生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

加湿器のカルキ掃除にはクエン酸!簡単なお手入れ方法とは

 
キッチンの加湿器
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

この冬、大活躍をしてくれた「加湿器」。毎日毎日部屋の湿度を調整してインフルエンザや様々なウイルスから守ってくれました。

しかしこのまま放っておくと何やらまずい予感がしませんか?

加湿器の中を恐る恐る見てみると・・・

ヒーターの前の加湿器

恐る恐る加湿器の中を除いてみると、なんだかピンク色のヌメリのある物体と白い物体がこびりついていました。気持ち悪いとしかいいようがありません。

ちなみにこのピンクの物体は「セラチア菌」という菌でお風呂にもいるやつです。この物体は比較的簡単に落とすことができます。

しかしやっかいなのがこの白くこびりついた物体。これは「カルキ」と呼ばれているもので水道水に含まれれているものです。ただ水道水には「カルキ」だけではなく「ミネラル・カルシウム」の物質も含まれていてアルカリ性の汚れなんです。

そのアルカリ性の汚れを酸性物質で中和させると簡単に汚れが落とせます。その酸性物質で有効なのが「クエン酸」なのです。

クエン酸はドラックストアや100円ショップでも簡単に手に入る商品です。今回は加湿器の掃除に使いますが他にもお風呂のガラス汚れにも効果があるし用途が広いのでホント便利ですよ。

で、実際クエン酸を使って加湿器のカルキ掃除に入るわけですが・・・

非常に忙しく面倒くさがりな主婦の皆さんも多いはず。手間がかかったり、時間がかかったりするとそれだけでうんざりしてしまいます。

ということでお金をかけずに簡単にそしてほぼほったらかしでお掃除できる方法をこれから紹介しますね。

一度覚えてしまうと次回は簡単にできちゃいます。大事な電化製品、簡単にお手入れしちゃいましょう。

ほぼほったらかしで簡単にしつこいカルキを掃除する方法

加湿器付き空気清浄機

最近の加湿器は空気清浄器と一緒になっている製品もあります。特に喘息をお持ちの方は1年中利用する機会があります。なので1年中活躍する製品はマメにお手入れする必要がありますよね。今回はフィルターとタンク、水受け、細かい部分もしっかりお手入れいていきましょう。

では下記の準備をしていきましょう。

【準備するもの】

・クエン酸

・バケツ

・アルコール消毒スプレー

・きれいなタオル

・古い歯ブラシ

・メラミンスポンジ

・綿棒

どれも家にあるものばかり。きれいなタオルだってお年賀やもらいもののタオルって結構家に眠っているのでそちらを使えばOKです。では作業に入りましょう。

1.それぞれパーツが分解できるところは分解しておくと作業がしやすいです。でも、元に戻らなくなってしまったら大変なので取り扱い説明書はよく読んでおいてくださいね。フィルターやタンク内、水受け部分も取り外せるものがありようなのでよく調べてみましょう。

2. バケツの中にフィルターを入れ汚れが浸かるまでぬるま湯をいれましょう。そこへクエン酸を大匙1~2位入れてよーくクエン酸を溶かしてください。水よりもぬるま湯のほうが水に溶けやすいです。タンク、水受け部品もできれば別々の容器で同じようにクエン酸水に浸しておいてください。そのほうが汚れ移りも少ないので。

3.3時間ほどクエン酸液に浸けて放置しておきました。ここで一旦汚れを確認しましょう。その間に色々家事ができちゃいますね。昼寝しててもいいかも(^^♪

4.さて多少白っぽさが残っているけど全体を古い歯ブラシでやさしくこすってみましょう。さらにメラミンスポンジでこすってみるとかなりきれいに落ちました。手の届きにくい部分は綿棒でこれまたこすってみると細かい四隅もよく落ちますよ。

5.さあ、もうすく仕上げです。全体の汚れが落ちたら最後にアルコール除菌スプレーをかけてさらに除菌効果をアップさせちゃいましょう。そしてきれいなタオルでふき取って各部品を戻して完成です。もっときれいに仕上げたいなら先ほど使ったメラミンスポンジで外回りをこすってみてください。ちょっと新品の状態に近づきましたね。

6.お手入れサイクルの目安

・気化式加湿器・・・1か月に1回

・スチーム式加湿器・・・2か月に1回

・ハイブリット加湿器・・・1か月に1回

・超音波加湿器・・・1~2週間に1回

ご自分の加湿器がどのタイプか確認して次回の掃除日を決めておくといいですね。

大変お疲れ様でした。

まとめ

加湿器、蒸気

いかがでしょうか。普段当たり前のように使っていた加湿器。そのままお手入れをしない加湿器から放出される細菌やカビなどの微生物を長期にわたって吸い込んだ場合に起こるアレルギー性肺疾患「過敏性肺臓炎」になりやすいそうです。症状は咳や発熱、全身倦怠感などがあり、重症化すると呼吸困難になるとも言われています。

そんな症状を未然に防ぐためにもぜひ身近な「クエン酸」を利用して落ちにくい汚れの「カルキ」を簡単且つほったらかしで続けられるお手入れをしましょうね。

実は我が家の加湿器もこの記事をかくまでは非常に汚れていました。汚れを確認するのがホント怖かったです。幸い、我が家には喘息持ちはいないので冬しか稼働はしまんせんがそれでもお手入れを怠ると非常に危険ということがわかりました。

やはりきれいな空気の中で自分や家族がずっと健康で笑顔でいられるためにも大体、1か月に1度のお掃除を習慣化したいですね。やっぱり健康が一番です。健康を維持するために、笑顔を維持するために日頃のちょっとした心がけで簡単に手に入れることができますよ。

気持ちのよい空気で毎日を清々しく過ごしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.