生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

お盆休みはいつからいつまで?お盆のアレコレ調査しました

 
お盆休み
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

会社勤めをしていると「お盆休み」がある企業が多いです。会社のカレンダーでなんとなくお盆休みをとっていますが本当のお盆休みはいつからいつまででしょう?

 

毎年なんとなく過ごしていた「お盆」。今年は日本の行事「お盆」を意識して過ごしてみませんか?

 

お盆の由来と意味

蓮の花

 

お盆とはご先祖様や亡くなった方を供養する期間のことです。お盆は古くその時代は奈良時代まで遡り、仏教用語で正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)や「盂蘭盆(うらぼん)」と言う名称です。

 

お盆にはご先祖様が浄土から地上に戻ってくると言われています。よく義母がお盆に「ご先祖様いらっしゃい」と言っているのはこのことだったと気づきました。

 

さらに詳しい由来はお釈迦様のお話に関連しています。

 

それは釈迦の弟子である目連(もくれん)は神通力(超人的な能力)で亡くなった母が地獄で逆さ吊りの刑にあっていることを知ります。何とか母を助けるためお釈迦様に教えてもらうと・・・

 

「旧暦の7月15日(今の8月中旬ごろ)に多くの高僧を心底供養すれば三途の苦しみから救えるでしょう。」

 

このように伝えたと言われています。その教えを目連は忠実に実践したところ母が無地往生できたというエピソードがあります。

 

お盆休みはいつからいつまで?

お盆、提灯

 

先ほどのお話のお経が日本に伝わり、お盆は地域によって違いますが

 

旧暦・・・7月13日から7月16日

新暦・・・8月13日から8月16日

 

の期間をお盆と言われていますが、全国的には新暦の8月にお盆の行事を行うことが多いようです。

 

お盆にまつわるアレコレ調査

精霊流し

 

  • 新盆(初盆)について

故人の四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆を新盆または初盆といい普段のお盆よりも手厚くもてなしをします。

 

私の母がなくなった時、姉と二人でお寺に新盆の相談に行った時、色々教えてもらったのですが白提灯を玄関や仏壇の前に飾っておくと故人が迷わず来れると言い伝えがあり「飾りのない白提灯を用意してください」と言われました。

白提灯を飾ることによりきっと亡き母も迷わず来れたことでしょう。

 

  • 迎え火と送り火

言葉として聞いたことがある「迎え火・送り火」。  

迎え火は先祖の魂が現世に帰ってくるときの目印になります。

 

我が家の隣のすぐ横に主人の実家がありお盆の行事は必ず行います。その時の迎え火の方法は・・・

 

13日の夕方に提灯、線香、お花、水を持って行きお墓に行きます。

お墓に水や花、線香をあげ提灯のろうそくに火をつけます。

提灯のろうそくの火が消えないようにお墓から仏壇まで持って行き仏壇に火を灯します。

そして仏壇にもお線香をあげて「お盆様いらっしゃい」と拝みます。

 

こんな方法でお盆様を迎い入れています。3つの提灯を使っていて子供が持つ提灯の火はどうしても途中で消えがちですがご愛敬ということでお先祖様には謝罪しています。

 

では送り火はお盆の期間に一緒に過ごした先祖の魂を送り出すものです。大体15日か16日の所が多いですが、我が家では16日に行っています。

ご先祖様が無地に帰れることをお祈りするわけです。

 

我が家では藁に火をつけ煙に乗ってご先祖様がお帰りになるのを見送っています。

 

そういえば、お盆の期間に仏壇になすときゅうりに割りばしを足のように見立てておいてあるのを見たことがありませんか?

これはご先祖様が行き来するための乗り物としての意味があるそうです。

 

きゅうりは足の速い馬に見た立ててご先祖様が早く帰ってきてくださるように迎え火の時におきます。なすは送り火の際はご先祖様に少しでも長く一緒に過ごすために牛に見立ててなすの乗り物で帰ってもらう意味だそうです。

 

  • 盆踊りについて

夏休みに地域によっては盆踊りをするイベントとして行われることもあると思います。しかし本来の盆踊りは宗教行事の1つです。

 

盆踊りとはお盆に帰ってきたご先祖の霊たちを迎え送るための念仏踊りとして始まった宗教行事で、祖先の思いを馳せ供養するための踊りです。

 

ところで日本の三大盆踊りって知っていますか?

秋田の「西馬音内の盆踊り」

岐阜の「郡上踊り」

徳島の「阿波踊り」

です。徳島の阿波踊りは全国的に有名ですね。

 

  • お盆とお彼岸はどう違う?

今までなんとなく過ごしていた「お盆」と「お彼岸」。

「お盆」については先ほど詳しくお伝えしましたが、「お彼岸」というのはどういうものなのか比較してみます。

 

お盆は年1回に対しお彼岸は年2回 春と秋にあります。

春の彼岸・・・春分の日を中日とした前後3日の7日間

秋の彼岸・・・秋分の日を中日とした前後3日の7日間

 

それとお盆ではご先祖様は家に帰ってきますが、お彼岸ではご先祖様は帰ってきません。

そもそもお彼岸は、彼岸(ひがん)と書きますが向こう岸と言った意味でこの世の反対側で

「迷いない悟りを開いた世界」と仏教では言うそうです。

 

そして春分、秋分の日は理科の授業で習いましたが太陽が真西に沈みますよね。この彼岸の日は西方浄土に近づける日とされています。

 

そこで自分自身の修行として善い行いして、ご先祖様に感謝する期間であるとされています。

 

ということで・・・

お盆・・・ご先祖様は供養する日

お彼岸・・・ご先祖様に感謝して供養しさらに西方浄土にいくために修行する

 

これがお盆とお彼岸の違いになります。

 

まとめ

お盆休み

 

正式なお盆休みはいつからいつまでかお分かりになりましたか?そういえば2019年のカレンダーを見たら8月の10日は土曜日、11日は山の日、そして12日は振替休日。13日から16日はお盆休みで17日は土曜日となんと9連休の企業があるようです。

 

あまりお休みが長いと正式な「お盆休み」が分かりづらくなりますね。でも「お盆」を意識して過ごせば、ご先祖様をしっかり供養でき、有意義に過ごせます。

 

お盆の意味や由来を知ることで、ご先祖様が私達の暮らしに少し身近な存在になった気がします。

 

関連記事:

お盆に墓参りするのはなぜ?お墓にはこんな意味があった!

お彼岸でお布施はどうしてる?渡し方のマナーや常識は?

お盆玉はみんな迷惑?いつからどこで始まった習慣?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.