生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

マーガリンとファットスプレッドの違い。危険性と体への影響

 
マーガリン
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

我が家の朝ごはんはパン食です。

したがってマーガリンは日常的に使われており、冷蔵庫に必ずストックされている食材の一つです。先日マーガリンを買おうと思ってスーパーで箱を手に取って気が付いたのですが、「ファットスプレッド」と表示されているのです。

これは…なんだろう?海外製??

マーガリンとは違うのでしょうか?取りあえず調べてみよう!

 

マーガリンとファットスプレッド何が違うの?それぞれどんな特徴がある?

マーガリンを削り取る

 

調べてみて驚いたのですが、日本の食卓で使われているマーガリンはほぼファットスプレッドだということです。

ちなみにスプレッドとは「食用の塗り物」だそうです。

一番大きな違いは油脂の含有量です。マーガリンもファットスプレッドも使い方としては同じようなもので、主成分も植物性油脂なのですが、日本農林規格(JAS)ではマーガリンの油脂は80%以上に対してファットスプレッドは80%未満ということが定められています。

マーガリンよりファットスプレッドの方が柔らかいのでパンなどに塗りやすいのですが、水分が多いため加熱調理には不向きです。

そしてファットスプレッドはマーガリンより脂肪分が少ないためカロリーも低く、一般向け商品の主流となっています。さらにファットスプレッドはチョコレートや果実の風味をつけることが認められています。

言われてみれば、色々な味のついたマーガリンっぽいものも陳列棚で見かけますよね!

色んな味がついているなんて邪道だと思って避けていましたが、ファットスプレッドの方がマーガリンより脂肪分が少なくカロリーも低いという事は、マーガリンより体にいいのでしょうか…?

 

マーガリンとファットスプレッドの危険性は?

 

そもそもマーガリンはバターが高価だったため、その代用品として植物性油脂を主原料として作られたものです。

バターの規格は乳脂肪分80%以上であることが厚労省の省令で定められているのですが、風味とコクが豊かな反面、動物性の油脂が多く含まれていることによりコレステロール値が上がりやすく、動脈硬化を引き起こして生活習慣病の原因になると危険性が指摘されていました。

比較してマーガリンは植物性油脂が主成分のため、中性脂肪やコレステロールを減らすことから、健康に良いと認識されていたのです。

そののち、マーガリンからさらに脂肪分を減らしカロリーカットしたファットスプレッドが登場することになるのです。

ということは、ファットスプレッドの方が優秀?と思われがちですが、単純にそうとも言えません。

なぜならマーガリンもファットスプレッドも製造段階で多くの「トランス脂肪酸」が発生するのです。

海外の先進国ではマーガリンやファットスプレッドの「トランス脂肪酸」が心臓病のリスクがあると問題になった経緯がありますが、これについては、そもそもの食生活でトランス脂肪酸の摂取量が多い欧米人を対象とした報告なので、日本人の食生活に当てはめてみると、そこまで問題はないと言われています。

確かに欧米諸国の食べ物を思い浮かべると…トランス脂肪酸、取ってそうですね!パンやドーナツ、クッキー、ケーキなどの洋菓子にはファットスプレッドがたくさん使われています。

ハンバーガー、フライドチキン…ファーストフードもトランス脂肪酸過多ですね~。

日本を除く先進国では生活習慣病の予防のため、加工食品にトランス脂肪酸などの含有量の表示義務があり、取り過ぎの注意喚起を行っているそうです。

先ほどは日本人の食生活では問題ないと説明しましたが、欧米の食文化は日本でも多く取り入れられています。やはり摂取しすぎは良くないのでしょうね。

 

 

マーガリンとファットスプレッドはどちらが優れている?

 

先ほどたくさんの不安材料を説明したところで、マーガリンとファットスプレッドのどちらが優れているかという質問はほぼ無意味なのですが…

あえて比較するなら、

 

  • マーガリン ヤシ油やコーン油などの植物性脂肪を原料とし、水などを加えて乳化させたもの。油脂含有比率が80%以上、トランス脂肪酸を含む。

 

  • ファットスプレッド マーガリンと同じく植物性油脂が主原料。油脂含有比率が80%未満でマーガリンよりローカロリー。水分が多く柔らかいため、塗りやすいが加熱調理に向かない。マーガリンと同じくトランス脂肪酸を含み、かつ乳化剤等の添加剤がマーガリンより多い。果実やチョコレートも風味をつけた製品もたくさんある。

 

このような感じです。どちらが優れているかの判断はいかがだったでしょうか?

 

マーガリンとファットスプレッドについてのまとめ

溶けたマーガリン

 

バターより安く植物性油脂が原料でカロリーも低めでいろんな風味がつき、扱いやすいマーガリンやファットスプレッド。食卓で重宝されそうですよね。

わが家でも毎朝の食事にほぼフル出場していました。

世の中には色々な情報が飛び交い、最近できた便利なものに対しては、何かとその裏の危険性が指摘されて続けていて、過激な表現の情報も多く存在します。その一方でそこまでの危険性は無いという情報もある。

要するにマーガリンもファットスプレッドも食べなければ何の問題もないのです。でもやっぱり使いやすさやコストも意識したい…。

私たち消費者はこの多くの情報の中でどれを参考にして生活に折り合いをつけるか、その中でこの記事がみなさまの基準作りのお手伝いになればうれしいです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.