生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

子供が習い事を嫌がる原因とは。対策ってあるの?

 
子供が習い事を嫌がる原因とは。対策ってあるの?
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

最近は本当にたくさんの習い事が増えてきました。ピアノや水泳といったわりと一般的なものから、ヴァイオリン、乗馬、スケボーなど、あらゆるジャンルの習い事が存在します。多くの親は子供に色々な体験をさせたい、得意なものを見つけて欲しいと思うことがありますよね。

でも実際はお父さんやお母さんの思い通りにはなかなかいかないもの。

せっかく通い始めた習い事も、楽しそうじゃなかったり、毎回行く前に嫌がったり。

自分から通いたいと始めた習い事でも、こんなことってありますよね。そのたびに励ましたり叱ったり、親御さんも試行錯誤に頭を悩まされることも多いと思います。

このような、良かれと思って始めたはずの習い事が、最終的には子供にとっても親にとっても嫌いやになってしまう事態。果たして子供が習い事を嫌がることに原因と対策はあるのでしょうか。

まず、子供が習い事を始めた理由は何なのか。子供が習い事を嫌がる時、始めたキッカケは対策を考える上で切り離せないことです。なぜならキッカケは、習い事を続ける上で、良い場合は一つの目標もしくは動機、悪い場合は習い事を辞めたい一つの大きな理由として存在し続けるからです。

習い事を始めた理由と言っても十人十色ですので、今回は本人がやりたいと言って始めた場合と、親御さんがやらせてみたいと思って始めた場合の二つのパターンを軸に考えてみます。

 

自分からやりたいといって習い事を始めた場合

自分からやりたいといって習い事を始めた場合

 

この場合、子供はある種の理想を持って習い事を始めます。自分が上手に習い事をこなし、楽しむ、そんな姿を想像しています。しかし実際始めてみると、思ったより上手くいかない。周りの子達よりも上手に出来ない。先生が怖い。多人数で行われる習い事の場合は、友達が出来ないということも、嫌がる理由の一つになってきます。

しかし本人が始めたいといった習い事の場合、多少の理想と現実のギャップは、時間の経過と共に少しずつでも成果が出るとそれは自信へと変わり、習い事を習慣化することが可能となります。毎回喜んで行かなくても、上手くなりたいという本人のモテベーションさえあれば、たとえ友達もできず、他の子より劣っていたとしても、継続することで自信をつけていきます。

しかし逆に、続ければ続けるほど子供のモチベーションが下がっていくこともあります。いくら努力しても思ったように成果が出ない。成果がでないと自信を失ってしまいます。この習い事は自分には向いていない、楽しくない。このように、一度自分の中でモチベーションと自信を失った子供に、嫌がらずに習い事を継続させることは簡単ではありません。習い事を続けることで自信を取り戻すとゆうのも一つの方法ですが、嫌がる習い事に通わせ続けるわけですから、親御さんにもかなりの根気と努力が求められます。子供自らがやりたいと言い出した習い事。理想と現実が違ったからといって辞めるなんて良くないと思う人もいるかもしれませんが、嫌がる子供を何とかして行かせようとする努力によって、親子共に身も心も疲弊することもあります。本人がやりたいといった前向きな気持ちも、消えてしまい、なんのために頑張っているのかも分かりません。その場合、習い事と一旦距離を置くというのも一つの選択肢です。

 

親がやらせたいと思って習い事を始めた場合

親がやらせたいと思って習い事を始めた場合

 

この場合も、本人がやりたいと思って始めたパターンのように、子供がモチベーションをどう保ち自信をつけていくかがキーポイントですが、それと同時に親御さんの習い事への関心度、期待値も大きなキーポイントになります。

先祖代々続けているような習い事である場合、本人のモチベーションが上がらないからといって、じゃあ一旦辞めましょうとはなかなかなれないでしょうし、もしくは学校の成績が悪く、改善しなければ今後に影響するという時に、行くのを嫌がるからといって辞めるという選択肢は選びにくいですよね。

子供のためを思ってやっているのに、どうしてその期待に応えてくれないのか。これが親御さんを一番悩ませるパターンかもしれません。

子供は感受性が強い生き物です。大人が思っているよりも、本人が声に出して説明するよりも、沢山のことを感じ、考えています。

習い事を嫌がる時に理由を聞いても「楽しくないから」「嫌いだから」。そんな短絡的な言葉が子供から出てきても、子供の中には説明しきれていない理由が存在することが多々あります。

子供が習い事を嫌がる理由を否定せず、一つ一つゆっくり聞いて行くと、その思いがけない理由に辿り着こともあります。習い事の時間が長いことが嫌だったり、家に早く帰りたかったり、大人には小さく見える理由でも、子供にとっては大きな理由です。

それら全てに万能な解決策があるわけではありませんが、少なくとも習い事が嫌だと思う理由を親御さんと共有し、否定されなかったという経験を子供にさせることはとても大切です。

なかには、本当にその習い事を純粋に嫌いということもあるかもしれませんが、誰にだって嫌いなものはあるのですから、否定せず話を聞いてあげましょう。習い事を嫌がる理由への対処法が少しでもあれば、子供にわかる形で実行することも大切です。親が一緒に考えてくれているという安心感を子供に与えることは、習い事を嫌がる理由を小さくする一つの手段になり得ます。

 

子供の習い事の付き合い方

子供の習い事の付き合い方

 

子供が習い事を嫌がる時、その原因は年齢、習い事の内容、住む場所などによって様々ですが、共通して言えることは、どうして嫌なのかを親御さんに説明できていない子供は多いです。こんな理由お母さんにはわからないと思う子供もいるでしょうし、実際説明されても納得できなかったという親御さんも少なくないはずです。

でも、子供の話をよく聞いて、親が理解してくれていると思うことによって、その習い事が子供の生活において小さな時間であると気づいてくれることもあるので、まずは耳を傾けてみてください。

楽しい経験をさせたい、実りの多い人生を歩んで欲しい。勉強にしてもスポーツにしてもアートにしても、習い事を始める時の親御さんの想いはとても前向きなものだと思います。

その気持ちに対する子供の行動が前進しているように見えなくても、まずは子供との会話を忘れずに、焦らずゆっくり構えてみてください。

 

関連記事:

習い事をたくさんさせる親の心理とは?子供のためになってる?

習い事は何歳から何を始めるべき?子供の意思と親のエゴ

幼稚園児の習い事の必要性。人気の習い事の費用や内容など

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.