防カビタイプもあるので今後のことを考えて選ぶと良いでしょう。

塗り方は塗りたい目地部分を残し、目地材がはみ出さないようにタイルにマスキングテープを貼ります。目地材を塗り、ヘラなどで表面を平らにします。乾いたらマスキングテープをはがします。タイルに目地材がついた場合は、乾く前にふき取りましょう。

 

まとめ 風呂掃除でカビを撃退する方法

風呂場

 

カビを取り除き清潔なお風呂にするには、いくつか方法がありました。

 

カビのでき始めや体への影響を考えて掃除をする場合は、クエン酸水と重曹(粉)

もう少ししっかり目に落としたい場合は、酸素系漂白剤+重曹(ペースト)

素早く効果を出したい場合は、塩素系漂白剤(液)

徹底的に黒カビを撃退したい場合は、塩素系漂白剤+片栗粉(ペースト)

どうして残っている黒色を消したい場合は、目地用塗料

 

クエン酸や重曹、酸素系漂白剤は体や環境にも優しく、掃除後にふき取り残しがあっても体への影響は少ないでしょう。ただ、対カビへの効果は穏やかです。普段のお手入れに利用したいですね。

 

変わって塩素系漂白剤は使用する時に注意が必要です。換気と飛び散りに注意してください。肌にかかった場合は十分に水ですすぎ、手荒れを防ぐクリームなどつけるようにしましょう。このように使う時は気を付けることが多いですが、効果はバツグンです。少々臭いが気になってもカビ除去の仕上がりが優秀なので、月に1度のスペシャルクリーニングに使いたいですね!

 

最後にカビを発生させないために気を付けたいことですが、時々天井も消毒用アルコールで拭きましょう。天井には目に見えなくてもカビがついているそうです。天井のカビを退治すると、お風呂全体のカビの発生も抑えられるのだとか。掃除がしにくい場所ですが、床用ワイパーを使えば安全に掃除ができます。

そしてシャンプーやせっけん泡の飛び散りもカビのごちそうです。入浴後はシャワーで壁や床も洗い流し、その後冷たいシャワーで浴室全体の温度を下げます。換気もしっかり行い、湿気を残さないようにしましょう。

 

毎日ゴシゴシ掃除しなくても、カビのえさ(皮脂汚れ、シャンプー・石鹸の残りカス)、温度、湿度をキチンと管理しておくとカビが発生しにくくなります。毎日のちょっとした気遣いで清潔なお風呂をキープしましょう!

 

関連記事:

風呂掃除を簡単に!ちょっとしたコツでキレイをキープ

お風呂扉のレール掃除はこの方法がベスト!メンテナンス付きでご紹介

お風呂掃除、毎日どこまでやりますか?時短できるお掃除テク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.