生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

子供がご飯をたべるのが遅い。イライラする前にできる事は?

 
頬張る子供
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

子供にご飯を食べさせるのは簡単でない!

カレーを食べる子供

 

こんにちは。皆さんのご家庭でご飯の時間は楽しい時間になっていますでしょうか?本来、食事の時間は楽しいものであり、安らぎを感じる時間でもあります。仕事から帰ってきてご飯を食べているときにやっとホッとできる瞬間であったり、子供たちの笑顔をみて癒される時間であるとすごく嬉しいですよね。しかし、実際に子供たちにご飯を食べさせるというのは親にとって毎日の課題の一つだったりします。好き嫌いが多かったり、ご飯を食べることよりも遊びたいと言われたり、ご飯の前におやつを食べすぎていたりと毎日戦争だったりします。せっかくご飯を作ってもなかなか食べ進まずにゆっくり食べたり、途中で遊ばれたりしたら、親のモチベーションも下がりますし、イライラしてしまうこともしばしばですよね。ついつい“早く食べなさい!!”と怒ってしまったり、しまいに話がどんどん弾んでいくと話を聞いてあげる気持ちも薄くなっていきます…。

今回はそんなイライラしだす前にできることをまとめてみました。まずはご飯をたべるのが遅くなる原因について考えてみましょう。そして、対策についてもまとめてみました。毎日ご飯を食べさせるのが大変!!と思っている方の参考にしていただければと思います。

 

子供がご飯を食べるのが遅くなる原因

食事中の子供

 

  • 嫌いな食べ物、味付けがある

子供は味覚が敏感なので、嫌いな味だとすぐわかりますよね。とくに前に食べたときの記憶が嫌なものだとずっと言い続けます。

 

  • おやつが多く、おなかがすいていない

ご飯の前についついおやつを食べすぎてしまうとご飯を食べるスピードが落ちます。子供の食べられる量は思ったより少ないので、少ないかな?と思うぐらいでいいと思います。おじいちゃんおばあちゃんが近くにいる場合、ご飯の前などにこれくらい大丈夫と理由のない理屈でおやつをあげてしまっているかも。

 

  • ご飯を食べ始めたときに飲み物を飲みすぎている

これはうちの娘もよくやってしまいます。食事が始まってすぐお茶や牛乳を一気に飲んでしまうとそれだけでおなかがいっぱいになってしまい、ご飯を少し食べただけでもういい…となってしまいます。

 

  • 食べるよりもしたいことがある

おもちゃで遊びたいだったり、テレビが見たかったり、ゲームがしたかったり色々あるとは思いますが、やりたいと思っていることが他にあるとついつい食事に集中できずに遅くなってしまいがちです。

 

イライラする前にできること

手で口に運ぶ子供

 

  • 空腹の時間を作る

“空腹は一番の調味料”と言いますよね。これは子供でも同じです。おなかがすいていれば少しくらい苦手な食べ物や味付けでも食べられたりもします。しっかり、食べる時間と何も食べない時間のメリハリをつけると体にも良いですし、食事が終わるのが遅くなることも少なくなると思います。

 

  • おやつやジュースの量や時間を調節する

おやつやジュースを食べすぎたり、食べた時間が食事の時間に近いとおなかがすいておらず、ご飯ができてもなかなか食べ始める気になりません。おやつやジュースの量をまず調整してみましょう。子供の食べられる量は大人が思っているより少ないと思ったほうが良いと思います。少な目で出して、おなかがすいた分食事をたくさん食べてくれたら栄養的な面でもよいですし、ダラダラ食べも少なくなるかも。

 

  • 食べ始めに飲み物を飲みすぎないように注意する

飲み物を飲まないというのは難しいと思いますし、子供は出していたら全部飲んでしまったりしますよね。うちでは最初のうちはコップに半分ぐらいにしておきます。飲み終わったらまた入れるようにして、ガブガブ飲んでしまわないようにしています。

 

  • 食事の量を調節する

食事の量が多いとおなかがいっぱいになってきてもまだたくさん残っているのでついついダラダラ食べになってしまうことがあります。子供は完食できた!ということがすごく嬉しいと感じるので、まずは食べきれる量を出すようにします。そしてもっと食べられそうならおかわりという形にしてあげるとおかわりできた!という喜びも感じることができます。

 

  • 嫌いな食べ物や味付けのものがあるときは好きなものも出す

一回の食事の中に嫌いなものばかりだと食べる気がどんどんなくなってきます。しかし、食事を作る側としては嫌いなものを出さないわけにはいきません。栄養面でもなんでも食べてほしいと思いますよね。そこで、嫌いなものを出すときは好きなものも一緒に出すようにしてあげるようにすると嫌いなものもあるけど好きなものもあるからと食べてくれる可能性が高くなります。

 

  • 食事の時間を楽しくする

楽しくない時間はダラダラと過ごしてしまいがちです。みんなで一緒に食べてその日あった話をしたり、楽しい話をして食事の時間を楽しくしてあげると子供も楽しくなって食べてくれると思います。

 

  • 時間を決めて食べる

子供は大人が思うより時間の概念を考えずに生活しています。だから終わりが見えずにダラダラ食べてしまうこともあります。そこで、何時までに食べようねと最初に伝えることで、時間の中で食べるという習慣が身についていきます。学校給食でも時間が決まっているので、その練習にもなります。

 

まとめ

 

子供がダラダラ食べるのが遅いとき親はイライラしてしまいますが、親ができることも色々あります。自分の子供にどんな方法があっているか試してみないとわかりませんが、食事の時間がより楽しくなるように日々工夫していきたいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.