生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

初節句の男の子のお祝い、祖父母からのお祝いの仕方とは

 
初節句、紅白饅頭
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

祖父母から孫へ心のこもったものを贈りたいですね。

可愛い孫が誕生してから、初めての節句。

あれも贈りたい、あれもしてあげたい、と、いろいろと考えますよね。

贈り物には、どんなに身内でもマナーがあります。

相手にとっても、軽すぎず、また重すぎないような、喜んでもらえるものを選びたいものですね。

 

初節句とは

こどもの日、寝る子供

 

生まれて初めて迎える節句、季節の変わり目のことです。

男の子は、5月5日。女の子は3月3日。

この日まで、健康で無事に育ってくれた、ということと、

これからの健やかな成長を願う意味で、お祝いをします。

 

初節句、男の子の場合

 

「端午の節句」、男の子の初節句のことです。

旧暦で、午の月が5月。最初の午の日意味で、端午といいます。

この日は、厄を払うのに、菖蒲を使います。

菖蒲の節句とも言われます。

菖蒲の葉の形が、剣に似ているためとの由来もあります。

戦う「勝負」、武道の「尚武」の意味もあります。

菖蒲を子供の頭に巻いたり、菖蒲湯に入ったりして邪気を払います。

 

初節句での男の子のお祝い、祖父母が贈るものとして

 

昔から、初節句のお祝いは、母方の実家が用意していました。

でも、最近では双方で話し合って、決めることが多いようです。

では、どのようなものを贈ったらいいのでしょうか。

 

お祝い金

お祝い金

 

やはり、いちばん喜ばれるのは、現金でしょう。

昔と違うところは、節句に関する大きな品物を送っても、マンションやアパートが狭く、置く場所がないことや、子供夫婦によっては、品物は置かない、など、各家庭で違ってきているからです。ですので、孫のために子供夫婦が、好きなものを選べるように、現金がいちばん喜ばれます。

孫のために使うのですから、金額は、多い方がいいのかもしれませんが、あまり多すぎても、相手方の祖父母と釣り合わないし、少なすぎても、肩身の狭い思いをしますよね。

では、お祝いの相場って、どれくらいなのでしょうか。

 

お祝い金の相場

 

地方によっても異なりますが、現金で用意する場合は、双方の祖父母とも、3万~10万円くらいです。

 

お祝い金を贈る場合は、品物まで贈る必要はありませんが、最近では、経済的に豊かになり、お祝い金も品物も、両方贈る方も多いようです。

ですので、両方贈る場合は、お祝い全体にかかる費用は、10万を超える場合もあります。

 

必ず、新札を用意しましょう。一般のお祝い事と同じく、用意して待っていました、の意味で、新札で用意します。

のしは紅白の蝶結びが一般的です。金額によって、金銀、金赤に変えましょう。10万円以上贈るなら、豪華な飾り水引でもいいでしょう。印刷してあるような、簡素なものは避けましょう。

 

表書きは、「御祝」「初節句御祝」がいいでしょう。

必ず、ふくさに包み、取り出して渡します。名前は祖父母のどちらかのフルネーム、または、連名でも大丈夫です。

 

祖父母から、品物を贈る

 

初節句に品物を用意する場合は、他の親族とダブらないように、子供夫婦と、よく話し合ってから決めましょう。

端午の節句にちなんだ品物では、

 

こいのぼり

こいのぼり

 

外飾りでは、立身出世のこいのぼりです。

どんな困難にも負けず、しっかりと目指す所へ、上っていけるようにという意味があります。

竿上から、回転玉、矢車、吹き流し、真鯉(まごい)、緋鯉(ひごい)青鯉(家族)と並べます。

最近では、カラフルなこいのぼりも多くなってきました。また家紋も入った名前旗も一緒に揚げる家庭も多いです。

お値段は、ピンからキリまでありますが、高いものでは、15万円超えるものもあります。

 

 

五月人形

五月人形、兜飾り

 

内飾りでは、武者人形、金太郎人形、桃太郎人形、武蔵坊弁慶人形など。

他に、鎧、兜、破魔弓、太刀などもあります。この節句の時期に、武士が、戦いに使った道具を虫干していたのが、飾る由来になったとされています。

また、これらは、子供の厄除け。身代わりになってくれる意味があります。強い男の子に育ってほしいということでしょう。

こちらも、お値段は、大きさや材質によって変わるようです。

 

 

品物を贈るときの注意点

 

子供夫婦に聞いてからにしましょう。

今は核家族化で、祖父母と別の場所に住んでいることが多いです。

子供夫婦の住宅の事情もありますので、必ず、聞いてから贈るようにしましょう。

品物が、あまり大き過ぎると、マンションやアパートなどで、飾る場所をとりますから、最近では、コンパクトに作られているものも多いです。

今は、ネットショップでも、たくさんの節句の品が並んでいます。孫の名前が入ったオリジナルのものでもいいでしょう。

こいのぼりでも、マンション用などが、お店に出ていますが、マンションなどによっては、ベランダにも飾れないようなこともあります。

ですので、品物を贈る場合は、よく相談してからにしましょう。どんなものを贈っても、心のこもった贈り物は、きっと喜ばれますよ。

また、節句にちなんだ品物を希望しない子供夫婦には、どんなものがいいか、と聞いてみましょう。はっきりコレが良い、これが必要と答えてくれます。

子供夫婦から、品物自体いらない、と言われたら、その分を、お祝い金として、増やしてもいいでしょう。

このように、お祝い金でも品物でも、どちらにしても、孫の成長を祈る気持ちが大事なのです。

 

お祝いを贈る時期

 

節句の1ヶ月前には、渡しましょう。昔から、こういったお祝いは、1ヶ月以上前から用意する風習があります。

また、せっかく品物を贈っても、飾っておける日が短いと、飾って眺めて楽しむ時間が少なくなります。

なので、1ヶ月以上前には、渡せるように準備しましょう。

 

お祝いの席に招待されたら

子供の日、お祝い

 

子供夫婦がお祝いの席を用意していたら、喜んで出席しましょう。

昔は、親戚など総出で宴席をしたものですが、最近では、双方の祖父母だけ呼ぶことも多くなってきました。招待されたら、ぜひ、出席しましょう。

宴席の場所が、ホテルやレストランなどなら、服装は、スーツなどがいいでしょう。

孫が生まれたばかりで、あまり外に出たくないなら、子供夫婦の家やマンションでの宴席になります。

「平服で」と言われても、あまりカジュアル過ぎるのは、よくありません。

少しだけ、おしゃれして行きましょう。

また、お祝いは、すでに贈っていますから、手ぶらでも良いのですが、出来れば、ちょっとした菓子折りなど持っていくと良いでしょう。

可愛い孫の顔を見ながら、成長を見守りつつ、祖父母同士も話が弾むと思います。

 

まとめ

子供の日、柏餅

 

祖父母にとっても、楽しみな孫の成長。初節句は、育っていく孫の大切な節目のひとつです。心から、成長をあたたかく見守ってあげたいですね。

また、双方の祖父母とも、こういったお祝いがきっかけで、交流も深まるでしょう。

孫にとっても、一生に一度のイベントなので、子供夫婦と、よく相談して、初節句のお祝いを、心に残るものにしたいですね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.