生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

子育てと仕事、どちらが大変?ママの仕事や立場で大きな違いが

 
子供を抱き上げる母親
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

最近は子育てをしながら働くママが本当に多いと思います。

保育園がなかなか入れないなど、待機児童の数がニュースになるくらいなので、子供が1歳になれば働くのが普通くらいの世の中になってきたように感じます。

さて、そんな中で思うのが「子育てと仕事はどちらが大変か」ということです。

これは働くママの立場によって意見が分かれるところだと思います。

出産前まで働いていた職場で産休育休後に復帰した場合と、いったん退職して、子供が1歳になって保育園に預けるとか、3歳になって幼稚園に入園するというタイミングで就職した場合ではかなり感触が違いそうですね。

子育てを期に仕事を退職したママたちの思い

背筋を伸ばした女性

妊娠や出産を期に今まで働いていた職場を辞めて専業主婦になったママもたくさんいるでしょう。そんなママたちはどんな思いでいるのでしょう?

専業主婦になって良かったと言うママ。

大好きなお仕事だったけど、早朝や夜遅くまでのシフト勤務だったとか、出張や残業があるので続けるのが難しいと思ったそうです。もちろん会社には時短勤務や業務内容を生活に負担が少ないものに変えることはできたそうですが、人数が少ない会社の場合は他の人にかける迷惑度が高いからということで、自分から辞めることを選んだという人がいました。

確かに初めての子育ての場合は特にですが、育児自体も慣れていないうえに職場にも気兼ねしながら少ない時間の中で家事もこなさなければいけない…。考えただけで気が重くなりますね。

それに何よりたっぷりと子供のそばにいられるという安心感。

保育園などに預けての勤務だと、子供の体調不良で呼び出された時でも場合によってはすぐに駆け付けることができないことがありますよね。

そして成長をしっかりと見守ることができます。ダンナ様も仕事に専念できる。この辺りが一番のメリットでしょうか。

その反面、不安もあるといいます。一番は、もしダンナ様が病気やケガで働けなくなった場合はどうするのか。急に働くことができるのか。それから、子供に手がかからなくなり自由な時間が増えてから外で働こうとしても、ブランクがあると会社側も採用しにくいし、ママ自身もおっくうになりますよね。

そのほか、出産までは社会で活躍し必要とされてきたのに、活躍の場は自宅だけで、しかもその活躍は人の目にとまりにくいものです。疎外感というか、置いてけぼり感もやっぱりありそうですね。

仕事をしながら子育ての慌ただしい毎日を送るワーキングママと、納得がいくまで家事と育児に専念できる専業主婦ママ。どちらもメリットとデメリットがあるようです。

子育て中でも仕事をしやすい職種ってなに?

さきほどご紹介したとおり、土日勤務や早朝シフト、残業、他県への出張が頻繁にあるようなお仕事は難しそうですね。子供の急な呼び出しに対応するためにも、遠方での仕事は避けたいものです。

一方、土日が休みで9時から5時勤務の事務系のお仕事はとても魅力的ですが、人気がある分競争率が高いため、今まで勤務していた職場で復帰する場合を除いて新たに就職するにはハードルが高そうです。小さい子供がいることを採用面接で伝えると不採用になることも多くのママが経験しています。

生活の優先順位は?と聞かれるとやっぱり子育てを挙げるママが多いので、その目線で選ぶと子育てや家事に影響が出にくい仕事ということで、短時間勤務のパートですよね。仕事内容についても、家にいても頭を使うような企画提案や営業のお仕事より、服装もカジュアルでその日ごとに終わる単純作業や接客業が働きやすく採用されやすいようです。

ただ、勤務時間や職種も選ぶ基準としては重要ですが、子供のことで急な早退や欠勤を理解してもらえる環境があること。これも大切なポイントですね。

子育てと仕事、そして家事をうまくこなす先輩ママの知恵

やっぱり子育てに手を抜きたくはないけど、色々考えて働くことを選んだママたち。

選んだからには子育ても仕事も家事もバランスよくこなしたいですね。ただ、全てのことをキチンとこなそうとすると、時間と体力が足りない…。

そんな時こそ、先輩ママの知恵を借りましょう!どんなテクニックでこなしているんでしょう?

1.完ぺきにしようと思わない

仕事は労働の対価でお給料をもらっています。自分の仕事は責任を持たないといけないので手抜きは難しいですね。子育ても手を抜きにくいところです。その分、家事は上手に手を抜きましょう。

先輩ママ達は口をそろえて言います。食事の用意は手軽に簡単に!宅配で夕食材料を届けてもらうサービスを利用したり、時にはお弁当だって大丈夫!近頃のお弁当って栄養バランスが考えられているものもたくさんあるんですね。手作りのお料理は休日の時間があるときに腕を振るいましょう。

掃除も毎日しない派が多数です。目立つところや子供の食べこぼしはその都度ふき取る。それ以外は休みの日に家族で分担するそうですよ!

2.自分一人で抱え込まない

先輩ママは働き始める前に、ダンナ様と役割分担を話し合って決めたそうです。ダンナ様が家事や育児のやり方が分からなければ細かく教える、または簡単なものからお願いする。ある程度自分で判断するダンナ様なら、おおざっぱに分担を決めて細かく口を出さない。気分よく家事や育児をしてもらうコツです。

また、毎日ではなくても休日はお互いの両親に子供の面倒を見てもらうママもたくさんいました。休みの度に預けるのではご両親も疲れてしまうので、そこは様子を見ながら。楽しんで孫を預かってもらえるように配慮しましょう。

あらかじめ周りの人にお願いしておくのが賢いやり方ですね。

3.リフレッシュをしっかりする

上手にバランスよく毎日を送る先輩ママは、必ず一人の時間をどこかで作っています。

週末のうち、1時間でも家事や子育てから解放され、リフレッシュする時間を持っています。買い物、カフェでのんびり、美容院でヘッドスパ。自分のための時間を作る努力をしましょう。

ダンナ様とお互いその時間を持ち合ってもいいし、たまにはご両親にお願いして二人でお出かけするなど。きっと忙しい毎日を乗りきるための前向きな心が戻ってきますよ!

子育てと仕事、どちらが大変?まとめ

膝の上に子供を乗せた母親

子育てと仕事はどちらが大変か、これはもう、結局どちらも大変です。

大変ですけど、どちらも大切なんです。仕事があるから子育てのイライラを忘れられる、というママもたくさんいました。どっちも大変なんだけど、それぞれのモードを切り替えるスイッチになります。

それでも多くのママからは子育ての方が大変だという声が聞かれました。これは子育てが予測不能だからだと思うのです。はたから見ればものすごく難易度の高い仕事でも、ずっとそればかりやってきた人にはなんてことない仕事と思えるでしょう。子育ては慣れていない初めての難易度の高い仕事と同じです。そしてママの思いも強いので「大変!」と思えるのでしょう。途中で投げ出せませんからね。

先輩ママの日々のこなし方を知ってもらい、少しでも子育てのハードルを下げてもらえればうれしいです。

現代のたくさんのワーキングママたちが心をラクにして毎日が送れますように。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.