生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

部屋の掃除、やる気を自然に引き出す方法とは?

 
掃除中の主婦
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

外出先から家に帰り、自分の部屋に入ると…あぁ汚部屋!たまりませんね…。

毎日なんとかしなきゃと思っていても、どこから手を付けていいか分からない。まとまった時間も取れないし。そんなできない理由を探したって、部屋が汚れていては疲れていてもくつろぐことができません。心と体の健康のためにも、ぜひ部屋を掃除してリフレッシュしましょう!

 

汚部屋を勇気を出して掃除するためには?やる気を出す方法

畳んだ衣類

 

なぜか部屋が散らかってしまう、ものが溢れてしまう、掃除に取りかかっても最後までできない。

部屋が恐ろしいほど散らかり、ものが溢れて生活しにくくなる程になってしまったら、掃除を始める前に出来ない理由を考えてしまってなかなか取りかかれません。足の踏み場が無いほどじゃなくても、日々の郵便物や子供の学校のプリント類、収納スペースからはみ出した頂きものの食品など、行き場のないものがそこここに固まっている状態もイヤですよね。

でも、汚部屋の居心地が良くて片づけたくない!と言う人じゃない限り、大多数の人は部屋が散らかっていると不快感がありますよね。必要なものがすぐ出てこないなどというリアル生活不便だけじゃなく、精神的にも落ち着かず、疲れてきます。

そこで、重い腰を上げるための方法をご紹介します。ハードルの低いものから順にいきますね。

 

①ココだけキレイに!場所を決めて掃除をする

 

まずはベッドの上だけとか、食卓テーブルの上だけとか決めてみましょう。全体を見まわして途方に暮れて断念するのではなく、「今日はソファ周りだけ」などピンポイントでいいのです

ソファ周りだけでいいのなら気がラクになり、取りかかり安くなりませんか?

ここで注意点があります。例えばソファ付近に脱ぎ散らかした服や雑誌があった場合ですが、脱いだ服は洗濯カゴに入れること、洗濯して取り込んだ服なら畳んでしまうこと、雑誌は本棚に入れるなど、定位置に置き、完結することをルール付けましょう。ソファだけ取り敢えずキレイならいいや、といって床や別の場所にまとめて移動したら、その繰り返しによって永遠に片付かなくなります。

 

②15分後にご褒美ティータイムを!時間を決めて掃除をする

 

1カ所がキレイになると勢いづいてどんどん掃除を進めてしまう事があります。2、3カ所でキチンと終わればいいのですが、徐々に集中力がなくなり疲れて止めるパターンになりがちです。

 

そこで、1回15分と、掃除の時間を決めてしまいましょう15分以内に洗濯ものを取り込んで全て畳んでタンスにしまう、などとクリアの目標をたてるのです。ダラダラと続ける片づけや掃除は終わりがイメージできないので心が折れがちですが、15分くらいの短い時間なら「掃除が終わったらゆっくりコーヒーを飲む」というご褒美タイムも含めてイメージしやすくなり、終わった時の達成感がキチンと味わえます。

 

手の届かない高い目標より、手の届きやすい中くらいの目標を積み重ねていきましょう。

 

③イベントで自分を追い込む!友人に部屋に遊びに来てもらう

 

目的があればキレイになるということで。無理やり部屋を掃除せざるを得ない状況に持っていく作戦ですこれは表面的にはキレイになりますが、若干キレイが長続きしにくくなることも。

キレイで清潔な部屋をキープするには、定期的に知人を招待しないといけませんね!

 

④すぐ出せる!使える!掃除道具を手に取りやすい場所に移動する

 

汚れてるな…と思っても掃除道具を出すのに時間がかかるようでは、掃除が面倒になりますよね。

 

キッチンや自分がよく居る場所の近くに掃除機やコロコロなどを置いておきましょう掃除機は見えてもOKなおしゃれなスティッククリーナーがベストですね!コロコロやウエットティッシュはインテリア性の高いカゴの中に忍ばせましょう。

汚れを発見した時にサッとだしてサッと掃除ができれば最高です!

 

⑤音楽を聴いてテンションを上げる!

 

音楽ってテンションが上がりますよね。掃除もノリノリで始められ、時間がたっても気になりません。

 

音楽好きなら、好きな曲を聴きながらのお掃除をぜひおすすめします

逆にテレビはNGです。画像が気になって手が止まってしまいますからね。個人的にはYouTubeのJpopミックスリストがおすすめです。ノリも良く、はまり過ぎないのでお掃除に最適です!

 

まとめ 掃除のやる気スイッチを入れるには

掃除が楽しい主婦

 

毎日仕事が忙しすぎて、出したものを元に戻すことさえ時間が惜しい人は難しいでしょうが(根本的な生活を見直す必要あり?)、「元に戻す」ことは大切です。これが出来れば汚部屋にはならないはずです。

 

でもやっぱりモノがあふれてしまうのなら、それは必要以上のモノに囲まれているからだと思います。

今まであったモノを手放すのは確かに不安ですが、自分がどんな部屋で生活したいがイメージしてみてください。インテリア雑誌を見るのもいいと思います。理想に近い部屋はありますか?そこはモノがあふれていますか?

 

一度すっきりとさせたら、今後何かを買い足すときは同じ数だけ捨てる覚悟で買ってください。そうするとモノを買う時にじっくり考えて買うようになります。勢いだけじゃなく、じっくり考えることが必要です。

 

自分が納得したモノの中で生活をすれば、自然と大切に扱えるようになると思います。

私の経験ですが、部屋が汚い時は心に余裕がない時でした。忙しくても心に余裕を持つことができれば、部屋の居心地も良くなるかな、と思います。

これを読む人が、少しでも心に余裕が生まれれば幸いです。

 

関連記事:片付けやる気スイッチを楽に入れる方法。断捨離がカギ?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.