生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

口紅の落とし方。服についた場合、状況別の対処法

 
口紅が服についた場合の対処法
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは。おしゃれをしたとき、念入りにお化粧したとき口紅は欠かせませんよね。口紅を少し塗るだけで顔が華やかになるので、最近では小学生や幼児でも使うことはめずらしくありません。普段使いはさすがにしなくても発表会などの晴れの日には使ったりしますよね。うちの3歳になる娘もお化粧大好きで興味津々です。なにか行事がある度に、「お化粧したいなー。」、「口紅したいなー。」とここぞとばかりに言っています。忙しいときはなかなかそんな余裕もないときもありますが、時間がある時は子供用の口紅やチークをしてあげたりします。もし、どこか洋服などについてもすぐにとれますし、お湯で洗うだけで落ちてくれるという手軽さがあるので、便利ですよね。

 

しかし、大人の化粧品はそうではありません。落ちない口紅やウォータープルーフなど簡単に落ちないことが必須だったりします。お化粧をするという観点からすればすごく重要視している部分ですよね。もし夏汗をかいたときやプールなどで簡単に落ちてしまっては困るだけでは済みません…。急にすっぴんになってしまうなんて耐えられません。

 

しかし、子供がいつのまにかいたずらしていたり、ふいに誰かにぶつかったりと何らかの理由で洋服などにお化粧や口紅がついてしまった場合、「どうやったら落ちるの?」、「なんで落ちないの?」と慌ててしまうなんてこともしばしば。それってよくよく考えるとかなり矛盾しているなーと思うのですが、白などの洋服に赤やピンクの口紅がついているのはかなり目立ちますし、焦ります。おしゃれをした日の洋服は大事にしているものだったり、好きなものだったりするのでへこみますよね。

 

さて、今回はそんなときに焦らないように落とし方や緊急の対処などを見てみましょう。頭の片隅に置いておくといざというときに使えるかも。是非読んでみてください。

 

口紅は何汚れなのか?

口紅、油汚れ

 

さて、まずは一体口紅は何汚れとして考えれば良いのでしょうか?これだけ知っていれば、お洗濯のときに思い出して使えますね。

口紅は洋服についてしまうとなかなか落ちないイメージがありますが、香料や色素、ワックスなどいろいろな成分が含まれていて、水で流すだけでははじいてしまい、汚れは落ちません。これが落ちないイメージにつながっています。

しかし、油分が含まれ水を弾くということは、基本は「油汚れ」として考えることができます。「油汚れ」ならばお洗濯の得意なひとであればこうしたらいいのではないか?といくつか思い付く方もいますよね。さて、では次はパターン別の口紅の落とし方をみてみましょう。

 

口紅の落とし方

口紅の落とし方

 

  • ついた色が薄い場合

お湯で落とします。一番生地自体を傷つけない方法であり、お手軽な方法です。40度くらいのお湯につけ、ティッシュやキッチンペーパーなどの乾いた水気をすいとってくれるもので叩くだけです。口紅の汚れがティッシュやキッチンペーパーに移れば完了です。

 

  • 色が強く、おうちで落とせる場合

クレンジングオイルや食器用の中性洗剤を使うときれいに落とすことができます。まず、口紅のついたところにクレンジングオイルや食器用中性洗剤をかけます。そして、下にタオルなどを引いてから上から歯ブラシなどでたたきます。そして最後に汚れが落ちたらきれいにすすいで完了です。家に常備してあるものでできるのでお手軽ですね。

 

  • 口紅がべったり着いていたり、長時間たってしまい染み込んでしまった場合

色々な染み抜きに活躍するワイドハイターを使います。口紅がついた部分にワイドハイターをかけもみ洗いします。色が落ちたらきれいにすすぐだけです。ワイドハイターが残っていると色落ちや生地の痛みにつながりますので、すすぎは念入りにする必要があります。

 

  • 出先で洋服に口紅がついてしまった場合

ティッシュペーパーを口紅のついた部分に当てて、油分をとり、ハンドソープを染み込ませます。下からハンカチをあてて、上から水気のあるティッシュペーパーで押さえます。応急措置はこれで完了です。後は自宅に戻ってからお湯やクレンジングオイル、食器用中性洗剤などで洗ってください。

 

口紅を落とすうえで大切なこと

口紅を落とすうえで大切なこと

 

  • 洗濯表示を確認する

家庭での洗濯ができるかどうかが重要です。もし水洗いが×になっていいる場合、クリーニング店に相談する必要があります。

 

  • 革やヌメ革製品はクリーニング店へ

綿やナイロン製であればお家でクレンジングオイルや食器用中性洗剤で落とすことができます。

 

  • 起毛やボア素材は綿棒でたたく

歯ブラシなどで染み抜きをしてしまうと生地に絡まり、痛めてしまうことがあります。その心配がある素材の時は綿棒などを使うとよいです。

 

まとめ

 

最近は「落ちない口紅」というものもあり、洋服についてしまうとなかなか厄介なものもありますね。

落ちない口紅は化粧落としの時にでもなかなか取れなかったりして、クレンジングオイルを最新のものに変えたりしました。口紅をきれいに落とすには最新のクレンジングオイルが一番良いかもしれませんが、どんな方法が合うかはやってみないとわからない部分はあります。

しかし、やり方さえ知っていればいざというときに使うことができます。もし、洋服に口紅がついてしまいどうしよう?と思ったとき、子供が口紅で遊んでしまい、カーペットについてしまったときなど、是非思い出して試してみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.