生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

おひなまきのデメリット。噂される危険性とその解消法とは

 
おくるみ、新生児
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

新生児をおくるみでしっかり巻く「おひなまき」を知っていますか?

赤ちゃんの手足を固定して丸くなるように巻くと、寝つきの悪かった子でもすんなり寝てくれると言います。

 

おひなまきをすることで赤ちゃんのお世話が楽になったという声がある反面、その危険性を指摘する声があることも事実です。

 

赤ちゃんの寝かしつけに困っている家庭では取り入れてみたいところですが、なぜ危険と言われているか、デメリットをしっかり知った上で考えてみたいですよね。

 

 

『おひなまき』が危険と言われる理由とは?

おひなまき、赤ちゃん

 

医療関係者の中にはおひなまきをすることによって「先天性股関節脱臼」や「乳幼児突然死症候群」のリスクが高まるとの声もあります。

どのような状態からこのリスクを引き起こしてしまうのでしょう?

 

  • 先天性股関節脱臼

おひなまきは赤ちゃんがお腹の中にいたときと近い丸まった姿勢にするため、おくるみできつく体を巻いていきます。そのため股関節にも負担がかかり、おひなまきをしない赤ちゃんより先天性股関脱臼のリスクが高くなります。

 

  • 乳幼児突然死症候群(SIDS)

乳幼児突然死症候群(SIDS)は前触れなく、眠っている間に突然死する病気のことです。この原因は特定されておらず、医学的にはっきり解明されていません。

今でもたくさんの研究がされていますが、最近の研究の中で赤ちゃんの体温が上がり過ぎると眠りも深くなり過ぎ、目が覚めにくくなることが分かってきました。

赤ちゃんはまだ体温調節機能が発達していません。赤ちゃんは手足から高くなり過ぎた体の熱を放出することで体温調節を行いますが、おくるみでくるむことにより手足からの調節ができなくなります。

 

『おひなまき』をするならこの方法で!巻き方の注意点

 

紹介したようなリスクが指摘されているのは確かなのですが、リスクを少なからず抑える方法もあります。

 

  • 足の形をM字型(またはあぐら)にする

赤ちゃんの自然な足の形はM字型です。お腹の中にいる時の形状も同じなので、それに近い形でくるむようにします。

 

  • 手をおくるみの外に出す

先ほど紹介したように、赤ちゃんはまだまだ体温の調節機能は未熟です。体温の調節を行うための手足を完全におくるみでくるんでしまうと、調節が全くできなくなってしまいます。

姿勢を丸い形に整えるためには、足はくるまないと仕方ありませんが、必ず手は出してくるむようにしましょう。

 

  • 長時間くるんだままにしない

股関節への負担も体温の上がりすぎもどちらも防ぐために、長時間おひなまきの状態のままにしないようにしましょう。

足の形に気をつけてくるんだとしても、おひなまきをすること自体が股関節に負担をかけてしまいます。股関節のためにも体温の上がり過ぎを防ぐためにも、赤ちゃんが寝ついたらおくるみを外して寝かせましょう。

 

  • おくるみの素材を通気性の良いものにする

タオルを使ってくるむ方もいるそうですが、夏場だとやはり赤ちゃんの体温が上がり過ぎることも。おくるみの素材は綿100%のダブルガーゼや麻素材などの熱がこもりにくいものを選ぶと良いでしょう。

 

  • 室温に気をつける

赤ちゃんは大人より体温が高めです。おくるみの素材に気を配ると同時に、部屋の湿度や温度もエアコンなどでこまめに調整しましょう。

 

  • 目を離さないようにする

おひなまきのまま別室で長時間放置するなどのことがないようにしましょう。何かの拍子に寝返りをしてしまった場合、そのまま体制を元に戻せず窒息してしまう可能性があります。寝返りをし始める4~6か月ごろの赤ちゃんへの使用は特に注意し、そのような事故を防ぐために必ず目を離さないようにしましょう。

 

『おひなまき』のデメリットと解消法についてのまとめ

寝ている赤ちゃん

 

出産と育児でママの体が疲れ切っている中、赤ちゃんが思うように寝てくれないとなると、精神面も悲鳴を上げてしまいますよね。

寝かしつけようとして抱っこで揺らし、うとうとしてきたのでお布団に置いたとたん、泣き出してしまうこともよくあります。ママ泣かせの「背中スイッチ」と言われる状態ですよね。やっと寝ついても、小さな物音やモロー反射ですぐ起きてしまうことも。

赤ちゃんがぐっすり眠ってくれるのなら、すぐにでもおひなまきを試してみたいところ。ですが、まずその心配されるリスクを理解し、誤った使い方をしないようにしましょう。

 

デメリットと注意事項のおさらいです。

 

  • 先天性股関節脱臼のリスク

足を不自然な形で固定し続けることで股関節を圧迫し、おこる可能性があると言われる。足の形をM字型またはあぐらの状態でくるむようにし、なおかつ長時間おひなまきのままにしないようにする。

 

  • 乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスク

くるむ時は必ず手を出すようにして、体温調節ができるようにする。また、おくるみの素材を通気性が良く熱がこもりにくいものにする。室温にも注意し、温湿度計でこまめにチェックする。

頭の不自然な向きや寝返りに注意し、おひなまきをしている間は目を離さないようにする。寝返りをしはじめる可能性がある4~6か月の頃は特に注意する。

 

以上のことから長時間おひなまきのままにせず、寝ついたらおくるみをはずして寝かせることが安全。

 

リスクは知っていても、年子や双子育児でどうしても利用したくなる場合もあると思います。どちらのリスクも回避できるように、気をつけながら上手に育児に取り入れていってください。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.