生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

辛子蓮根の食べ方とは?意外と多い美味しいバリエーション

 
辛子蓮根の断面
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

辛子蓮根とは

 

辛子味噌を、茹でた蓮根の穴に詰め、水、小麦粉、ウコンを練ったもので、揚げてあります。

熊本の郷土料理として、有名です。地元では、辛子蓮根の専門店も多いです。

お店によって、味も少しずつ違うので、食べ比べてみるのもいいですね。

 

辛子蓮根の歴史

加藤清正

 

全国的に知られている辛子蓮根ですが、歴史は古く、熊本城を築城した加藤清正の時代から。

清正が、熊本城の外堀に非常食として、蓮根を作っていました。今でも、「蓮根堀」と話す地元の御年配の方も多いのですよ。

輪切りにすると、蓮根の穴の黄色がとても可愛いのです。

この穴にも秘密がありまして、この可愛い模様が、九曜紋という細川家の家紋に似ていることも有名な話。

もともと辛子蓮根を作るきっかけは、細川忠利公。

忠利公が、体が弱かったため、考案されたのが辛子蓮根なのです。

蓮根は、食物繊維やビタミンが豊富で、栄養満点です。虚弱だった忠利公には、ぴったりの食品だったのです。

 

辛子蓮根について

辛子蓮根

賞味期限

お土産で、いただいたら、賞味期限、消費期限が気になりますよね。

辛子蓮根は、着色料や防腐剤は一切使ってありません。

添加物が、一切なかった時代から作られていて、未だに同じ作り方の熊本の伝統料理なのです。

なので、購入したら、生ものとして、早めに食べることをおすすめします。

 

辛子がツン!と効いて、お酒のつまみに、とても好まれています。

蓮根のシャキシャキする歯ごたえも、クセになります。

一度食べたら、やみつきになる方も多いのでは?

 

お値段

熊本のスーパーでは、大きさにもよりますが、1本200円から1000円程度で並んでいます。お手頃なお値段なので、よく食卓にも出てきます。

県外の方は、お土産でよく購入されています。

また、今は、インターネットでも全国発送で、販売されています。贈答用も人気が高いですね。

このように、熊本では、よく食べられている辛子蓮根ですが、そのまま食べる他、実は、いろんな食べ方もあるのです。

せっかくお土産でいただいたら、いろんなバリエーションで食べてみてはいかがでしょうか。

 

辛子蓮根の食べ方、おすすめバリエーション

辛子蓮根の天ぷら

 

蓮根を使うお料理には、何でも合う辛子蓮根。中でも、美味しい食べ方の、おすすめを紹介します。

 

そのまま切って

まずは生で食べましょう!笑!

蓮根のシャキシャキ感と、ツン!とくる辛子が、熊本の辛子蓮根の本来の味なのです。まずは、そのままで食べてみましょう。

輪切りで、3~8mmぐらいがおすすめです。

薄すぎると、蓮根のシャキシャキ感がなくなります。また、厚すぎると、辛子が効きすぎるかもしれません。初めて食べるなら、5mm程度がおすすめです。

 

お醤油をかけて

ご飯のおかずにするなら、お醤油がピッタリです。

ちょっとおかずが少ないな~と思えたら、輪切りにして、お醤油をかけて、いただきましょう。

 

マヨネーズで

輪切りにした辛子蓮根を、マヨネーズにつけて食べます。

辛子が苦手な人には、マヨネーズは、最高です。

マヨネーズが、ツン!とくる辛さを抑えてくれますので、辛子が苦手な小さい子供さんも、喜んで食べられます。おやつにもいいですよね。

 

サラダ

輪切りにした辛子蓮根を、いちょう切りにして、

キャベツ、レタス、キュウリ、トマトなどの野菜とサラダにして食べます。

いろんなドレッシングが合いますが、特におすすめは、ごまドレッシングです。

 

火で炙る

輪切りにした辛子蓮根を、網で炙って食べてみましょう。

魚焼きのグリルでもOKです。温めると、出来たてに近い味が出ます。

 

チャーハン

辛子蓮根を細かく切って、他の材料と一緒にチャーハンにします。

蓮根のシャキシャキ感と、辛子が薬味の代わりになって、とても美味しいチャーハンになります。

 

煮物

辛子蓮根を少し大きめに切って、いつもの煮物に一緒に入れてみましょう。

筑前煮として、鶏肉なども入れてもおいしいです。いつもと違った味の煮物が出来上がります。

 

サンドイッチ

薄く輪切りにした辛子蓮根をサンドイッチにするのも美味しいです。

食パンにマヨネーズをぬり、レタスやキュウリ、トマト、ゆで卵、

シーチキンなど、サンドイッチの具として、挟んで食べてみましょう。

やはり、蓮根本来のシャキシャキ感と、辛子がポイントになります。

 

天ぷら

輪切りにした辛子蓮根に、衣をつけて揚げます。

元々、揚げ物なので、二度揚げ?!になりますが、ホクホクして、とても美味しくなります。

 

はさみ揚げ

輪切りにした辛子蓮根の間に、ミンチを挟んで、衣をつけます。

辛子が効いた蓮根のはさみ揚げですね。

ウスターソースやケチャップでいただきましょう。お弁当にもおすすめですよ。

 

コロッケ

辛子蓮根を小さく刻んで、ジャガイモと一緒に
コロッケにしてもおいしいです。

こちらも、ご飯のおかずやお弁当にもいいですね。

 

チーズをのせて

和風ばかりでは、もったいない!

洋風バリエーションにも挑戦しましょう。

輪切りにした辛子蓮根の上に、とろけるチーズやピザ用チーズを乗せて
レンジで温めたり、オーブンで焼いたりしても美味しいです。

ちょっとした、おやつやおつまみになります。

 

このように、辛子蓮根の食べ方には、たくさんのバリエーションがあります。

お好みの食べ方で、熊本の歴史も一緒に感じてみましょう。

 

関連記事:

馬刺しの食べ方。生以外にも豊富な美味しい利用法とは

高菜漬けの作り方。おいしい食べ方と利用法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.