生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

おからパウダーダイエットのやり方。効果的な方法とは。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

ダイエットって食べなければ痩せるけど、キレイに痩せるのは難しい!

痩せるためには単純に取り過ぎている摂取カロリーを減らすのが一般的ですよね。

それはどうすれば簡単にできるのか、そして忘れてはならないポイントが。キレイにダイエットできるのかということ。重要ですね!

食べる量を減らして体重が減らせても、お肌のハリつやが失われたり便秘がちになったりするのでは本末転倒です。

今回ご紹介するおからパウダーを使ったダイエットは、女性にぴったりのダイエットです。

おからが美容や健康に良いのはよく知られていますが、残念ながら日もちもせず手軽とは言いにくい食材です。

今回ご紹介するおからパウダーは、ハードルの高いおからをさらさらに乾燥させて扱いやすくした食材です。女性にうれしい成分を手軽に毎日摂取でき、ダイエットを成功させることができるのです。

それでは早速おからパウダーを使ったすばらしいダイエット効果と効果的な方法をご紹介していきます!

 

おからパウダーでなぜ痩せるか その成分と理由とは?

 

おからパウダーがどれだけダイエットに適した食材なのか、含まれた成分と共にご紹介します。

まず、おからパウダーとは大豆から豆乳を絞って残ったものです。大変食物繊維が豊富で、そして年齢と共に女性が必要とする成分が含まれています。

  • 腹持ちの良さで食欲をコントロール

豊富な食物繊維はお腹の中で水分を吸って膨らみ、ダイエットにつきものの空腹感を感じにくくさせます。

ダイエットは空腹感との闘いです。これを克服出来たらダイエット成功は約束されたも同然ですね!

そして食物繊維の大切な働きとして、糖の吸収を穏やかにして食後血糖値の急上昇を防ぎます。血糖値の穏やかな上昇は結果的に脂肪の蓄積を防いでくれます。

  • 生活習慣病と老化予防に効果

おからにはサポニンと言われる成分が含まれています。コレステロール値を下げ、活性酸素の働きを抑えるので老化や生活習慣病の予防に効果があります。そしてお通じを良くする効果があるので、食物繊維とダブルの効果で腸内の老廃物を排出する働きをします。

また、レシチンは不飽和脂肪酸の一つで血液中のコレステロール値を下げ、血管を健康に保ってくれます。そして脳の情報伝達にも重要な働きをするので、物忘れの防止にも効果があると言われます。

  • ダイエット中のたんぱく質補給

食事制限をする中で、減らしたくない栄養素としてたんぱく質が挙げられます。

たんぱく質は皮膚や筋肉など、体の元になる栄養素です。不足して筋肉量が落ちると代謝が悪く太りやすい体になってしまいます。

おからには豆腐や豆乳同様、たんぱく質が豊富に含まれています。ダイエットで健康的に痩せるために、たんぱく質は欠かせない栄養素なのです。

  • 女性ホルモンを補う

おからに含まれるイソフラボンは女性ホルモンの一つ、エストロゲンに似た働きをします。女性ホルモンが不足し、バランスが乱れる更年期障害にはこのイソフラボンの摂取が効果的と言われています。

女性ホルモンの不足により起こる骨粗しょう症や乳がん、メンタル面の不調などの諸症状に対して予防効果が期待できます。

 

おからパウダーをどれくらい食べればOK?毎日の食事に取り入れる簡単レシピ

 

おからパウダーのダイエット効果を期待するなら、1日50g程度を普段の食事に混ぜて摂取するようにしましょう。

毎日続けると効果が少しずつ現れるので、飽きずに摂取できるレシピをご紹介します。

 

  • おからのパンケーキ

甘さを生クリームやはちみつを添えてスイーツにしても良し、甘さを抑えて朝食にしても良し!

【材料/2、3人分】

・おからパウダー:20g ・豆乳:100g ・卵:2個 ・ラカント:大さじ2 ・塩:少々 ・ベーキングパウダー:小さじ1 ・オリーブオイル:適量

【作り方】

1.ボウルにオリーブオイルを除いた材料を全て入れ、ダマが無いようにしっかり混ぜ合わせます。

2.フライパンを中火で熱し一度濡れ布巾で冷ましてオリーブオイルを敷き、1.のタネを流しいれます。

3.フライパンを弱火にかけ、フタをして3分経ったらひっくり返して1分後に焼き上がり。焼き時間は様子を見ながら調整してください。

 

  • おからのそぼろあん

肉みそ的な作り置き料理です。たくさん作って冷凍しておけば、白いご飯にかけて温泉卵を添えてどんぶりにしたり、ジャージャー麺風に焼きそば麺に乗せても手早く美味しく食べられます。

【材料/2人分】

おからパウダー:30g ・鶏ひき肉:300g ・すりおろししょうが:大さじ1/2 ・酒:大さじ2 ・しょうゆ:大さじ2と1/2 みりん:大さじ3 ・砂糖:大さじ1 ・水:1と1/2カップ

【作り方】

1.炒め鍋におからパウダー以外の材料を入れ、中火で煮る。

2.おからパウダーを加え、汁気が無くなるまで煮詰めて完成。

 

おからパウダーダイエットについてのまとめ

 

このようにおからはクセもなく、どんな調味料とも合いやすい食材です。

生のおからではなく、乾燥したパウダーにすることで家庭に常備することも可能です。

ポテトサラダ風おからサラダではポテトの代わりにおからパウダーを使い、マヨネーズの代わりに豆乳と酢、塩こしょうで味付けをしていました。その他の具はオニオンスライス、魚肉ソーセージ、コーンなどお好みで加えてください。

ダイエッターとしてはついたくさん食べたくなるのですが、過剰摂取は避けましょう。

食物繊維の取り過ぎは必要な栄養素も排出してしまいます。

1日50gをキープしながら継続して美しくダイエットをしていってくださいね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.