生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

風呂掃除を簡単に!ちょっとしたコツでキレイをキープ

 
きれいなお風呂
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

毎日必ず使うお風呂。家族全員の一日の疲れと汚れを洗い流してくれます。

 

でも、キレイで清潔なお風呂じゃないとゆったりくつろぐ事はできませんね。

毎日のお風呂掃除が面倒で、掃除係を押し付け合ってる家族もいるんじゃないでしょうか。

そこで、簡単にキレイになる掃除方法を紹介しましょう!簡単なのに汚れ落ちがハッキリ分かるから、お掃除も楽しくなるかもしれません!

 

使う道具も家にあるものや100均、ドラッグストアでそろえられるものばかりです。これらを工夫しながら使っていきます。

 

風呂掃除のコツ 少しの工夫で大きな効果

baking soda

 

お風呂ってちょっと手を抜いてしまうとすぐにカビやぬめりが気になりますよね。かといって毎日しっかり手をかけるのは時間もないし、面倒くさいし…ですよね。

そこで、毎日のお風呂掃除を手軽に済ませるために、ちょっとしたコツを覚えておきましょう。汚れの原因と適した洗剤を知っておけば自分流にアレンジすることもできます。

 

蛇口回り、鏡の白い汚れに

 

【用意するもの】

クエン酸(または酢)、重曹、水、スプレーボトル、歯ブラシ、固めのスポンジ

 

水が飛び散り、そのまま乾いてしまうと鱗のように白くてガンコなよごれがこびりついてしまいます。これは水道水のカルキに含まれるカルシウムが固まった状態です。お風呂用洗剤をつけてスポンジでこすっても簡単には落ちません。

ここで登場するのはクエン酸水や酢水です。白く固まった汚れはアルカリ性なので、クエン酸や酢の酸性と合わせて中和させることで汚れが柔らかくなり、落としやすくなります。

 

クエン酸水(水200mlとクエン酸小さじ1)をスプレーボトルに入れ、鏡や蛇口に吹きかけます。1~2時間置いて歯ブラシや固めのスポンジでゴシゴシこすると楽に落ちます。

 

それでも白いカタやくもりがまだ残っているとしたら?それは石鹸カスで、酸性の汚れです。その場合は重曹を粉のまま振り掛け、スポンジでこすってみましょう。重曹は水に溶けにくく研磨効果もあるので、きっと驚くほどピカピカになりますよ!

 

排水口のぬめり、悪臭に

 

【用意するもの】

塩素系漂白剤(泡タイプ)、重曹、クエン酸、歯ブラシ、スポンジ

 

排水口は汚れた水が流れ、常に湿っている場所です。この汚れは体を洗った時の皮脂汚れやせっけんの泡、髪の毛やほこりが絡まって付着した物です。雑菌やカビも繁殖しやすくなり、臭いやつまりの原因にもなります。とても不快ですね。週に1回程度、排水口をスペシャルケアしましょう!

 

手軽な方法は塩素系漂白剤の泡タイプをまんべんなくかける方法です。排水口のフタやゴミ受けを外し、髪の毛などのゴミを取ります。泡タイプの漂白剤をムラなくスプレーし、排水口の内側にもしっかりスプレーします。フタ裏やゴミ受けの裏も忘れずにしましょう。後は20分くらい置き、水道水で流すだけです。汚れが残っていたら、歯ブラシやスポンジでこすり取りましょう。

塩素系の漂白剤は効果が早くて便利ですが、臭いと肌荒れがデメリットですね。あと、スプレーや水で流す際に服やタオルに飛び散ると脱色してしまいます。使用する際は注意しましょう。

 

小さな子供がいたり妊娠中で臭いに敏感だったりする時は、重曹とクエン酸を使った掃除法がおすすめです。

排水口のフタやゴミ受けを外し、排水口の中や周り、外したフタやゴミ受けなどのパーツにも重曹1/2カップをまんべんなく振りかけます。その上からクエン酸水(水100mlとクエン酸小さじ1を混ぜる)を回しかけていきます。すぐにシュワシュワと発泡するので、そのまま30分ほどおきます。その後、洗面器やバケツにお湯を入れ、一気に排水口に流し込みます。これで安全にぬめりやつまり、臭いから解放されます!クエン酸が無ければ酢でもOKです。ただし、酢の臭いは覚悟してくださいね!

 

天井が清潔なお風呂のキーになる!?

 

【用意するもの】

床用ワイパー、キッチンペーパー、消毒用アルコール、カビハイターなどのカビ用漂白剤

 

通常どの場所でも、掃除をするなら上から始めますよね。実はお風呂もそうなんです。見落としがちな天井ですが、意外とカビが発生しているそうです。ここを清潔に保つと、壁や床、目地などのカビの発生率が低くなりますよ!

 

それでは早速取りかかりましょう。まず床用ワイパーにキッチンペーパーを3枚セットします。そのキッチンペーパーに消毒用アルコールをしっかり湿るまで振りかけます。天井を床用ワイパーで奥から手前に拭いていきます。これで目立たないカビはふき取ることができ、さらに発生を防ぐ事ができます。

 

それでもふき取れないガンコな黒カビが発生していたら、キッチンペーパーにカビ用漂白剤を吹きかけ、床用ワイパーを使って天井を拭きます10分ほど置き、濡らしたキッチンペーパーで天井に着いているカビ用漂白剤をふき取っていきます。2、3度繰り返し水拭きして終わりです。

カビ用漂白剤を使うときには飛び散りと換気に注意してくださいね。くれぐれも直接天井に吹き付けないようにしてください。

 

まとめ

裏返しの洗面器

 

お風呂の汚れの原因は水垢、石鹸カス、カビが主なものです。これらは毎日お風呂に入った後、しっかりとお風呂全体の水気をふき取り乾燥させると防げるものです。しかし、家族がそれぞれのリズムでお風呂に入り入浴の間隔が開くことで、浴室が湿気た状態が続くと汚れやすくなります。

 

お風呂に入る度に水気をふき取るのは現実的に難しいので、なるべくカビや汚れを防ぐために、クエン酸水を天井や壁、床に吹き付けておくのが有効です。クエン酸は殺菌効果があるので、カビの発生を防いでくれます。しかも塩素系漂白剤に比べて安全性も高いので、オススメです!

 

毎日のちょっとしたお手入れと、週に1回のスペシャルケアでお風呂の清潔をキープしましょう!

 

関連記事:

風呂掃除はカビとの闘いがメインテーマ、その決定版撃退法!

お風呂掃除、毎日どこまでやりますか?時短できるお掃除テク

お風呂扉のレール掃除はこの方法がベスト!メンテナンス付きでご紹介

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.