生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

「子供の成長が寂しい…」素直に子供の成長を喜べないのは毒親?

 
駆け上がる子供
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

ある日、いつも通りに子供の世話を焼こうとすると「自分でやるからいい!」と言われた。

今まで散々手を焼かせておいて、その言い方は無いんじゃないの!?と、イラっとする反面、一抹の寂しさを感じてしまい、戸惑ってしまった。そんな経験、ありませんか?

赤ちゃんの頃から身の回りのこと、親がいなければ何一つできなかったのに!そんな言い方するなんて…とイライラした後に、ふと寂しさを感じてしまう。これから先、どんどん自分一人でできる事が増えていくのです。あんなに子供に振り回された日々から少しずつ解放されていくのは嬉しいことのはずなのに…こんな風に感じてしまうのってまさか毒親の始まり??

いえいえ、そんなことはありません!

「子供の成長は嬉しいけど、寂しい」は親なら当たり前のこと!

母親と子供

子供のために自分の時間を削り、何より子供の事を優先してきた乳幼児の頃は「これ、いつまで続くの?」「自分の時間が欲しい!」と考えていたお母さんは多かったと思います。子供が自分一人では何もできない時って、何かある度にお母さんじゃないと対処できないことが多いですよね。

そして後追いや、お母さんが見えなければ不安になって大きな声で泣いて。いつも子供がお母さんを必要としていました。兄弟がいれば、お母さんの膝の上を取りあいになり、兄弟げんかが起きる家庭もあると思います。

それなのに急にお母さんを必要としない発言をしたら、これから先、子供が大人になり本格的な親離れの時期を想像してしまい自分が普通の精神状態でいられるか自信がなくなってきますよね!

一生懸命大事なわが子を育ててきた親だからこそ、疎外感を感じて寂しくなってしまう。これは当たり前の事です。

当たり前だからと言って、このままでは心にぽっかりと穴が開いた子離れできない未来になってしまう…

子供の成長を素直に喜び、変化を受け入れるためにはどうすればいいのでしょうか?

子供の成長を素直に受け入れるには ママ友と成長エピソードを共有する

わが家の子供は小1の男の子です。一人っ子で甘えん坊。でも頑固で、2歳の頃は手が付けられない事もありました。

小学校に入学してすぐのころだったと思います。トイレは早くから一人でできるようになり、その日も普通にトイレに入っていきました。しばらくたっても出てこず、声をかけても返事が聞こえない。私は「どうした?」とノックもせず扉を開けてしまったのですが、その時「やめてー!!!」と子供が大声で叫び、勢いよくドアを閉めたのです。

私もびっくりして、トイレから出てきた子供に何があったのか聞いたのですが、泣きながら「急に開けられるのが嫌だった」としか言わず、結局はっきり理由は分からず仕舞いで、朝だったのでそのまま学校に。

これ以降、トイレは勝手に開けないようにしました。これって、人間なら当たり前のマナーですよね。子供も自尊心が芽生えたんだなぁ、としみじみ思った出来事でした。

そして今も順調に言葉遣いも男の子っぽくなり、友達の家に一人で泊まりに行ったりして成長しています。それでも寝る時は一緒に寝たがるし、相変わらずそばにくっついてきます。甘えん坊は変わりません。

この件だけでなく、こんな成長があったあんな変化があった、なんてことを同じ年代の子供を持つママ友とよく話をしています。自分の子供だけでなく、いろんな子供の話や親の気持ちを聞くのって大事ですね。客観的に自分たちの事を見ることができます。そして寂しさを共感し合えることも大切。この気持ちは自分だけじゃない、と思えると安心ですよね。

もう一つ、親として成長するために私が始めたことをご紹介します。

大げさなことではありませんが、実益を兼ねた趣味を始めました。副業です。本業の仕事はあるのですが、子供の成長とともにいくらか時間に余裕が生まれました。将来自分の時間をどう過ごせば分からない、なんてことにならないために今から始めています。

純粋な趣味でもいいのですが、趣味だとやってもやらなくても誰にも迷惑をかけないので、飽き性の私は自然と後回しにしそうなので。少々無理をしてでも優先させるものを選びました。

子供は一番大切なもの。それに変わりはありません。でもそれ以外の大切なものが無いのはちょっと心配かもしれません。旦那さまを大事にするのも大切です。子供が巣立った後、夫婦の間が空洞になる話もちらほら聞きます。

子供の成長は親も成長するとき 理想の将来像を描く

娘をほめる母親

子供がいなくなった時にどうありたいか。どんな親なら子供は安心していられるか。この姿を思い描き、準備していくのも親の役目かな、と思います。

少々寂しい話ですが、いつまでも子供が親にべったりすることはありません。むしろ、離れていかなければいけませんよね。

自立。子供はこれから少しずつ成長し、新たに家庭を築きます。そして子供が生まれ、社会や家庭での役割もしっかりと与えられます。でも親とのつながりがなくなるわけではありません。その時により良い関係でいられるために、子供の成長に合わせて私たち親の心も成長させていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.