生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

「片づけできない嫁」と言わないで!その原因と解消法を探る

 
散らかった衣類
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

あなたは片付けが得意ですか?

そう聞かれてイエスと答える人は案外少ないのではないでしょうか?

実際、私自身も我が家の片付けに満足していません。着られなくなった子供の服や学校からの連絡プリントの類…なかなかスッキリとはいきませんよね。

小さい子供がいるから片付けてもすぐ散らかるとか、自宅で自営をしているので忙しく、片づけまで手が回らない!とか、理由はいろいろあります。

片付けたい気持ちがあるなら片付けのコツを知ることで、モノが整理されすっきりとした部屋で快適に過ごすことができるでしょう。反対に、だれが見ても立派な汚部屋なのに片付ける必要を感じなかったら。もしくは片付けたくても片付けられない苦しさがあるなら。精神面のケアが必要な場合や発達障害を疑う必要もあります。

今までキレイに整理されていたのに、急に片付けられなくなったなどは心が悲鳴を上げているサインかもしれません。

近頃は夫婦のどちらかが片付けられない事が離婚の理由になる時代です。少しでも家族みんなが快適に暮らせるように考えてみませんか?

 

片付けができないのはなぜ?女性に多いその心理とは

衣類があふれたタンス

 

片付け下手な人にありがちな「集中型」。毎日片付けはしないので、足の踏み場がなくなったら丸1日かけてまとめて片付けや掃除をする。一時は片付いても徐々に使い勝手の悪い部屋に戻っていきます。

年配の女性に多い「もったいない型」。景品やおまけ、人からの頂き物で自分は使わない物などを捨てられずに取っておくタイプ。使わないので壊れない、消耗しない→溜まっていくという流れで物が溢れていきます。

衝動的に買い物をする「無計画型」。普段自宅にあるものを把握していない上に買ってどう使うかを考えられない。つい欲しいものがあると見境なく買ってしまい、似たような物や不必要な物が溜まってしまう。

このように、病的に片付けができないのは女性に多いのですが、片付けが苦手な大きな理由は「整理整頓」と「片付け」を一緒に考えているからなのです。

片付けに取りかかれない人は部屋だけでなく頭の中もごちゃごちゃになっていて、片付けに取りかかれなくなっています。「整理」→「整頓」→「片付け」の順に段階ごとに進めていくことで、どこから手をつければいいか分からない、といったことも解消します。

まず必要な物とそうでない物を分け、分けた物を使用目的で分類する「整理」、分類したものを使用頻度と使用場所を考えて収納場所を決める「整頓」、日々使った物を決めた場所に戻す「片付け」のように、進めていきます。

部屋全体、家全体で始めると終わりが見えなくなり途中で集中力が切れてしまうので、食器棚だけとか机の中だけ、など小さな範囲で始めてみましょう。

 

小学生だから片付けができないってホント?片付けの教え方とは

 

ママが毎日一生懸命片付けても子供が平気で散らかすからどうしても家の中が汚い…そうですようね、親の苦労は子供に伝わりません(泣)

そして小学生だから仕方ないよ、なんて言われてそうだよね、って思ってませんか?!

だとしたら残念です!子供が散らかしっぱなしなのは、片付け方を知らないからです。キチンと教えてあげれば片付けの楽しさを知って、言わなくてもできるようになりますよ。ただし、何度も丁寧に伝える事が必要なので、親の根気が必要です。

その方法とは…

まず、子供の持ち物を一緒に片付けることから始めましょう。本棚、ペン立て、ランドセルラック、ハンガーポールなど、この棚にはこれを置いて、ここには脱いだ学生服をかけて…と、親が一緒にやることで、子供がこうすれば片付けやすくなるという工夫も見つかります。

片付けが終わったらキレイになった収納棚を写真に撮り、次に片付ける時の見本にするとか、置き場所にラベルを貼るなどすれば、一人で片付ける時も途方に暮れる事が少ないでしょう。親は子供の片付けのルールを作ってあげるのです。

 

一番大事なのは、片付けを怒りながらしない事です。怒られると、子供は片付け自体に嫌なイメージを持ってしまいます。そして一緒に片付けが終わったら「よくできたね!」「キレイになって気持ちいね!」などと良いイメージの言葉をかけてみましょう。成功体験を持つことで自信につながり、自発的な片付けにつながるようになりますよ。

 

まとめ:家族で片付け上手に!快適な部屋で過ごすために

親子で片付け

 

片付けができない理由に「育ってきた環境」に影響されることがあります。確かに両親が散らかったままで片付けない家で育つと、それが子供にとって普通の事になりますよね。大きくなる中でほかの家庭と比べ「これは違うな」と感じれば変わってきますが、そのままの感覚で結婚をすると不幸な結果になることも。

そして自分もまた汚部屋の住人のままだと、子供に影響があるかもしれません。

どこに何があるのか分からないくらい散らかっているのに片付けの必要を感じない、片付けたくてもどうしても片付ける気力が湧かないなどの場合は、一度心療内科などを受診してみることをお勧めします。うつ病などが隠れているかもしれません。

片付けられない理由は様々ですが、身近な場所から片付けの一歩を踏み出してみませんか?

少しでもより良い毎日が暮らせるお手伝いができれば幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.