生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

お盆に墓参りするのはなぜ?お墓にはこんな意味があった!

 
墓地遠景
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

お盆はお墓参りに行くという風習が一般的です。

住んでいる自宅とお墓が遠いため、お盆だからと言っても毎年帰れない人や、お盆の長期休みを利用して旅行にいく人もいます。するかしないかは別として、だいたいの人の認識はお盆とお墓参りはセットになっていると思います。

 

普段は離れて住んでいる家族や親せきが集まって近況の報告などのコミュニケーションをとる場になっていることも多いですよね。久しぶりに集まり、故人の思い出話をすることも。

そんな親戚間で、考えることなく当たり前のお盆の行事としてのお墓参り。

そこで敢えての質問です。お盆はどうしてお墓参りをするのでしょう?

 

お盆に墓参りをするのは先祖の霊が戻ってくるから?どこへ戻るの?

お墓の線香立て

 

ご先祖様の霊が私たちの住んでいるこの世(現世)に戻ってくる時期がお盆です。

1年に1度、お盆の間を一緒に過ごして供養をします。お盆の時期は地域によって違い、新暦の7月15日前後と旧暦の8月15日前後とに分かれます。全国的には8月13日から4日間を指すことが多いようです。

 

お盆の正式な名称は盂蘭盆会(うらぼんえ)や盂蘭盆(うらぼん)と言いますが、これはサンスクリット語のお経の名前に由来すると言われています。

 

8月13日はご先祖様が迷わず来られるように、目印の意味で迎え火を焚きます。お迎えをし、お供えをして16日に送り火を焚き、またあの世へお送りします。地域や宗派によって実に様々な特色がありますが、それぞれご先祖様の霊を供養するための行事です。

 

ところで、お盆の間は家にご先祖様の霊がいるのならお墓は空っぽなのでは?なぜこの時期にわざわざお墓参りをするのでしょう?

 

お盆の時期のお墓参りに意味があった!その役割とマナー

 

ご先祖様の霊があの世(浄土)からまずはお墓に戻るそうです。お墓はご先祖様の霊にとって、いわばこの世の玄関のようなものです。そして戻ってきた霊を迎えに行くためにお墓参りをするのです。そして一緒に自宅で過ごし供養したのちに、お墓に送りに行き浄土まで無事に帰れるようにお祈りします。

 

ですので、まずお迎えのためにお盆の入りにお墓参りに行き、一緒に過ごしたのちの盆明けにご先祖様の霊を浄土にお送りするためにもう一度お墓参りをするのです。お盆の時期は正式には二度お墓参りをするのです。

 

遠方に住んでいたりお仕事の都合が合わなかったりと、一度だけでもなかなかできないのに、短期間に二度のお墓参りは難しいですよね。その場合はどのようにすればいいのでしょう?

 

先ほどもご紹介しましたが、お盆の風習は地域や宗派によって様々な形があります。全てができないのならコレだけ押さえておけば大丈夫!ということ言えません。自分たちの育った地域の風習をよく知っておくことが大切です。

 

まずはお墓参りだけでもしてみてはどうでしょうか。それも難しければ自宅でお供えだけでもしてみるのも良いでしょう。一番大事なのは、お盆の意味を知り、ご先祖様に感謝をして供養をする気持ちが大切です。

 

そこで、ひとまずお墓参りだけでもするとしたら、いつ、どのような服装ですればいいのでしょう?

一般的に夜間のお墓参りは避けましょう。夕方から夜間は「逢魔が時」などと言い、お墓参りには向きません。服装は喪服でなくとも大丈夫です。ごく普通の外出着であれば良いでしょう。

 

お花とお供え、線香を用意し、それぞれお供えをして手を合わせたらお供えは持って帰るかその場で頂きましょう。カラスや犬、猫の被害を防ぎます。

 

お盆の風習のいろいろ 地域によってこんなにも違う!?

 

ここでいろいろな地域のお盆の風習をご紹介します!観光や地域活性の色が強いものも多く、これが同じ先祖の霊を供養する気持ちから生まれたものかと驚きますよ。

 

  • 盆踊り…誰もが知っている徳島の「阿波踊り」。食べ物以外の徳島の名物と言えばコレですね!一方、広島県のとある町では、新盆迎えた故人の遺影を遺族が背負って盆踊りを踊るそうです。珍しい盆踊りですが、確かにしっかりと供養していますね!
  • 精霊流し…いわずと知れた長崎県の風物詩です。精霊船にお供え物を乗せて海へ流す風習は、とても雰囲気があり印象的ですね。そしてその船を花火や爆竹で送るのだそうです。その音は耳栓が必要なほどだそう!
  • お金を燃やす!?…沖縄県ではお盆の時期にご先祖様があの世で使うためにお金を燃やすそうです!お金と言っても本物ではなく「ウチカビ」と呼ばれるあの世のお金。たくさん燃やせば燃やすほどご先祖様があの世で使えるそうです…。

 

所が変わればこんなふうにご先祖様を思う気持ちがいろいろと形を変えるものですね!

 

お盆に墓参りをする理由のまとめ

お墓参りをする女の子

 

簡単ですが、お盆の意味や本来の供養の仕方を説明してみました。

 

地域や歴史によって色々なお盆の特色がありました。より観光に特化したものや地域色の強いものなどもあり、これが正しいというものではありませんね。それは同じ地域でも家々によっても違うものかもしれません。

 

いろいろなご先祖様の祭り方があるのですが、どれもご先祖様を偲び敬う気持ちの現れです。ただ、忙しい現代人にとって昔ながらのお盆の過ごし方は難しいものがありますね。

 

それなら、離れていても自分たちのご先祖様に思いを馳せ、心の中で日々元気に過ごしていることの感謝を伝えて手を合わす、そんなタイミングにしてもいいと思います。

お盆の意味を理解し、ご先祖様を供養する気持ちが大切です。

今自分があるのはご先祖様があるからということを思い出す良い機会にしてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:

お盆休みはいつからいつまで?お盆のアレコレ調査しました

お彼岸でお布施はどうしてる?渡し方のマナーや常識は?

お盆玉はみんな迷惑?いつからどこで始まった習慣?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.