生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

家事を効率化するアイデア、今すぐ知って得する方法

 
キッチンで料理中の主婦
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

毎日終わることのない家事。

世の中には家事好きな人もいるのでしょうが、やらなくて済むならやりたくない、できるだけ早く終わらせたい人の方が多いのではないでしょうか。

私自身もそのタイプです。嫌いってほどじゃないけど、手早く終わらせたい。そして、いつも家の中はきれいな状態をキープしておきたい。でもなかなか難しいですね。

小さい子供がいればずっときれいなままをキープするのは難しいですが、アイデア次第できれいな状態に戻しやすくすることはできます。

自分の生活スタイルに合わせて、無理なく家事をこなしていきたいですね。

家事を効率的に片づけるには?スケジュールを組んでみる

壁に貼った付箋

効率的に家事をこなす手始めとして、毎日または定期的にやっている家事をリストアップしてみましょう。できれば一つずつ付箋紙に書くと後の仕訳が楽です。

そうしてその細かく書き分けた家事を、する頻度に分けていきます。毎日必ず、週に2~3回、1ヶ月に1回、年に数回など。

例えば 

  • 毎日すること … 朝食・昼食・夕食の準備、食後の片づけ、その日着た衣類・タオルの洗濯、各部屋の掃除器、お風呂掃除、トイレ掃除 お花の水やり、子供のお迎え、保育園・小学校の準備
  • 週2~3回でOK … 料理の下ごしらえ、シーツ・キッチンマットの洗濯、玄関・ベランダの掃除、キッチン周辺の掃除、ゴミ捨て、食品・日用品の買い物
  • 1ヶ月に1回 … 窓ふき、クローゼットの中の掃除、冷蔵庫の掃除、洗濯器の掃除

このような感じです。内容やペースはそれぞれのご家庭で違うでしょうから、家族の生活のリズムに合わせて分けてください。

そして、だいたいそれぞれの家事にどれくらいの時間がかかるかも同じ付箋に書いておけば、その日の家事の詰め込み具合も決められますね。

こうして日々やることを書きだすことによって、「午前中にこれだけの家事ができる」や「ここまで毎日しなくていい」など客観的に家事の内容を見ることができ、予定を立てやすくなります。また、毎日買い物に行っていたのなら、週3回ほどに抑えると無駄なものを買わなくなるので、結果的に時間もお金も節約につながります。

さらに付け加えると、買物の前に必要なものをメモして行くと買い忘れも無くなりますよ。ちなみに私は食品や消耗品のストックが無くなったら、その都度スマホにメモしています。買い物の時に買い忘れて、翌日また買い物に行くことも少なくなりました。

そして、付箋方式で一つ一つ家事を書きだすと、家事の分担を家族にお願いしやすくなりますよ。家事の内容を説明するときも具体的に内容がわかるので、引き受ける側も受けやすくなりますよね。

子育てと家事を効率的に ネットを活用して無駄を省く

今では当たり前ですが、携帯はスマートフォン、家ではパソコンやタブレットでインターネット。外でもWi-Fi環境が整っている場所が多いですよね。

保育園や小学校の連絡ツールとしても、緊急の連絡はメール配信というところも多いようです。

小さい子供がいる家庭では特に欠かせないのがインターネット環境ですよね。外出がままならないから、子供の急な体調の変化についてすぐに調べられたり、休日の当番医の検索をしたりなど、必須です。ふだんの料理のレシピや掃除の仕方などの情報ツールとしても大活躍ですよね。

ところで銀行のインターネットバンキングや宅配便のネット登録、ネットスーパーは利用していますか?

私自身も利用していますが、子どもが小さかった頃は特に助かっていました。今も平日はフルタイムで仕事をしているので、銀行や郵便局の振込みなども便利に使っています。時間を気にしなくて良いところはもちろんですが、インターネットのみの銀行だと一般の銀行に比べてサービスが充実していることもあるので、お得感がありますよ!興味のある方はぜひネットバンクを見比べてください。

そして私の周りの小さい子供がいる多忙なママは、ネットスーパーも賢く利用しています。こちらも自分の好きな時間に家の中で必要なものをチェックしながら買い物できるので、無駄が少なく時間を有効に使いたい方にはぜひお勧めです!

家事を効率化するアイデアのまとめ

家事をする夫とスマホを見る主婦

家事、育児、実家やご近所づきあいとママはたくさんのシーンで活躍しています。さらにお仕事をしながらそれらの事をこなさなければいけないママもたくさんいます。でも、ママひとりが負担する必要はありません。家族の協力はもちろん、便利な家電や家事手伝いのサービスを利用してもいいと思います。

せっかくおうちの中をきれいに片づけたのに、子供がすぐ散らかしてしまう…でも小さい子供はストップが効きません。仕方がないことなので、ここはスッパリあきらめて、掃除道具をすぐ手に届くところに置いておきましょう。いかにもな掃除機より、見た目がおしゃれなコードレスのスティッククリーナーやパッケージがのセンスが光るウエットティッシュなら見えても気分がいいですね!

子供が小さいうえにパパの帰りも遅く、家事の分担ができない!と言う家庭は、2時間5,000円程度から利用できるサービス会社もあるので、時には家事代行サービスを選択肢に加えてもいいかも。特に両親が離れて住んでいて、ママの体調が悪くても助けてもらえる人がいない家庭には心強い味方ですね。

ママの心にゆとりが増えたり、家族団らんの時間が増えたりするなら、気分が上がるおしゃれ家電や、外部のサービスを利用することを積極的に取り入れてみませんか?

苦しみながら我慢しながらママ一人で家事を負担するのは旧タイプのやり方ですよね。家事はどんどん割り振ってスマートにこなしていきましょう。きっとそんな颯爽としたママは旦那さまにも子供たちにも魅力的に映ること間違いなしです!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.