生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

子育てと仕事の両立の限界!?無理を感じた時の対処法

 
疲れた母親
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

「育メン」と言う言葉も定着し、あたりまえ感さえ漂う今日この頃。

さて、パパと同じように外でお仕事しているママたちは、これについてどう思ってるでしょう?

ママはそろそろ限界を感じてるかもしれません。

子育てと仕事の間で揺れる!仕事を辞めたくなる時

悩む母親

ママが仕事をしながら子育てをする。今では当たり前のことと思われがちですが、リアルな現場は壮絶です!

保活を乗り越えてやっと保育園に預ける事ができたら、とりあえず働けることにホッとします。あぁ、良かった…

ところが預けて間もなく子供の体調不良で保育園から呼び出される。これ、多くのママたちが経験する展開ですね。やっと慣らし保育が終わったばかりなのに(泣)

最近は小さい子供がいるお母さんが就業すると、雇用主の会社に助成金が下りる制度があったりするので、理解があるところも増えているかもしれません。

そういう会社だと、急な子供の発熱やケガ、出席停止の感染症などの場合も休みがとりやすいですね!これはでも表向きな話。

現場レベルではやっぱり厳しいです。休むことで上司や同僚に仕事をお願いしないといけないですしね!みなさん、いい顔ばかりではないですよね。またかアイツ…!なんて思われてんじゃないの!?って、疑心暗鬼と申し訳ない気持ちでいっぱい!

それでもとにかく子供のことで休みが増えます!有給休暇が足りないとか、時給制の人たちもリアルにお給料が減っちゃうのも厳しいですよね。

そしてどこの家庭もなぜか当たり前のようにママが対応する。

晩ご飯だって大人用と子供用のメニューを作り、保育園の用意もなかなか大変!掃除洗濯も頑張ってこなしている。働くママに休みはないのです!

子供が保育園の時期はほかの保育園ママたちも基本的に働いているので、忙しさや子供に手をかけるクオリティもそんなに変わりません。手が回ってなくてもお互いにいくらか理解もありますしね!

小学校に上がると、突然専業主婦のママたちと肩を並べないといけなくなります。

なぜか小学校ってところは、いまだに専業主婦を前提にしたような行事の組み方をします。準備物もハードルが上がります。PTAもあるし。

なんだか仕事をしていて時間がないから手が回らなくて、子供に申し訳なくなってくるんです。

同じ職場の人たちにも申し訳ないし、子供にも罪悪感。こんなに頑張ってるのに、働くママたちは罪悪感とイライラばかり。心も体もクタクタです。なんでこんなに自分だけ疲れてるの?なんだか仕事、辞めたくなってきたな…。

子育てと仕事を両立させるには?心の切り替えのコツは?

仕事中の母親

仕事と子育てを続けてきた経験から思うこと。正直、忙しすぎて詳しいことは覚えてませんが、やっぱり良かったと思えることが多いです。

一番は子供の事だけに頭を悩まさなくてすむ、ということ。

職場につくと嫌でも仕事モードに切り替えないといけないので、もし子育ての悩みが無限ループになっていても一旦頭から離れます。幸いにも今の職場は年の近い子供を持つママたちがいるので、情報交換もできます。

時間があると他の子供と比べちゃうんです。あと、他の家庭とも。一度気になると心がそこから離れません。

「忙しい」って疲れるけど、毎日をとにかくこなしていたら、余計な雑念が湧きません!

それから、子供との貴重な時間を大切にできること。

6時に仕事を終わらせて、7時半までに晩ご飯の用意をして、お風呂に入って9時半に子供を寝かしつける。段取りよく行程を進めないといけないので、余分な時間はありません(ここで子供が思うように動いてくれないとイライラするのですが)。

その中で毎日の起きている時間の中で子供と話をする時間なんて、ほんのわずかです。それに気づいてから、短い時間でも子供との会話を楽しむことにしました。

特に寝かしつけの時に、毎日ひとつお互いに良かったことを話すようにしています。一日の中で子供を怒ることはまだまだありますが、この良かったことトークをすると怒ったことがリセットされ、子供の寝つきも良さそうです。寝る時まで怒られたことを引きずるのは大人も子供もイヤですよね。

そして最大のポイントは、家事・育児は完ぺきにこなさないことです。これにつきます!

一人でできる事なんて限りがあります。全部できなくて当たりまえ!だから、パパと家事や育児の分担を決めても良いし、時にはおじいちゃんおばあちゃんに甘えてもいいでしょう!そしてそこに罪悪感は持たないでください。だってこれは一人で抱えることじゃないから。

ただし、その仕事を任せたからには口を挟まないというマナーは必要ですね!自分も周りの人にも少々なら許す気持ちを持つことが大切です。

でも、そこまでしてママが働き続けることはどんな意味があるのでしょう?

子育てと仕事を両立して見えてきたこと

PCと子供

子育てと仕事の板挟みで身動きがとれなく感じてしまうママはたくさんいます。

独身の時や、まだ子供がいなかったときは、おそらく有能で、自分でスケジュールを組み無駄なく仕事をしてきたキャリアウーマンだったとか。おうちもキレイに片づけられ、いつ突然の来客があっても困らないほどに仕上げている。完ぺき主義の女性たち。それなのに思うようにいかない、自分の予定に合わせてくれない子供に対して憎しみさえ感じることも。

それでも子供は正直です。自分に対してもとっても正直だから、自分の欲望に忠実です。大人の都合なんて関係ないのです。だから、一度完ぺきを辞めてみませんか?子供は完ぺきに片付いたおうちより、自分のやりたい遊びをさせてくれることの方が大切です。キチンと自分を見て、気持ちを分かってくれるママとの信頼関係がそこからどんどん深まるのです。

仕事をしていて子供と離れる時間があると、その間は子供のことを冷静に見る事ができました。あぁ、うちの子はこんなことに興味を持ってたんだな、どうしても今日はあの服が着たかったんだな…とか。それに子供だって大好きなママやパパと離れて、保育園で寂しさをがまんしてるかも。

いつも子供と一緒にいると、客観的に子供を見にくくなります。仕事をするというカタチで子供と距離をとり、冷静になれる時間が強制的にでもとれる。これが子育てと仕事を両立する最大のメリットです。

深呼吸を何度かして、気持ちをラクに。

広い心をもって、子供も大人も出来てないことより出来たことを探していきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.