生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

おせち料理の定番中身、それぞれの意味とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

おせち料理の歴史と意味

 

「おせち料理」というと、お正月に食べるもの。という、イメージがあると思いますが、実は、お正月以外にも食べられていたものなのです。

おせち料理の「おせち」を漢字で書くと、「御節」となります。つまり、一年の中にいくつかある、「節目」のタイミングで御祝膳として食べられていました。もともとは、中国で季節の「節」をお祝いするとい文化がこれらの始まりのようです。それが奈良時代あたりに日本に伝わり、季節の節目に宴を開く文化が浸透していきました。

最初は、いわゆる裕福層の方々のイベントのようでした。平安時代、朝廷の行事である「節会(せちえ)」というものが行われていました。神様にお供えし、その後、みんなで食事会を行う。その時に振舞われる料理こそが、『御節供(おせちく)』と言い、後の『おせち』へと発展していきました。

江戸時代になると町人たちの間でこの季節を祝う行事と、「おせち料理」を食べる風習が流行り始めたそうです。五節句にこの「おせち料理」を食べる風習が広まったのは、縁起物や、語呂合わせ等が好きな江戸の人たちならではの事ですね。

ちなみに、五節句とは、「元旦」一月一日、「ひな祭り」三月三日、「端午の節句」五月五日、「七夕」七月七日、「重陽」九月九日のことです。

今では、お正月に食べることが定着しています。そして、三が日はお台所にいる神様のためにも、火を使う料理をせずに、静かに過ごすという意味もこめられ、さらに主婦・主夫を家事からほんの少し解放させるという思いやりの意味もこめ、保存のきく料理となっているようです。

 

おせちの重箱

 

「おせち料理」といえば、種類が豊富で華やかのものです。そして、食材の色や名前にも縁起を担ぎ。料理一つひとつに意味を込めているのです。重箱に詰めるのも、『めでたさ、幸せがこれからも積み重なりますように』という願いが込められています。もちろん、重箱の数にも意味がこめられています。正式には、四段重ですが、「四」は縁起の悪い数字として、「与の重」と言われます。

 四段重の場合、一の重【祝い肴、口取り】、二の重【焼き物】、三の重【酢の物】、与の重【煮物】となり、三段重の場合は、一の重【祝い肴、口取り】、二の重【酢の物、焼き物】、三の重【煮物】となるようです。ちなみに、一段に詰める料理の品数は、5,7,9と吉数が、縁起が良いとされています。

 そして、それぞれの段に意味を込めて料理を詰めているのです。しきたりや、各地方によって詰め方は異なるようですが、今回は五段にて、代表的な意味と定番の中身をご説明します。

・一の重…【祝い肴】

いわゆる酒の肴と言われて料理を詰めます。おせちに欠かせない基本料理です。祝い肴になるここをしっかり整えることが大切です。

・二の重…【酢の物、口取り】

日持ちする酢の物を中心に詰めます。

・三の重…【焼き物】

縁起のよい海の幸を詰めます。

・与の重…【煮物】

家族の幸福を願い、山の幸を詰めます。たくさんの具材を大きな鍋で煮詰めることから、「家族団らん、幸せを願う」意味を込めています。

・五の重…【空】

まだこの先に福が入り込むように願いをこめて、あえて空にします。

 

定番のおせちの中身とその意味

 

 様々なおせちが出ているとはいえ、やはり日本の文化であるおせち料理の中身や、その意味を知っておくことは、日本人として大切なことではないでしょうか。

おせちの中身と食材バランスは『まごは(わ)やさしい』で整えるとよいそうです。『まごはやさいい』が意味する食材は以下です。

ま…豆類。黒豆など。

ご…ごま。田作りや、きんぴら等。

は(わ)…わかめ(海藻類)。昆布巻き。

や…野菜。紅白なます、煮物等

さ…魚。鯛、海老、数の子、いくら。

し…しいたけ。煮物等。

い…芋類。金とん等。

これらをバランスよく整え、ふんだんに盛り込んでいます。

では、それらの中身はどのような意味をもつのでしょか。定番の内容でご紹介します。

 

一の重【祝い肴】…数の子・田作り・黒豆(三つの肴と言われます)

・黒豆…まめに働き、まめに暮らす。勤勉にそして、丈夫や健康を願う。

・数の子…数の多いニシンの卵から子孫繁栄、子宝に恵まれることを願う。

・田作り…畑の肥料となったイワシから豊作を願う。

 

二の重【酢の物、口取り】…紅白なます、酢蓮根、菊花蕪、小肌栗漬け、紅白かまぼこ、たたきごぼう、昆布巻き、伊達巻、たたきごぼう、栗きんとき、ちょろぎ、

・紅白なます…赤と白の色合いが祝い袋に使われる水引きに似ているいることから、縁起が良く、平安や平和を願う。

・酢蓮根…れんこんの特徴である穴から、将来の見通しがきくことにかけている。先の見通しをもつ意味をこめている。

・菊花蕪…冬が旬の蕪を紅くおめでたいもの染める。

・小肌の栗漬け…出世魚将来の出世を願う。

・紅白かまぼこ…紅はめでたさ、白は清浄を意味し、半円の形にしたものは年神様である日の出を表す。

・昆布巻き…「よろこんぶ」の語呂合わせで、「よろこぶ(養老昆布)」をかけ、健康と長寿を願う。

・伊達巻…見た目が巻物の形に似ていることから、知識習得や文化の発展を願う。

・栗きんとん…「金団」と書き、金色の色味から金運を呼ぶ。

・ちょろぎ…「長寿喜」「千世呂木」と書き、長寿を願う。

・たたきごぼう…土の中で根をまっすぐとはることから、家族の末永い幸せと繁栄を願う。

 

三の重【焼き物】…鯛、海老、ぶり

・鯛…「めでたい」にかけている。日持ちもがよい。見た目の美しさから様々な祝い膳には欠かせない。

・海老…海老のひげから老人にたとえられ、さらにその形から腰が曲がるまで長生きを願う。

・ぶり…大きさによって名前が変わることから出世を願う。

 

与の重【煮物】…蓮根、里芋、ごぼう、八つ頭

・蓮根…将来の見通しがきくことにかけている。

・里芋…掘り出すと子芋がたくさんついていることから、子孫繁栄を願う。

・ごぼう…たたきごぼうと同じく根をはる縁起物。

・八つ頭…その名のように頭となって出世を願う。

 

五の重【空】

五の重では、年の神様からさずかる福を詰めるという意味で空にしますが、予備の料理や家族の好きなものを詰めたりもするそうです。とは言え、核家族化が進んでいる現代はデパードなどで扱うおせちは三段などが多いようですね。現代は、和風にこだわらず、洋風や中華風だったり、有名なシェフやレストランがプロデュースしたものなど、バラエティー豊かな内容になっていたりします。

 

現代のおせち

 

それぞれ様々な意味をこめた「おせち料理」です。時代とともに、段の数、盛り付けに変化があるようです。最近は「映え」を意識したものも増えているような気がします。ちなみに、ランキングを調べてみたところ、一番人気は「三段重」。食べきりやすいサイズと量なのかもしれません。

さらに調べてみると驚きなのが、「一段重」というものも発見。一の重の中を四つに区切り、厳選された縁起物が詰まっていました。そして、某海外アニメの人気キャラクター仕様…。子供には人気なのかもしれせんね。しかし、食文化の美しさから注目される日本に住んでいるからには、「おせち料理」に込められた意味をしっかり知って、味わって食べるのが大切ですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.