生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

子どもが耳掃除を嫌がるときの対処法について

 
子どもが耳掃除を嫌がるときの対処法について
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

お子さんの耳掃除はしてますか?耳掃除は好きですか?嫌いですか?もし耳掃除を嫌がるときはどのようにしたらよいのでしょうか。

嫌がらない方法、耳掃除の必要性、頻度、注意点など、耳掃除を気持ちよくできるようにする方法を調べてみたいと思います。

 

耳のしくみ

耳のしくみ

 

耳のゴミはどのようにしてでるのでしょうか?耳の中のしくみについて少し説明します。

耳は、耳穴の入り口から鼓膜までは約3㎝。外耳道は曲がった形をしていて、手前の3分の2は軟骨部と呼ばれているそうです。

入口の3分の1のところに耳垢の元となる油を分泌する耳垢腺(じこうせん)があります。日本人の6割はこの腺が少ないため、カサカサした耳垢、4割がベトベトタイプです。

 

耳垢の役割

 

耳のゴミに役割があるの?なんて思ってしまいますが、実はこの耳垢には、

 

1.外からの異物、雑菌なとの侵入をふせぐ。

2.耳の中の皮膚の保護

3.特有のにおい、苦みを発して虫よけの効果がある。

 

と以外にも役割があります。なので、毎日きれいにとってしまうと、耳の保護ができなくなりますので、きれいにとってしまわない方が良いです。

 

耳掃除のしかた

耳掃除のしかた

 

掃除をするときは、お子さんを膝の上に横向きで寝かせて、耳を後ろにやさしく引っ張り、上に移動させると耳の穴がまっすぐになり、奥まで見やすくなります。懐中電灯や携帯のライトなどで照らしてあげると良くみえます。

また、ライトがついた耳かきなど使用するとさらに取りやすいと思います。カサカサ乾燥した耳垢には耳かきを使用し、ベトベトタイプは綿棒でふき取るように掃除します。

1回の時間は2~3分で、掃除する場所は入り口から1㎝以内の場所を軽くとるくらいで大丈夫です。

耳の穴のデリケートな場所を掃除するので、周りに何もないことを確認し、兄弟がいる場合は近づいてぶつかってしまうことのないように注意しましょう。

 

耳掃除の頻度

 

耳垢は数週間かけて自力で外へ排出されるしくみになっています。

なので、毎日掃除をしてしまうと、かえって耳の中を傷つけ外耳炎になってしまう危険性や、ゴミを中へ入れてしまうことになります。ということで、2週間~4週間に一度で充分です。

 

子どもが耳掃除を嫌がる理由

 

子どもが耳掃除を嫌がるわけは、じっと同じ姿勢をしているのが苦手、また過去の耳掃除のときに、耳を痛くした経験がある場合などです。

また、耳の中が見えない場所のため、何をされているか分からずに怖がってします子どももいます。

 

子どもが耳掃除を嫌がらない方法

子どもが耳掃除を嫌がらない方法

 

耳掃除のタイミングは、耳の中がほどよくしっとりしているお風呂上りにするのが一番よいかと思います。また、お風呂上りの寝る前の時間に耳掃除をすると気持ちよくて眠ってしまうお子さんもいますよ。

リラックスした状態で、膝の上に横向きに寝かせ、テレビや絵本などを見せてあげながら耳掃除をすると、お子さんの気が違う方へ集中し耳掃除ができますよ。膝枕を嫌がるお子さんはイスに座らせ、横から耳掃除をしてあげて下さい。

耳掃除の時間は2~3分くらいで短めに、手前1㎝くらいにあるゴミをさっととります。また綿棒を使用する場合は細めの綿棒を使用し、先にベビーオイルやオリーブオイルなどを付けるとゴミがとりやすくなります。ついついゴミが見えると取りたくなりますが、奥の方にあるゴミは時間がたてば、自然に出てくるので取ろうとしないように注意して下さい。奥に道具を入れるとかなり痛いので、お子さんが耳かきを嫌いになるきっかけになってしまうかもしれません。時間は短めに、サクッと終わらせましょう。

 

耳のゴミがどうしても取れないとき

 

ゴミが見えていても取れないときありますよね。

もう少しだからとってしまいたいものですが、耳の奥にあるゴミを取ることは、お子さんの耳を傷つけ、痛がり、耳掃除が嫌いになる原因となりますので、潔く諦めて2~4週間くらいたって出てこなかった場合は、耳鼻科へ行きとってもらいましょう。

耳鼻科へ行けばあっという間にきれいに取れますよ。

 

便利グッズをつかう

便利グッズをつかう

 

これまでのことから、耳掃除は2~4週間に一度くらいの頻度で大丈夫で、どうしても取れない場合は耳鼻科へ行きとってもらうということでしたが、時間がなかったり、インフルエンザの季節などで病院に行けない場合があるかと思います。

そんなときは、子どもの耳かきを助けてくれる便利なグッズがいくつか出ています。

例えば、耳のゴミを吸い取る耳用掃除機のようなもの、耳鼻科のお医者様が使用するような、耳鏡とピンセットのセットなどがあると、もしもの場合は楽に取れるかもしれません。しかし、便利グッズは使用方法をしっかりと読み、耳の中を傷つけないように用法を守って使って下さいね。

やはりそれでも取れない場合は、耳鼻科へ行きましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。耳掃除は毎日しなくてはならないものだと思っていましたが、以外にも、2~4週間に一度くらいでよいことが分かりましたね。しかも、耳の入り口から1㎝くらいにあるごみをサッと取るだけで良いということなので、耳掃除を嫌がっていたお子さんも、2~3分なら、トライできるのではないかと思います。

また、耳垢にも役割があり、耳の中を守っているということもありますので、無理にとらずに、どうしても取れないときは、耳鼻科へ行って取ってもらいましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.