生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

家事を手抜きする方法!賢くがんばらない家事マニュアル

 
料理中の主婦
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

掃除に洗濯、食事の用意と子供のお世話…。

ママには毎日たくさんのやらなくてはいけない仕事があります。その上、最近は外でお仕事をするママもたくさんいますよね。みなさん、どうやって毎日のやるべき家事をこなしていますか?

やらなくてはいけないのはわかってるけど、時間が足りない!やらなきゃいけない事がスムーズにこなせなければ、イライラして家族に八つ当たりなんかしてしまったり。家の中の雰囲気もギスギスしてしまいがち。まじめでいつもキチンとしているママほどストレスを溜めがちです。

でも一日は誰にでも同じように24時間しか与えてもらえません。あがいても時間は伸ばせない。ならば家事そのもののやり方を変えていくしかありません!

手抜きができるところは上手に手を抜き、でも押さえるところは抜かりなく。完ぺき主義のママにこそ、試してもらいたい工夫をご紹介します。

家事を手抜きするコツとは?上手に家族を巻き込みましょう

味見中の主婦

「手抜き」と言うと、キチンとやっていない雰囲気がでてしまいますが、ここでご紹介するのは手抜き感が出ない方法です。それでは家事ごとにコツをご紹介しますね。

【食事】食材を下ごしらえし、冷凍保存する。

代表的な時短調理の王道は電子レンジです。野菜の下茹でを電子レンジで行い、2~3日中に使うのであれば冷蔵庫に、しばらく使うつもりがなければ冷凍保存します。

  • かぼちゃ…2cmくらいの厚さの一口大にカットし、3分間レンチン。冷まして保存袋で保存。(インゲン豆、枝豆、ブロッコリーもレンジ加熱可能)
  • 肉、ベーコン…使いやすい大きさにカットし、一食分ごとに小分けにする。
  • きのこ類…生のまま食べやすい大きさにカットし、保存袋で冷凍。

こうして食材を冷凍でストックしておけば、時短料理に大活躍します。参考までにいくつか時短料理をご紹介します。

*かぼちゃと豚肉の甘辛炒め*

  1. 豚小間切れを一口大にカットし、ごま油で炒める。
  2. 下茹でした一口大のかぼちゃを加え、サッと炒めたら醤油、みりん、水を1:1:1の割合で加えて混ぜ合わせる。
  3. 片栗粉でとろみをつけて完成!

*ベーコンとほうれん草のスクランブルエッグ*

  1. 卵を割りほぐし、マヨネーズを加える。(卵1個に小さじ1)
  2. 冷凍保存のほうれん草とベーコンを炒めて塩こしょうを振る。
  3. ①を加えて炒め、お好みの火の通り具合にする。

その他、きのこ類は数種類まとめてきのこミックスとして保存袋で保存しておけば、ベーコンとバター醤油で炒めて和風パスタにアレンジ、お味噌汁の具にもなり、とっても便利です。かぼちゃは解凍してレーズンとマヨネーズとヨーグルト少々と合わせて混ぜると、おしゃれなデリ風かぼちゃサラダのできあがりです。

ポイントは時間を見つけてちょこちょこと下ごしらえをしておくこと。炒めたり味付けたりする調理までの工程をギリギリまで済ましておくことですね!

【掃除・洗濯】家族で業務分担し、ママの負担を減らそう!

その都度その都度のお願いではなく、子供に上手に掃除を負担してもらいましょう!

ご褒美制にしてしまうと「ご褒美をくれてまでさせようとするなんて、これは相当嫌な仕事なんだ!」と思ってしまい、ご褒美の要求がどんどんエスカレートする、なんて話を先日耳にしました。

できるだけ、家族の一員なんだから掃除や洗濯の担当を当たり前として持つようにお話ししてみましょう。

分担が決まり、仕上げ方までの説明が終われば、ママはやり方について口を出さないようにします。口を出してしまうと、結局自分が目を通さないといけなくなるので。子供たちも責任感が薄らぎますよね。ここは大らかな気持ちで任せきって、終わったら「ありがとう」と口に出して伝えましょう。

ウチでは小1の子供に時々掃除機をかけてもらいます。掃除が終わったら、掃除機の中のゴミを見せるのですが、そうすると「うわー!」と大喜び。自分の掃除でこんなにも成果があったことがうれしいんでしょうね。

やり方がどうしても気になる場合は「今度からはこうしてね」と感謝のあとに付け加えてみましょう。

そして大事なのは、掃除の終わり時間を決めることです。例えば午前10時までに掃除や片づけをすると決めたなら、たとえそれが途中でもその日は終わります。時間がずれ込むとその後の予定が崩れてしまい、達成感がなくなります。残りは後日、改めて時間を決めて片づけましょう!

まとめ

OKサインの主婦

料理の下ごしらえは時間のある時にやればいいのですが、一番いいのは買い物をした勢いで、帰ったらすぐ処理するのが一番いいですね。野菜も買ったまま冷蔵庫で保存すると鮮度が落ちますので。

ただ、毎日忙しく活動しているのに隙間時間さえも無駄なく使おうとすると、必ず息が切れます。ムリせず、時には後片付けもしなくて良いようにお弁当やスーパーのお惣菜、外食も組み入れていいと思います。

我が家は基本的に毎日料理しますが、時々晩ご飯が外食やお弁当の日があります。そうすると子供は必ず「やったー!」と喜びますよ。罪悪感を持たずに済むのでありがたいんだけど、少々複雑です(笑)

家事を手抜きする目的は、家族団らんの時間や楽しい時間を作るためです。罪悪感の無い手抜きで、毎日を豊かに過ごしていきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.