生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

子供を3人持つことのメリット、デメリットについて

 
子供3人
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

子供は何人がいいの?

 

こんにちは。皆さんのご家庭にはお子さんは何人いらっしゃいますか?夫婦で話し合いをして子供をもたない選択をしているご家庭もあるかと思います。私は子供がほしいと思ったので生みましたが、そんな選択も素敵だなと思います。やはり自分の時間は無くなりますし、仕事も思うようにできないときもありますから。現在の出生率は平成28年度で1.44となっており、一人の女性が一生で生む子供の数は1人か2人ということになります。しかし、子供がいる私の周りには一人っ子の子もいますが、2人、3人兄弟の子も割と多いです。もしくは4人兄弟なんてご家庭も珍しいですがちらちらといます。地域性もあるとは思いますが、あんまり少子化の感じがしないなーなんて思う時もあります。しかし、学生時代からの友人を見るとまだまだ結婚せずバリバリ仕事をしている人も多く、子供がいる割合は半分くらいでしょうか。子供を産む人と産まない人でくっきりと分かれているのではないかなと思ったりします。

さて、私のうちには子供が3人おります。もともと3人ほしいと思っていたわけではありませんが、一人目を育てているときに3人くらいいてもいいかもと思いました。よく“3人って大変そう”や“どうやって家事をしているの?”、“お風呂ってどうやって入れるの?”などなど聞かれることがあります。正直、大変でないことはないですが、どうにかなるかなと感じています。けれど、3人目が産まれる前はこれからどうなるのだろう?と結構調べたりもしました。そこで、子供が3人いるメリット、デメリットをまとめて、これから子供を産むかどうかを迷われている方の参考にしていただければと思います。

 

子供が3人で大変なこと

3人兄弟

 

  • 一人ひとりに時間が取れない

一番上の子が産まれたときはすべてをみていてあげることができていたなと感じます。何かができて嬉しい瞬間やできなくて悲しくなった顔をよく見ていました。しかし、真ん中の子が産まれてからはその時間が半分になりました。そして、下の子が産まれてからは三分の一に。母に話しかけてくれるときはもちろん聞きますが、それ以外のふとした瞬間を見逃しているときが多いなと思ったりします。また、一対一で遊べる時間もかなり珍しいのでたまに遊ぶとみんなすごく喜びます。喜んでくれるのはうれしいのですがその分、普段遊べていないのだなと実感します。

  • 子供たちの体調不良時、仕事を休むのが大変

3人がいっぺんに病気になることはほぼありません。時間差だったときは大変で、ずっと看病が続きます。まだ私は現在専業主婦なので、どうにかなっていますが、これが仕事を始めた後だったら…と今からどうしようと思ってしまいます。

  • 外出時にバタバタと時間がかかる

これは二人目まではあまり感じませんでした。夫婦がそろっているときであれば一人が子供を一人見ていればよかったので、あまり感じなかったのかなと思います。3人になったとたん、さあ出発するよとなってからバタバタと準備に時間がかかり、結果出発時間が遅れることが増えました。

  • 外食が大変なので家で食べたくなる

二人目までは家で作る大変さの方が勝っていて、ついつい外食してしまうこともあったのですが、三人になってからは外に食べに行って食べさせて、どこか行かないように気を張ってが大変になってしまい、家で食べることが増えました。家計的にはありがたいかなと思ったりしますが、外食に行きたいときには気合が必要になりました。

  • ホテルの部屋が限られる

結構多いのが最大4人までのお部屋です。子供が小さいときは一番下が添い寝で行けますが、大きくなると泊まれる部屋が限られます。和室があるとうれしい感じです。

  • 子供を見失う

二人目まではほとんど見失うことがなかったのですが、一人増えるだけであれ?ということが増えました。もう少し大きくなったらそんなことはないかもしれませんが、年齢の近い三人だとみているだけでも結構気を張っていないとすぐに見失ってしまいます。

  • お金がかかる

教育費や食費など家族が増えるだけで出費はどうしても増えます。上の子のものをお下がりでつかえたりするので、すべてが三倍になるわけでないですが、特に教育費は子供一人につき一千万は必要といわれる時代ですから、小さいうちから貯めておかないと大変だなと感じます。

 

子供を3人産んでよかったこと

遊んでいる姉妹

 

  • 子供の中で社会性が産まれる

二人のときはどちらかというと上下関係が強かったのですが、三人になるだけでコミュニティーが生まれました。三人で楽しく遊ぶには誰かが我慢するだけではうまくいかなかったりするので、兄弟という気を使わなくてよい間柄で社会性を学べるのは素敵だなと思います。

  • 上の子達のお手本があるので育児に余裕ができる

下の子になればなるほど、上の子がすることをよく見ています。親が何かを教えるということは下に行けば行くほどなくなりました。また、母の方も上の子で苦労したという学習があるので、ある程度下の子が何をしてもかわいいなで終わってしまうことも多いです。

  • 子育てへ無理に気負うことがなくなった

一番上の子の時は、できていないことが目についてどうしようと悩むことも多かったです。しかし、二人目を育ててみると子供って親が気負って無理しなくてもしっかり育つのだなと感じました。そこから上の子に対する対応も変わり余裕も出てきました。三人目が増えても気負うことがなくなったので、楽な気持ちで育児ができるようになったなと感じます。

  • 友達が増え、母の知り合いも増える

子供たちそれぞれにお友達ができるので、自然に兄弟の友達たちも“○○の兄弟”だからと仲良くしてくれます。そして、母も子供たちそれぞれにできたお友達のお母さん方との面識ができるので、自然に知り合いが増えて入ってくる情報も増えました。

  • 児童手当の増額や保育料が安くなったりなど補助がある

二人目まではないのが子供手当の増額です。また、保育料も三人目以降は無料になるのでありがたいなと思います。

  • 子供の分だけ楽しさが増えた

大変さもありますが、圧倒的に楽しい時間が増えました。特に三人がニコニコ一緒にあそんでいる姿を見るととても幸せな気持ちになります。

 

まとめ

子供が三人になると大変でないことはありません。けれど、楽しいことも増えたのはすごく感じます。三人目産みたいけどどうしよう?と悩んでいる方の参考になればいいなと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.