生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

水回りを掃除して運気をアップ!汚れに合わせてスッキリ

 
流しの水道
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

家の中の掃除、どこに重点を置いていますか?

リビング、玄関、寝室…いろいろ気になるところはありますが、運気を上げたいならやっぱり水回りです!汚れをしっかりと落とし、スッキリ流し切ることで運気がうまく回るんですね。

逆に汚れがついたまま、排水が詰まったままなどは運の流れが停滞するようです。しっかりと掃除をして、良い運気が流れてくるようにしたいですね!

さっそく水回りの掃除方法を場所ごとにしらべていきましょう。

台所は水回りの掃除の中で一番注目される場所!汚れをしっかり落とすには?

五徳の掃除

台所は汚れやすく、汚れの種類も多い場所です。そして毎日使う頻度が高い場所なので、汚れも目につきやすいですよね。

コンロ周辺では調味料の飛び散りや焦げ付き、シンクでは水垢やくすみ、色々なタイプの汚れが混在しています。この汚れのタイプに合わせて洗剤や道具を使っていきましょう。

●コンロや換気扇の油の飛び散りやコゲ付きには?

これらは酸性の汚れなので、アルカリ性の「重曹」が汚れを中和して落ちやすくします。コンロの天板などの平たい面の頑固なコゲつきには、コゲ部分にキッチンペーパーを乗せて重曹水(水100mlに重曹小さじ1を溶かす)を振りかけ、乾燥しないようにラップでパックします。1時間ほど放置すると汚れが柔らかくなっているので、スポンジでこすって落としましょう。重曹水はスプレーボトルに入れておくと、毎日の調理後の片づけに活躍します。

五徳などの外れるパーツは、大きめの鍋に水1Lと大さじ3の重曹と一緒に入れて5分間煮沸します。そのまま冷まして、スポンジでこすると頑固なコゲつき汚れがキレイに落ちます!

重曹水は温めた方が効果的です。スプレーボトルごとお湯で温めて使うと、汚れ落ちも早いですよ。

●シンクについている白い水垢をしっかり落とすには?

水道水に含まれるカルキや食品のカルシウムの成分が白く固まったアルカリ性の汚れ。これには酸性の「酢水(酢と水を1:2で混ぜる)」や「クエン酸水(水200mlにクエン酸小さじ1を溶かす)」が効果的です。スプレーボトルに入れてシンクに吹き付けて1~2時間放置します。その後スポンジでこすれば簡単に落ちます。

もし酢水やクエン酸水で落ちない白い汚れが残っていたら?それは石鹸カスです。石鹸カスは酸性なので、重曹を使いましょう。シンクを水で濡らし、粉のまま重曹を振り掛けます。1時間ほどたったらスポンジでこすりましょう。重曹には研磨効果があるので、さらにピカピカになりますよ!

●排水口のドロドロ汚れをきれいに取り去るには?

排水口は、油も洗剤も食品の汚れも全てが付着する場所です。常に湿っているのでカビや雑菌が繁殖しやすく、ぬめりや臭いも発生します。この雑菌やドロドロ汚れをスッキリ落としきって、臭いともさよならしましょう!

排水口に重曹1カップを粉のまま、なるべく均一に振り掛けます。その上に酢100mlまたはクエン酸小さじ2をゆっくりかけていきます。最後にぬるま湯を少しずつ回しかけると泡が出てきます。そのまま30分ほど放置し、お湯で流しますこれでかなりの汚れは落ちると思いますが、さらにスポンジや歯ブラシでこすると、残りの汚れもしっかり落とせますよ。

*注意点*重曹やクエン酸はアルミ素材、木製品、大理石に使うと変色します。また、家具や床などはニスやワックスがはがれる事があります。注意して使いましょう。

トイレこそ水回り掃除の最重要課題!汚れと臭いを分解して健康と金運もアップ?

トイレ

トイレは金運と健康運に影響すると言われています。汚れっぱなし、臭いっぱなしでは、大事な運気が下がることに…。そうなる前に、しっかりとお掃除をしていきましょう。

まずトイレの汚れと臭いの原因ですが、主に様式トイレで男性が立って用を足すときの飛び散りだそうです。便器の周りもそうですが、縁裏などは見えづらく、尿石がついてしまうことも。普段のお手入れで尿石の付着を防いでいきましょう。

トイレの掃除にはスプレーボトルに入れた重曹水とクエン酸水の両方を使います。まず、重曹水を便器の内側に吹きかけ、3~5分放置します。その後、ブラシでゴシゴシ。汚れが残っているようなら、クエン酸水を吹きかけてさらにブラシでこすってください。これでかなりキレイになるはずです。

重曹水はドアノブやトイレットペーパーホルダーの手垢にも効果的です。クエン酸水は壁や床に吹きかけて雑巾でふき取ります。殺菌効果があるので衛生面もバッチリ!

頑固な便器の縁裏の汚れには、重曹水をしみ込ませたトイレットペーパーを汚れに貼り付け、乾かないようにラップでパック。1時間ほど置いて固めのスポンジでこすり落とします。

便器の中の水が溜まった縁の黒い輪になった汚れには、重曹の粉1カップを振りかけ、その上にクエン酸小さじ2を振りかけます。発泡し始めるので、20~30分後にブラシでこすって黒ずみを落としましょう。

重曹は消臭効果も高いので、消臭剤としてトイレに置いてみましょう。瓶などに粉のまま入れ、こぼれないようにガーゼや不織布でふたをします。自分の好きなアロマオイルを数滴たらしても良いですね。

湿気で固まりやすいので、かき混ぜて効果を持続させます。効果がなくなればトイレのタンクの中にドボンと入れます。そうするとトイレの水を流す度に重曹水が流れ、便器内の汚れを防いでくれます。こうするとムダがないですね!

まとめ

流しの蛇口

いかがだったでしょうか?重曹とクエン酸のダブル使いで、汚れを中和して落とす。レンジ回り用、シンク用、トイレ用、消臭剤…色々な専用の洗剤が溢れていますが、重曹とクエン酸なら使い方次第でオールラウンドに活躍します!

粉のまま便器の中で発泡させると、排水口だけでなくトイレのつまりまで解消されたそうです。

合成洗剤や界面活性剤を含まないので体には安全ですが、スプレーをするときに顔を近づけすぎると吸い込むことがあります。クエン酸を吸い込むと刺激を感じることがあるので、壁などにたくさんスプレーする時はマスクをするなどして吸い込みを防いだ方が良いでしょう。

これで汚れ、つまり、悪臭について解決できそうですね。すっきりお掃除ができると心も晴れやかです。きっとよい運気がめぐってくるのではないでしょうか。そして運気を停滞させないためにも、普段からこまめな掃除を心がけたいですね!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.