生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

ワンルームで洗濯物を干す場所?女子にオススメの方法とは

 
かごに入った洗濯物
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

洗濯物、これは人が生活していく上で必ず出て来ます。毎日洗濯をしないにしても、2日や3日に一度は洗濯しますよね。洗濯をしたけど、干す場所がなくて困っている方も多いはず。

賃貸の1Fにお住いでベランダが無かったり、女性の場合防犯上外に干す事が難しかったり、ベランダがあったとしても日当たりが悪く全く乾かない・・・など様々な問題をお抱えの方々へ。ここではこのような環境にお住いで、洗濯を干す場所にお困りの方に、自分の経験を踏まえてオススメなグッズをご紹介していきます。

ワンルームで洗濯を干す場所

ベランダに干した洗濯物

ワンルームにお住いの方、洗濯物どこに干していますか。私自身、一人暮らしが長く、様々な物件に住んできました。ベランダが付いているお部屋もあれば、そうではないお部屋もあります。

まずお部屋を選ぶ段階からスタートします。着眼ポイントとして、お部屋の中に洗濯を干すポールのようなものが備え付けてあるか、を確認してください。

最近の物件ですと、1Fのお部屋にはベランダが無い代わりに室内に洗濯物が干せるポールが備え付けてあるお部屋をよく見ます。実際に私はそのようなお部屋を借りておりました。このポールは非常に重宝でした。1Fでベランダが無く外に干す事は出来ませんが、南向きで日中は日当たりも良く、1日で乾いてしまいました。外から洗濯物を干していることは見えませんし、昼夜関係なく洗濯物を干せる利点があります。加えて掛け布団も干す事ができる作りになっていたので助かりました。

次に浴室乾燥機がついているお部屋であれはそちらを使わない手はありません。

浴室乾燥機を使うことによってお風呂の中が乾燥し、カビが生えにくい、という利点があります。こちらも人目を気にせず洗濯物を好きな時間に干せますね。

もともと洗濯機に乾燥機能がついて入ればそちらを利用することもオススメです。特にタオルなどは本当にフカフカに仕上がりますので、そういった物をお洗濯した時は洗濯機の乾燥機能を使うことをお勧めします。

今ご紹介してきたポールや浴室乾燥機など、物件によってはどちらも備え付けていないお部屋もあります。そんなお部屋にお住いの方にオススメなグッズがあります。これはまさに今の寒い冬の時期に我が家では大活躍しているのですが、エアコンの風を利用して洗濯物を乾かしてしまう、というグッズがあるのをご存知でしょうか。

作りはとてもシンプルです。手順通りにポールを組み立て、壁とエアコンの間の細い隙間にエアコンの上から差し込みます。するとエアコンのすぐ下に物干し竿のような簡易な干すスペースが出来上がります。これで完成です。ここに洗濯を干します。設定温度にも寄りますが、4〜5時間程で乾いてしまいます。通常我が家ではお風呂の浴室乾燥機を使って乾かす事がほとんどですが、こちらは我が家ではこの時期重宝なのです。理由としてエアコンの風による室内の乾燥が防げること、が挙げられます。加えてエアコンの風を利用しているので、浴室乾燥機の電気代がかからず、お部屋も暖か、洗濯物も乾くといった一石二鳥を兼ね備えた代物です。同じ室内でもエアコンから遠いところで干していると乾きが遅いのですが、こちらはエアコンの真下で乾かすので、乾きが早く助かります。ただ、デメリットとして、あまりにも大量の洗濯物ですと、エアコンに負担がかかり、たまに軋む音が聞こえるのでそこには注意が必要です。

そんな我が家で大活躍のエアコンの風で乾かす洗濯物干しはホームセンターで見つけました。価格は¥1,200くらいで手に入れましたが、ネットで検索してしても見つかります。価格も安価ですし、エアコンのあるお部屋ですとどこでもお使いいただけるので、1つあるととても便利です。ぜひ探して見てください。

家計に嬉しい洗濯のポイント

洗濯機の中の洗濯物

ここで洗濯の知識をお教えしましょう。我が家では柔軟剤を使っていないのですが、柔軟剤は最後のすすぎの時に専用のポケットに入れるということご存知でしたか。洗濯で洗うお水はお風呂の残り湯の方が汚れが落ちやすいのです。お湯の方が洗剤が溶けやすいという性質があります。結果的に水も節約できて、

汚れもしっかり落ちるので家計に嬉しいですよね。あとは定期的に洗濯機自体を洗ってあげることも必要です。我が家では月に1度洗濯機をつけおきし丸洗いしております。洗濯の汚れを取ることで日々の洗濯の汚れの落ちが変わってくるような気がしております。あとは干す時にパンパンと叩きながら干すとシワも解消され次に着るとき、使うとき、気持ちよく身につけられます。

まとめ

子供服の部屋干し

いかがでしたか。洗濯に関する豆知識もお伝えしてきましたが、ちょっとしたアイデアで洗濯を干すスペースが作れたり、節水・節約できたりします。洗濯は特に消費電力が多いので、日々工夫して楽しんで洗濯すると家計も助かりますね。ぜひご自身のお住いの環境を確認して参考にして頂ければ、と思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.