生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

お盆玉はみんな迷惑?いつからどこで始まった習慣?

 
ご祝儀袋
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

「お盆玉」と言う言葉を数年前から聞くようになりました。

初めて聞いた時、いったいなんだろう?先祖供養の中の何かなのか?と思いました。

 

これ、お盆の時期のお小遣いということで、お年玉のお盆バージョンだったのですね。この言葉のセンスの問題は置いておいて、誰が何のためにいつから作った習慣なのでしょう?

 

また、この新風習について世の中の人はどのように受け止めているのでしょうか?

 

お盆玉の由来と発生の経緯とは 世の中にどのくらい浸透してる?

精霊馬

 

おじいちゃんおばあちゃんが年に数回しか会えない孫に、お盆のタイミングでお小遣いをあげているご家庭もあったと思います。

それを殊更に外に向けて「これだけ孫にあげた」だの「お盆のお小遣い合計いくらだった」だの言わないから表面化しにくかったのではないでしょうか。

 

もともとの発祥は、江戸時代に山形県の一部地域で行われていた風習ですが、里帰りする奉公人へ奉公先から衣類や下駄を渡していたものです。

2010年とある文具メーカーさんがそんなお盆のコミュニケーション用に「お盆玉」と銘打って夏仕様のポチ袋を売り出したのです。さらに2014年に日本郵便がポチ袋を販売したところ、全国的に広がっていきました。テレビなどのメディアにも取り上げられ、世の中に情報の広がりを見せています。

 

とは言え、まだまだ全国的にお盆玉文化が定着しているかと言えばそうでもないのが実情です。

 

お盆玉を迷惑と感じている人たちとその理由

 

新しい風習が根付くにはそれなりの理由がありますよね。根付かないとすれば、それに対して反対意見もあるから。それはどのような意見でしょう?

 

【渡す側】経済的負担

 

お正月だけでもお年玉のために万単位の出費があるのに、このうえお盆にも…!祖父母に子や孫から渡すこともあるようですが、一般的には祖父母や親世代から子供たちへ渡すもの。おじいちゃんおばあちゃんからすると、久しぶりに会える孫にぜひ渡したいという思いもあるのでしょうが、親世代はまだまだ住宅ローンや教育費など家計の経費はかかるばかりで、できればこれ以上の出費は避けたいですよね。


【もらう側】気を遣ってしまう、有難迷惑

 

家族で義実家に帰省した際に義両親や義兄弟から子供へいただくとなると、帰省のもてなしだけでも気遣いをさせて申し訳ないのに、いたたまれなくなる…という思いです。まじめで気遣いをかかさない人ほど、このようなもてなしにストレスを感じてしまうようです。

 

【もらう側】子供の教育上の問題

 

もらう子供は嬉しいでしょうが、中にはおじいちゃんおばあちゃんとのつながりを金銭面だけのメリットととらえてしまう子供がいるのも事実です。お金の価値を教えるためにも、会うだけでお金をもらえる仕組みを考え直したい時がありますよね。

 

お盆玉の年齢別相場とは

お盆玉

 

ここでお盆玉の金額の相場を年齢別に調べてみました。お年玉ほど一般的ではないので、実際はかなり幅があると思います。

お盆玉を渡すかどうかは別として、いざという時のために知識として持っておくのもアリですよね。

 

年齢

金額

~小学生

1,000円

小学生

1,000~3,000円

中学生

3,000~5,000円

高校生

5,000~10,000円

 

お年玉より少し少ないとは言われていますが…ほぼ変わらないと思うのは私だけでしょうか!?確かにこれが年2回あると思えば、経済的に苦しいですよねぇ。

そしてお盆はお小遣いではなく、おもちゃや本などをプレゼントするという意見もありました。

 

お盆玉という新しい風習にどう対応すればいい?

 

自分たちはお盆玉を渡すつもりはなかったけど、実家や兄弟間の考え方に合わさないといけない場合もありますよね。また、子供の友達の中にもらっている子供が増えてくることも考えられます。

そんな時はどの様なスタンスでいればいいのでしょう?みなさんはどの様に対応しているのでしょうか。

 

自分の実家ではお盆玉の習慣は無かったけど、結婚した相手の実家でその習慣があった場合は、やはり従うべきかな、と思います。

 

お盆玉をいただいたら、子供には「もらえることは当たり前ではない」「感謝の気持ちを持つ」ことをしっかり伝えましょう。いただいた相手にはちょっと豪華な手土産をあらかじめ用意していく気遣いも必要です。

 

親戚間でのお盆玉のやりとりは、あらかじめ親同志で相談できるとベストですね!できない間柄なら先ほどの相場を参考に、子供の人数が多い場合は相場より少なくてもいいと思います。

 

子供の友達がみんなお盆玉をもらっているからといって、自分の子供にお盆玉としてお小遣いを渡すのは、個人的には必要ないかと思います。そもそもお盆玉がどういう意味合いのものか、子供と一緒に考えてみるのもお金の大切さを学ぶ機会になるかもしれませんね。

 

お盆玉についてのまとめ

お盆の提灯

お盆玉について調べてみると、あげる側のマイナスイメージが強い印象でした。

確かに独身の立場からすると、子供はもちろん結婚もしていないのに甥や姪にあげなければいけないとなると、なんで出費ばかり増える文化を新しく作るの!?と思うのも当然ですね。

 

しかも自分が子供の時代には無かったし。マイナスしかない!という思いです。

だから、嫌なら無理してあげるものではないと思います。渡す側ももらう側も笑顔になれる状況で行えばいいのです。

もともとお盆にお小遣いを渡していたご家庭では、お盆玉ならではのかわいいポチ袋に入れて渡すとスマートに渡せますよね。

 

そしてお年玉もそうですが、もしお盆玉の風習を受け入れるのなら、大人と子供が一緒にお金の大切さやいただいた人の気持ちを考える機会にすればいいと思います。

 

大し義実家がむやみにおもちゃや金銭と子供に与えるのなら、義実家に物申すのではなく、一旦両親が預かり子供と相談しながら計画的に利用するようにしましょう。

おじいちゃんおばあちゃんはお小遣いを渡すことが生きがいになっていることもあります。その心を否定することなく、受け入れながらご家庭で上手にコントロールしましょう。

 

大きなお金が動く風習です。他人の目を気にして迷うのではなく、我が家のモノサシを持って対応してください。子供の考え方も大人のブレない考え方で決まります。新しい風習にも冷静な目をもって対応したいですね。

 

関連記事:

お彼岸でお布施はどうしてる?渡し方のマナーや常識は?

お盆休みはいつからいつまで?お盆のアレコレ調査しました

お盆に墓参りするのはなぜ?お墓にはこんな意味があった!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.