生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

水ダイエットの効果と方法、ダイエットに良い水とは

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

巷では、バナナダイエット、糖質制限ダイエット、寒天ダイエットなどの情報があふれています。その中でも、昔から変わらず言われているのは『水をたくさん飲んだ方が良い』ということです。

ダイエットに限らず、健康の根本は水にあるということをご存じでしたか。

今回は、水とダイエットについてお伝えしたいと思います。

水の役割

 

水を飲むことはダイエットにとても効果的だと聞きます。それはなぜでしょうか。

人間の身体の約60% 赤ちゃんなら80~90% お年寄りなら50~55%は水分です。人間の身体の水分は、細胞の活性化や内臓機能の正常化などの生命活動の維持に必要不可欠なものです。水にはどんな役割があるのか見てみましょう。

  • 身体に必要な栄養素や酸素の運搬

身体の中を絶えず循環しているものは血液です。血液は酸素や栄養素やホルモンを運ぶ役割をしています。

血液の中は、血漿という物質が大半を占めており水でできています。

水の摂取が不足すると、血液がドロドロになると聞いたことはありませんか。

ドロドロの血液は循環が遅くなり身体全体にうまく酸素や栄養素が運べなくなります。

  • 排泄

血液が身体の中を循環して必要な栄養素などを運搬していますが、吸収された必要な栄養素以外の老廃物は尿や便となって排泄されます。

腎臓では健康な成人で、1日に1.2Lの尿が生成され、排泄されます。

また、腎臓では水分量を調節する役割もあり、摂取水分が少なければ尿を濃くして水分の排出を抑え、摂取水分が多ければ尿を薄くして」水分の排出を促しています。

  • 体温の調節

私たち人間の平熱は36~37度で、2度上がり下がりすると、身体に良くない影響がでます。私たちの身体は、暑ければ汗をかき、寒ければシバリングといって、身震いのようなことが起きます。

これは汗を出して表面の温度を下げようとしたり、身震いすることで発熱し、体温を一定に保とうとしているのです。

 

水ダイエットの効果

 

水は1日にどのくらい飲まなければならないのでしょうか。

よく耳にするのが1.5L~2L飲まなければいけないということです。

それは、人間の身体の基礎代謝の部分と、排泄の部分を合わせて1日に約1.5L消費するからです。

目安としては体重kg×30mlの量を飲むといいでしょう。

さて、水を飲むことでどのような効果があるのでしょうか。

  • 基礎代謝が上がる

ダイエット中は食事制限をしたり、運動をして、沢山汗をかき、身体の水分量が少なくなってしまうことが多くあります。

身体の中の水分量が減ると、血液がドロドロになり、必要な栄養素や酸素が循環できず、代謝が下がり、痩せにくい体になってしまいます。

なので、水をたくさん摂取することで、血液の循環が良くなり、代謝が上がり、痩せやすい体になるのです。

  • むくみの改善

そもそもむくみとはなぜ起こるのでしょうか。

身体の中の水分は細胞外液と細胞内液に分かれており、これらの水分は、細胞や血管内を循環して値内の水分バランスを保っています。

このバランスが崩れたものがむくみです。

多くの原因として挙げられるのが、血流の低下です。

例えば、デスクワークで何時間も座りっぱなしでいると、足の血流が戻りにくくなり足がむくみます。

お酒を飲みすぎた次の日には顔がむくむという方も多いのではないでしょうか。

これは血中のアルコール濃度が濃くなり、血管が拡張して血管から水分が漏れ出てしまうからです。

またお酒を飲むときがしばしばですが、味の濃いもの、塩辛いものを食べた時もむくみます。これは、身体の中の塩化ナトリウムを濃度が濃くなり血圧が上がり、体内の塩分を薄めよと体内に水を溜め込んでしまい、むくみやすくなります。

水分をたくさん取ることで、血流が改善され、むくみにくくなると言われています。

ただ、腎臓や肝臓や心臓に病気がある方は要注意です。

このような方は水分摂取制限が設けられている場合がありますので、主治医に確認してください。

  • 便通の改善

ダイエット中は食事制限をしたり、運動をして、沢山汗をかき、身体の水分量が少なくなってしまうことで便通が悪くなることがしばしばあります。

便通の改善には食物繊維が有効だと言われていますが、食物繊維だけを摂取し、水分を取らなければ、便が固くなり便秘がちになってしまいます。

食物繊維と、水分をたくさん取っていれば便に含まれる水分量が多くなり、また、腸内の血流も改善し腸の動きもよくなり、便秘が改善されます。

  • 美肌

上記に書いたように便通が良くなることによって、身体の中の老廃物が排泄され肌がきれいになります。吹き出物が減ったり、肌がみずみずしく、はりがでたり、と目に見えて分かるようになります。

  • 満腹感を得られる

食前にコップ1~2杯の常温の水を飲むことによって満腹感が得られ、食欲が抑えられます。

 

水ダイエット:飲むタイミング

 

水をたくさん飲んだ方がいいからといって、いつでも飲んでいいわけではありません。食事中に沢山水を飲むことで胃酸が薄められ、消化が妨げられ、胃の負担が大きくなってしまうこともあります。

ではいつ飲むのが良いのでしょうか。

  • 朝起床後

起床後は内臓の機能はまだ眠っている状態です。また、冬でも汗をかいているため身体は水分が不足しています。起床後、水分を補うのは内臓の動きを促して、腸の運動を活性化され、便通もよくなります。

  • 食事前

食事前30分前にコップ1杯の水を飲むと満腹感があり食欲を抑えられるでしょう。

  • 汗をかいたとき

汗をかくと血流が悪くなり、酸素が全身に行かなるため、適宜水分補給が必要です。

  • 寝る前

  睡眠時は約200ミリリットルの汗をかくので、水分不足を補うためにコップ1杯の水を飲んでおきましょう。

 

ダイエットにおすすめの水

 

水の種類は、硬水と軟水に分かれます。

WHO(世界保健機構)の目安として

ミネラル分の量が1L当たり0~60mg未満は軟水

60~120mg未満は中軟水

120~180mg未満は硬水

180mg以上は超硬水

と分類されています。簡単に言うとミネラル分が多いか少ないか、で分けられています。

日本で採られるもののほとんどは軟水です。

ではダイエットにおすすめの水はどれでしょうか。

ダイエット効果を高めるのはミネラル分が豊富な硬水だと言われています。

ミネラル成分のなかのマグネシウムが便通の改善に役立つと言われ、

ミネラル成分が多いことで代謝を促進し、基礎代謝を高めてくれるからです。

 

水道水でも大丈夫?

水を買うのもお金と労力がかかる、という方もいると思います。

蛇口をひねると出る水道水は大丈夫なのか調べてみました。

基本的に日本の水道水は浄水場でろ過され、薬液で殺菌されているので飲み水に使うのにはとてもきれいな水と言えます。

塩素も人体に影響がある数値ではないので、水道水をダイエット目的に飲むのは問題ないかと思われます。ただ、水道水の硬度は約50mlです。ダイエットにおすすめしている硬水は60ml~で少し足りません。

ミネラルもしっかり補給しながらダイエットしたい方はやはり、硬水を購入するのがおすすめです。

 

まとめ

様々なことを書いてきましたが、ダイエット欠かせない水は、硬水で、飲むタイミングが大切です。

はじめはコップ1杯飲むことも難しいかもしれませんが、徐々に体は慣れていきます。

水を上手に飲んできれいになりたいですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.