生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

おみくじで大吉が出た!その後持って帰るのは大丈夫?

 
おみくじ大吉
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

お正月は初詣に行って参道の出店をのぞいてみたり、おみくじを引いたりするのが毎年の恒例行事です!今年はみごと!大吉が出ましたよ*^^*みなさんはおみくじを引きますか?

大吉が出たらうれしいですよね。まさに新年を占うわけですから、さい先がいいね!と気分がいいものです。

さてその大吉のおみくじについてですが、みなさんは持って帰りますか?それとも境内の木や柵にくくりつけて帰りますか?

どちらが正しいのか、神様からのお告げなので内容を見終わった後の失礼のない方法をご紹介します!

おみくじで大吉が出たら持って帰っていい?失礼のない取り扱いは?

結んだ大吉おみくじ

今年の出来事ですが、家の近所の神社でお参りの後おみくじを引こうと、棒(おみくじ)がいっぱい入った木の筒を振っていた時のこと。

先におみくじを引いていたおじさんが、なんと番号の書かれた棒を筒から抜いて持ち出していたのを見て、ここのおみくじは当てにならんな…と思い、もう一度日を改めて他の神社に行き、無事大安を引き当てたわけです。

先に引いたおみくじは末吉とかだったと思う(すでに覚えていない)ので、神社の境内にあるおみくじを結びつける棒に結んできましたが、後日引いた大吉はありがたかったので家に持ち帰りました。

はたしてこれ、神様に失礼の無い正しい行為だったのでしょうか??

おみくじは持って帰っていいのです!その意味と保管方法は?

おみくじとは元々、個人的な吉凶を占うものではなく、国のまつりごとの指針を決めるため、神様の意思を問う儀式でした。ですので、吉凶よりもおみくじに書いてある内容が大切なのです。

おみくじの形式は神社によって、ことこまかに項目ごとに占われていたり、詩のような具体的にくみ取りにくい文章のみが記載されていたりと様々なタイプがあります。

私の子供のころからの記憶では占いの結果が悪ければ木に結び付け、良ければ持ち帰るように覚えています。実はそれはどちらでも良いとされています。

先ほど「大切なのはその内容」と説明しましたが、おみくじに書いてある内容を心に刻み、今後の生活に活かすことができれば、例えそのおみくじが大吉でも持ち帰らず、境内の木(もしくは専用の場所)に結んでもいいのです。内容を覚えていれば紙のおみくじ自体は必要ないわけですね。

ちなみに神社の木や専用の場所に結ぶという行為は「神様とご縁を結ぶ」気持ちに通ずると言われています。

逆にもし凶だったとしても、おみくじの教えを時々見て忘れないようにしたいというのであれば持って帰っても大丈夫。

後は保管方法ですが、家に持ち帰った後に、神様からの言葉が記されたおみくじを失礼の無いように保管するには、

  • 包む

紙が汚れないように、何かで包むとよいでしょう。

  • 神棚に置く

家に神棚があればそこに置き、内容を確認したいときに見るようにしましょう。

  • 財布に入れる

身に着けて持ち歩くことが多い財布に入れておけば扱いも必然的丁寧になり、必要な時に取り出して見ることができます。ただし、他のお守りやおみくじと一緒に入れておくのはNGです。

このように丁寧に扱うようにしましょう。

おみくじの示す期間はどれくらい?1年?それとも?

結んでいるおみくじ

私自身は年に一度、初もうでの時しかおみくじを引きません。一年を占う気持ちで年初に引きます。おみくじの内容って、いつからいつまでの期間についてなんでしょう?

これについても決まりはありません。しかも年の初めだけに引くものでもないのです。年の初めは神社に詣でる方が多いので、必然的に毎年1回引くという人も多いでしょう。

何か迷っていることがある時や神様のメッセージが欲しいときに引けばいいそうです。

初詣の時に、このおみくじを一年の指針とする気持ちで引けば一年間心にとめておけばいいですし、試験やコンテストなどの為に引くのであれば、それまでの期間の過ごし方の参考にすればいいでしょう。

吉凶に一喜一憂するのではなく書かれている神様の言葉をいただき、今の自分に当てはめて読み解くことが大事です。

おみくじは持ち帰った後の処分はどうする?

おみくじの内容を十分に理解し、もう自分にはおみくじ自体は必要ないと思った時はどのように扱えばいいのでしょう?

ゴミ箱にポイッとするのは最もNGです。一番良いとされるのは、おみくじを引いた神社にお返しすることです。毎年お参りする神社が決まっていれば、次のお参りの時に昨年のお守りやお札と一緒に納札所に渡しましょう。

遠方の神社なので行く機会がなかなか無い場合は、郵送で「お炊き上げ希望」として送る方法もありますし、別の神社に結んできても大丈夫です。

家で処分する場合は、袋に入れて清めの塩を振り、お告げを授けていただいたという感謝の気持ちをもって捨てましょう。

おみくじの取り扱いについてのまとめ

結びつけるおみくじ
おみくじが大吉だから持ち帰るか結びつけて帰るか、ということについては「どちらでもよい」という結果でした。

書かれているお告げを大切にし、おみくじ自体を粗末に扱わなければいいのですね。

書かれている言葉は同じでも、おみくじを引いた時の状況や気持ちによってお告げの意味が変わってきます。次におみくじを引く機会には、ぜひ吉凶だけに振り回されず、書かれている言葉の意味をよく自分に照らしあわせて神様の意思を受け取るようにしてください。

受けとめ方を変えてみると、また新しいヒントがあるかもしれませんね!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.