生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

七草粥はいつ食べる?春の七草の種類と意味について

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

新年を迎えて毎日ごちそうを食べ、胃がもたれてきた頃の1月7日に、日本では七草粥を食べる習慣があります。スーパーには乾燥させた七草や、生の七草などが売られており、今や1人暮らしでも手軽に七草粥を食べることが出来るようになりました。

昔親からは、『無病息災を願って食べる』のだから、きちんと食べないといけないと教わりました。

子供のころは、味気もなく、緑色の葉っぱが入っていて、好ましいものではありませんでしたが、自分も人の親になって初めて、『きちんと風習は残していかなければならないんだな』と感じ、子供たちに文句を言われながらも1月7日には七草粥を作っています。

しかしいざ、子供に由来を聞かれたときにはっきり答えられず、どもってしまいます。

七草粥の由来や種類を知って、子供たちに説明したいと思います。

 

七草粥の由来、いつ食べるものなのか

七草粥の日の1月7日は、お正月の延長のように感じていましたが、

実は『人日の節句』と言われる行事で五節句の一つです。

五節句とは江戸幕府が定めた式日で、

1月7日が人日

3月3日が上巳

5月5日が端午

7月7日が七夕

9月9日が重陽 と言います。

人日とは文字通り『人の日』と言う意味で、古代中国の前漢時代の占いです。

元日は鶏、2日は狗、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人の日としてそれぞれ占いを立てていました。

それぞれの日に当てはまる動物を殺さない日として設定されており、1月7日は、人を殺さない日でした。

唐の時代には1月7日に七種菜羹(ななしゅさいのかん)と呼ばれる汁ものを食べて、

無病息災や、立身出世を願ったといわれています。

日本には古代から『若菜つみ』という習慣があり、新春に若菜を食べると邪気を払って病気が退散する、と言われていました。

奈良時代に中国からの七種菜羹の風習が伝わり、日本にあった若菜つみの風習と合わさって、

1月7日に7種の若菜が入った温かいものを食べる、という習慣が定着したものと考えられています。

 

七草の種類

春の七草と呼ばれているものですが、どのような種類があるのでしょうか。

春の七草は、芹(せり)薺(なずな)御形(ごぎょう)繁縷(はこばら)仏の座(ほとけのざ)菘(すずな)蘿蔔(すずしろ)の七つです。

 

七草の意味

それぞれの7つの草に古くから伝わる効果があります。

古くから民間療法として使われているものもあります。

それぞれの意味は、

芹:ビタミンCやミネラル、哲也食物繊維が豊富に含まれており、食欲増進、解熱、整腸作用があります。

薺:カルシウム、鉄分、ビタミンが豊富で、解熱、利尿、降圧作用があります。

御形:咳を鎮める、痰を出しやすくする作用があり、風邪を予防すると言われています。

繁縷:タンパク質やミネラルが含まれており、整腸、利尿作用があります。

   口臭を予防するといわれています。

仏の座:整胃効果、解熱、降圧作用があるといわれています。

古くから民間療法に多く使われています。

菘:カルシウムが豊富に含まれており、骨量低下の予防になると言われています。。

  アミラーゼや、ジアスターゼが豊富で消化を助ける作用があります。

蘿蔔:アミラーゼが多く含まれており、整腸、整胃作用があると言われています。

 

七草粥の作り方

今はスーパーでドライタイプも売っており、簡単に調理できますが、

生のパックに入っている七草は調理が難しいのでしょうか。 

生の七草でも調理の仕方はほかの野菜と変わらず、

良く洗って、細かく刻んで調理します。

菘や蘿蔔(すずしろ)の実は、皮ごとでもいいもで食べやすい大きさに切ってから薄切りにして、茹でておきます。

葉っぱはさっと洗い、沸騰した湯に入れ、軽く茹でます。

ざる揚げしたら冷水にくぐらせ、冷めたら軽く絞って刻んでおきます。

これで七草の下ごしらえは完了です。

ここでは、シンプルな七草粥の作り方から、子供も食べやすい七草粥まで、

いくつか調理方法をご紹介したいと思います。

 

シンプルな七草粥(2人分)

材料

米 1/3号(大さじ4)

水 500ml

春の七草

塩 一つまみ

 

  • 七草の下ごしらえをします。
  • 米を軽く研いでから水を切り、鍋に入れて水を加えます。

煮立つまでは中火、煮立ってきたら弱火にします。

煮立ったら、焦げ付きを防ぐためにしゃもじで底からかき混ぜます。

蓋を少しずらして置き、じっくり40分ほど炊きます。

  • おかゆ炊けたら、塩を一つまみ入れ、茹でておいた七草を入れよくかき混ぜます。

 

お米からじっくり炊くおかゆはもちろん甘みがあっておいしいですが、

日々の生活も忙しいので、私は炊飯器を使っています。

 

炊飯器で七草粥を作る場合(2人分)

材料

米 0.5号

水 炊飯器のおかゆモードの線に合わせた量

七草

塩 一つまみ

 

  • 下ごしらえとして、お米を洗い、水に30分以上つけておく
  • 七草の下ごしらえはしておきましょう
  • 炊飯器に①とおかゆモードの線まで水を入れ、スイッチを入れます。
  • 炊けたら②の七草をいれ、塩を入れ混ぜます。

とても簡単にできます。

お米は朝に洗って水につけておけば、夕方すぐに取り掛かることができますし、

七草も生タイプではなく、ドライパックならば下ごしらえも不要です。

 

次に子供が食べやすい味付けにした七草粥の作り方をご紹介します。

 

子供に人気の七草粥の作り方(2人分)

材料 

米0.5号

水 炊飯器のおかゆモードの線まで

鶏ガラスープの素 小さじ1

醤油 小さじ1/2

ごま油 適量

七草

 

  • お米は洗って水に30分以上つけておきます。
  • 七草の下ごしらえはしておきます。
  • 炊飯器に洗ったお米と、おかゆの線まで水を入れ、鶏がらスープの素と、しょうゆを入れ炊飯ボタンを押します。
  • おかゆが炊けたら、七草とごま油を回し入れ、軽く混ぜます。

これは中華味で食べやすいようで、とてもよく食べます。

炊けたときに溶き卵を回し入れ、しばらく炊飯器のふたを閉めておくと、卵も半熟になって、中華味の卵粥になり、過ごし豪勢に感じます。

 

最後に

七草粥は、日本と中国の風習が合わさって今の形に定着しています。

しかし、昔から『無病息災』を願う意味は変わっていません。

お正月にごちそうをふんだんに食べた胃を休める意味でもあります。

七草粥は食べにくいからと、七草でパスタにしたりすることもあるようですが、

古来からの意味では七草の温かいお椀もの(汁物)を食べるという意味なので

このような日本の昔からの風習を、意味と共に子供にしっかり伝承することは、日本に住んでいるうえでは大切なことなんだと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.