生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

お風呂扉のレール掃除はこの方法がベスト!メンテナンス付きでご紹介

 
お風呂場
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

お風呂の扉のレール、どうやって掃除していますか?

知らない間になんだかよく分からない汚れが溜まっていきますよね。毎日またいでお風呂に入るけど、つい見て見ぬふりをしていませんか?

 

あの黒く固まった汚れ!勇気を出してキレイに取り除いてみましょう!一度キレイにしてしまえば、その状態を簡単にキープする方法も合わせてご紹介します。

自分の体を清潔にしたり疲れを取ったりしてくれるお風呂。キレイになったお風呂はきっと更に体をほぐし、癒してくれることでしょう。

 

お風呂のドアの洗いにくい溝はどうやって掃除する?便利なグッズはある?

バスルーム天井

 

毎日洗う浴槽の中と違って、お風呂のドアやその下のレールはつい見逃しがちになりますよね。浴槽の中は目が届くのでカビが生えていることはないと思いますが、ドア下のレールやドアの通気口は汚れが溜まりやすくなります。

空気がよく出入りするところなので、埃や髪の毛、繊維クズなどが湿気と一緒になって、ついでに石鹸カスも合わさり固まってカビの温床に…。よくわからないけど、なんだか黒い汚れはこんな感じで出来上がっていきます。

今回は100均でよく売っているサッシのレール用のブラシは使わず、細かいところまで届く使い古しの歯ブラシで細かく掃除していきましょう。

 

*今回使う掃除グッズ*

 

  • 使い古した歯ブラシ、綿棒、つまようじ、スポンジ
  • 重曹水(重曹小さじ1、水100ml)
  • 食器用漂白剤(カビや汚れがひどい場合)
  • パイプ用洗剤
  • キッチンペーパー
  • ウエス
  • 食品用ラップ

 

そのほか手袋や臭いに敏感な方はマスクなどを準備しておくと安心です。

 

●歯ブラシと綿棒でザっと汚れを取る

 

扉の下のレールが軽い汚れなら重曹水をスプレーし15分ほど放置した後、歯ブラシでこすり落とします。黒いヘドロのような汚れが溜まっているようなら、先にウエスである程度ふき取っておきましょう。レールの隅は綿棒で残った汚れをこすり落とします。

もし頑固な黒カビが生えていたら、食器用漂白剤をかけ、キッチンペーパーをレールにかぶせて密着させます。更に上から食器用漂白剤をかけてラップでパックします。15~30分後に外し、水で流します。大体の汚れならこれで落ちます。

レールによっては取り外せるものもあるので、説明書に従って取り外して洗ってください。排水口があるレールもあります。つまっている場合でも綿棒を使ってもなかなか届かないので、市販のつまり用の洗剤を使ってつまりを溶かして流しましょう。ただし、臭いと衣類や肌への付着にはご注意ください…。

 

お風呂のドアカビ掃除が手ごわい!カビで黒く汚れたパッキンは蘇る?

 

お風呂のドアの両面は汚れの質が違います。脱衣場側は主に埃が湿気で固まったもの。湿気が多い場合はそこにカビが生えます。浴室側は石鹸カスや皮脂などの水垢とカビです。ドアのザラザラしたアクリル板は汚れが溜まりやすく、よく見ると黒カビが発生していることも!

 

●脱衣場側を掃除する

 

比較的汚れが軽い脱衣場側は、パッキンやドアのつなぎ目についた埃を綿棒や乾いたウエスでふき取ります。

固まっている場合は重曹水を吹きかけて15分ほど放置した後、歯ブラシでこすり落とします。

浴室側にドアが開く場合はシャワーで流します。無理なら、ウエスを水で濡らし、重曹水と汚れをふき取りましょう。

 

●浴室側のパッキンの汚れを集中パック

 

年に1、2回しか掃除しない場合は、ほぼ黒カビがしっかりついているでしょう。しっかり汚れを落としたい場合は、まずウエスでドロドロした黒い汚れをできるだけふき取ります。

その後、食器用漂白剤をかけキッチンペーパーとラップでパックします。15分放置でパックを外し、歯ブラシでこすり落とします。パッキンの角の届きにくい場所はつまようじで掻き出してください。

汚れが落ちたら自分にかからないようにシャワーで洗い流します。

 

●ドアのアクリル板の汚れを取る

 

アクリル板の汚れが軽ければ重曹スプレーを吹きかけ、キッチンペーパーとラップでパックし30分後にスポンジでこすれば簡単に落ちます。

汚れがひどく、黒カビが発生している個所は別容器に取り分けた食器用漂白剤をブラシなどで塗り、キッチンペーパーとラップで15分パック。はがして歯ブラシでこすり、シャワーで洗い流せばキレイにおちます。

 

終わりに お風呂のドアを清潔に保つには

新しいバスルーム

 

カビの発生しやすい梅雨の時期や一年を締めくくる大掃除は普段目が行き届かないところが気になります。

お風呂のドアのレールを外すことなんて、普段のお手入れではなかなかできないので、これを機に一度チャレンジしてみてください。見えないところもキレイになり、達成感がハンパないですよ!

 

今回のお掃除は黒カビが気になる箇所だったので、食器用漂白剤を使って経済的に抑えつつ、効果の早い方法をご紹介しました。

これで一度黒カビを撃退した後は、毎日のお掃除に重曹やクエン酸を使ってカビの発生を抑える方法に切り替えればいいのかな~と思っています。重い腰を上げてピカピカにしたのだから、これからはいかにキープしていくかですよね!

 

カビを発生させない大事な条件はやっぱり乾燥です!

お風呂を出る時にシャワーでキチンと泡や皮脂を流し、使い終わったバスタオルで壁と床の水分を拭き取るだけでカビの発生は抑えられます。

その後換気扇を一定時間かけると良いのですが、浴室乾燥機能があれば換気より乾燥をお勧めします。

カビの栄養源を断ち、しっかりと湿気を取って毎日の入浴を快適にしましょう!

 

関連記事:

風呂掃除はカビとの闘いがメインテーマ、その決定版撃退法!

風呂掃除を簡単に!ちょっとしたコツでキレイをキープ

お風呂掃除、毎日どこまでやりますか?時短できるお掃除テク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.