生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

保育園と幼稚園、子供にとっていいのはどっち?

 
遊具の前で抱っこされた園児
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

子供が生まれてすぐは子育てに慣れるまで何かとバタバタしますよね。やっと落ち着いたかと思えば、幼稚園入学を考える年になってたりして。本当にあっと言うまですね。

そこで考えてしまうのが保育園と幼稚園、どちらがいいの?と言う疑問。

両親ともにフルタイムで働いていて、そのまま働き続ける予定なら迷わず保育園ですが、そうじゃない家庭はどちらを選べばいいのでしょう?そして一番気になる「子供にとって」いいのはどちらなんでしょう?

それぞれ特徴や傾向が違うので、そのあたりから探っていきましょう!

保育園と幼稚園の違いを比較 生活スタイルによってメリットが違う

ブロックで遊ぶ園児

そもそも保育園と幼稚園は何が違うのでしょう?先ほどの親の就業条件の場合は有無を言わさず保育園を選ばなければいけないのですが、選択肢がある家庭なら何を基準に選べばいいのでしょう?

同じ未就学児童のための施設ですが、項目ごとに違いをまとめてみました。

 

保育園

幼稚園

所管省庁/法律

厚生労働省/児童福祉法

文部科学省/学校教育法

対象年齢

0歳~小学校就学前

満3歳の春~小学校就学前

保育時間

7:30~18:00頃

(標準保育時間:8時間、

延長あり:最長12時間)

9:00~14:00頃

(標準保育時間:4時間)

保育料

自治体が所得によって決定

公立:自治体が決定

私立:設置者が決定

食事

認可保育園:給食

無認可:お弁当

お弁当(園により給食もあり)

休日

土日祝(土曜保育あり)お盆、年末年始

土・日・祝・春、夏、冬の長期休暇あり

保育の目的

家庭に代わり、子供を安全に保育する

就学前の児童が教育を受ける

ざっとですが、違いを比較するとこんな感じです。

基本的にはこのような内容ですが、保育園も幼稚園も公立と私立ではずいぶん違うようです。一昔前では保育園は「忙しい親のために子供を長時間預ける施設」で、幼稚園は「短時間しっかり勉強をする、子供のためのプレ学校」といったイメージがありました。ですが最近はどちらもそれぞれ特色を出す傾向が強いです。

例えば別料金で読み書きや体操、楽器や英語など、講師を招き教えている保育園が増えています。これらは保育時間内に行うので、親にとってはとてもありがたいですよね。

幼稚園も延長保育や長期休暇時の一時預かりなども行うようになっているところが増えています。預ける日数や時間が少ないから仕事をあきらめていたママも多かったと思いますが、仕事の選択肢も増えることでしょう。

昼食についても、幼稚園でも給食を出す園もあります。若い親世代の就業率が上がっていることによって、ニーズに合わせて変わってきているんですね。

以上は制度やサービスの違いでしたが、今度は親同志の付き合い方や園とのかかわり方の違いを説明します。

保育園は基本的に両親ともに仕事をしていることが前提なので、行事や集まりも土曜日に行われることが多いです。奉仕活動など平日の招集がある保育園もありますが、基本的に親が保育園に行き何かの活動をすることは少ないです。必然的に親同志の関係も希薄であっさりしたものになります。

比べて幼稚園では、平日の行事が多く、その準備のために連日親同志が打ち合わせをすることもあるそうです。幼稚園行事のための集まりだけでなく、お昼過ぎにお迎えに行った後にランチに行くなんてことも日常ですので、小学校就学前に親同志のコミュニケーションを図っておくのにもってこいですね。反対に密な連携が苦手というママはその辺りも頭に入れておくことが大切です。

子供も小学校に上がる時は不安がいっぱいです。でもよく知っている幼稚園からのお友達が多いと、とても心強いと思います。公立の幼稚園から公立の小学校へ上がる場合は、親子ともに不安が少なく安心して入学することができますね。

だからといって、保育園から小学校へ入学するのに不安がることはないと思います。長時間、親から離れて過ごすことが多かった保育園の子供たちは、精神的にタフで物怖じしない傾向にあるといいます。ただ、これは子供の性格によるものも大きいので、もちろん例外はあります。

まとめ:保育園と幼稚園の選び方

シャボン玉で遊ぶ園児

仕事の都合上、保育時間の長さだけで保育園を選んだり、お受験や勉強をしっかりさせるために幼稚園を選ぶしかない。もうそんな時代ではなくなってきているようです。例えば両方の良いとこを合わせた認定こども園が増えていることもその一つです。

保育園だからのびのび育てることができる、幼稚園だから落ち着いて勉強ができる子に育つ、というのはうわさレベルの話です。実際、学力調査を行ったところ小学校高学年になるとほぼ学力の差は無いとのこと。確かに慣れの部分で、長時間椅子に座って先生の話を聞くことに慣れているのは幼稚園卒の子供が多いかもしれませんが、子供は順応性が高い生き物です。すぐに環境になじんでいきます。

保育園を選ぶ場合も幼稚園を選ぶ場合も、園によって本当に特色や教育方針が違います。園を開放しているときにしっかりと子供を連れて見学をしてください。本当に自分の子供に合う施設はどこなのか。「仲良しのママ友に誘われるから同じ幼稚園にした」なんて考えはもったいないですよ!たくさんの選択肢の中から、のびのびと子供を育てるためにしっかりと選んでいきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.