生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

子供が歯磨きを嫌がる場合の対処法。楽しんで磨かせるには?

 
子供の歯を磨く母親
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

お子さんがいらっしゃるご家庭でしたら、歯磨きの壁にぶつかったことが一度はおありではないでしょうか。我が子のはじめての乳歯。個人差はありますがおよそ離乳食が始まり、つかまり立ちができるようになった頃から徐々に生え始めるのが乳歯です。

乳歯が生え始めると、歯磨きをする必要がありますね。

私たち大人は虫歯がいかに恐ろしくて治療が怖いものを知っています。なので、かわいい我が子に同じ思いをさせたくない一心から、ちゃんと歯磨きをしてあげて虫歯にならないように、と必死です。一方で子供はというと、やはりイヤイヤ、ギャン泣きして全身をフル活用して嫌がりますね。そこで今回は子供の歯磨きについて我が家の経験を交えながらお話ししていきます。

 

乳歯が生える前のケア

乳歯

 

さて乳歯が生える前からケア、していますか?我が家では乳歯が生える前からガーゼタオルを濡らして、人差し指で歯茎を拭き拭きとケアしておりました。このころはまだまだ5〜6ヶ月の赤ちゃんです。まだ何をやられているか分からないような状況です。我が子はこの時期に乳歯は生えておりませんでしたが、離乳食を始めたタイミングで母乳からミルクに切り替えました。ミルクには虫歯になりやすい成分が入っているような気がしたので、夜寝る前に1回毎晩のように歯茎を拭き拭きしてあげました。嫌がりましたが、泣き声もまだまだ小さくこちらもなんとか毎晩続けられました。徐々に乳歯が生えてきました。指で歯茎を拭き拭きしていると噛んできます。噛まれると痛いのでそのタイミングで歯ブラシにシフトしました。我が家は歯茎を拭き拭きしていたおかげでなんとなく寝る前には歯を磨くという習慣を覚えてくれました。

 

歯ブラシにシフト

子供の歯磨き指導

 

いきなりブラシが奥お口に入ると異物感を覚え、全身を使って大声で泣きわめきます。それでも歯磨きはしてあげたい一心です。泣いてもいいのでとりあえず我慢して!と言い聞かせながら朝、晩続けていきました。やはり最初は泣きましたがまだ生え揃っていない時期は歯茎が痒いので、我が子の場合は自分で歯ブラシをお口に加えて噛み噛み。歯固めの代わりにしていました。その隙を狙ってササ—っと磨きました。それが半年、1年経つと歯が生え揃い、今度は歯磨き自体を嫌がるようになります。

 

歯磨きイヤイヤ対処法

 

我が家には2人の子供がいるのですが、やはり二人とも歯磨きは嫌がります。どうしたら嫌がらずに楽しんで歯磨きをしてくれるのかな、と考えました。

貝のようにお口を閉じてしまうのでまずは、開けるところからスタートです。

我が家で成功した例をご紹介します。

 

①あー!と何かを指摘するようにこちらが言います。するとマネしてあー!とこどもが言ってくれるのでそれを繰り返して行う間に磨いてしまいます。

②歯磨きのお歌を歌ったり、絵本を読んで楽しく行います。

③子供の怖いものを登場させます。

我が子はとにかく鬼を怖がっていたので、歯磨きしないと鬼さんがくるよー、と言いながら取り組みます。

④歯磨きが終わったら大好きなおもちゃで遊ぶ許可を出します。

⑤子供好みの歯磨き粉の味を使います。

 

このようにいくつか、お子さまに合ったバリエーションを考えます。

同じものの繰り返しですと、あ!歯磨きされる、と意識的に嫌がりますので、ローテーションすると良いでしょう。特に我が子は④番目のおもちゃ作戦と⑤番目の味付き歯磨き粉の効果てきめんでして、現在もおもちゃで遊びたいから歯磨きをする、という習慣になっています。

ポイントは感情的になったり、怒らないことです。歯磨きを楽しんで取り組める基盤を作る事が大切です。

 

歯磨き後のグチュグチュ濯ぎについて

自分で歯を磨く子供

 

さて歯磨きができるようになると、歯磨き粉を濯がないと、と思いますよね。

我が家は最初はスーパーや量販店で売っている比較的手に入りやすい子供用の歯磨き粉で磨いていました。よくあるぶどうやいちご味のするものです。ただ、成分表を見て驚きました。とてもいろいろな成分が含まれており、これを毎日飲み込んでいる、と思うとぞっとしたのを覚えています。

もちろんおこさんご自身でお口を濯ぐことが出来る年齢ですと問題ないとおもうのですが、やはり乳児でまだ自分でお口を濯げない子に使うのは良くないかも、と思い、少々値が張りますが、我が家ではオーガニックに歯磨き粉を使っております。成分表を見ても自然なものから作られているので、飲み込んでも問題ないかな、と安心して使っています。

もちろん、濯げないので、ガーゼを使って仕上げはします。

そんな時期も3歳を過ぎれば自分でグチュグチュと濯げるようになります。我が子の場合最初はうまく出来ず、お口からダラーとお洋服にそのままこぼしてしまっていましたが、少しでも上手く出来たらほめる作戦を行っていたら、いつの間にか出来るようになりました。

 

歯並びと歯間ブラシについて

 

さてお子さんの歯並び、気になった事はありませんか。我が子も乳歯が生え出した頃はガタガタで、歯医者さんに相談したことがありました。

しかし、考えてみれば成長とともに歯は抜けて変わるもの。心配ありません。そんな我が子も今では歯並びで悩むこととはほど遠い程、きれいな歯並びをしています。歯並びと平行して、ガタガタな歯ですと、歯磨きでは取りきれない汚れが付着してしまします。そんなときは、子供用歯間ブラシが重宝します。特に繊維質のお肉やお魚を食べた後のお子さんの歯をよく見て下さい。

我が家ではバラエティーショップで販売しているタイプのものを愛用していますが、ネット検索しても購入できますので、お困りでしたら一度検索してみてください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。今回はお子さまの歯磨きについてお話してきました。

歯とは一生のお付き合いです。楽しんで幼少期から歯を大切にできる意識がつくといいですね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.