生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

リンゴ酢の効果とは。ダイエットには有効!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

こんにちは。皆さんは果実酢もしくはフルーツビネガーというものをご存知ですか?最近は、リンゴ酢やみかん酢、いちご酢やぶどう酢などたくさんの色々な果物のフルーツビネガーが売られていますし、自宅でも好きなフルーツで簡単に作ることができます。果実酢は健康に良いやダイエットに効果があると言われていますが、実際どんな効果が期待できるのかあまり知らなかったりしますし、どうやって取り入れたらよいのかわからずに手を出せなかったりします。また、子供や男の人は酸っぱい味があまり好きではなかったりするので、なかなか取り入れられないなと思うこともあります。そこで、今回は果実酢、フルーツビネガーの中で一番メジャーなリンゴ酢についてまとめてみたいと思います。既に普段の生活に取り入れている方には確認のために、まだ取り入れていない方には是非、取り入れる参考にしていただければと思います。

 

リンゴ酢とは

 

端的に言うとリンゴを酢に浸けたものです。リンゴは1日1個食べると医者要らずと言われるほど健康に良く、欧米でもリンゴ酢は人気です。リンゴの果汁をアルコール発酵させ、その後酢酸発酵して作ります。

 

リンゴ酢のうれしい効果

 

  • 炭水化物の吸収を抑える

リンゴ酢に含まれる酢酸が胃の動きを弱め、消化を遅らせることで、糖の吸収がゆるやかになります。これはダイエットにも効果が期待できます。

 

  • 血糖値の急激な上昇をおさえる

リンゴ酢に含まれる酢酸成分が、糖質を体内に取り込む作用を抑制し、血糖値が急激に上昇するのを防いでくれる効果が期待できます。

 

  • 炭水化物をエネルギーに変える働きを助ける

リンゴ酢に含まれるクエン酸には、新陳代謝を良くし、脂肪の燃焼を助ける効果があります。また、同じく含まれているアミノ酸には脂肪を分解する働きがあるので、ダイエットに効果的といえます。

 

  • 血圧を下げる

リンゴ酢に含まれる豊富なカリウムは、体内の塩分の排出を助ける効果があり、血圧を下げる作用が期待できます。

高血圧が改善されるとむくみも減りますので むくみに悩んでいるひとにはとてもありがたい効果です。

 

  • 美肌効果が高い

美しく健康な肌を持続する為に必要な栄養素である「クエン酸」と「ビタミンC」が リンゴ酢には豊富に含まれています。クエン酸には肌の新陳代謝を活発にし、 ビタミンCで新しい美しい肌を作り上げ、シミやシワを改善するといった美肌効果があります。

 

  • 安眠効果がある

寝る前に糖分を食べすぎると血糖値の激しく上下し、睡眠障害が起きることがあります。 これはジェットコースター血糖とも呼ばれ、過剰に摂取した糖を就寝中の脳が消費しきれなくなることが原因です。これに効果が期待できるのが、リンゴ酢です。リンゴ酢に含まれる酢酸が胃の動きを弱め、消化を遅らせることで、糖の吸収がゆるやかになります。それにより、血糖値の変動が抑えられ、穏やかな睡眠につながります。

 

リンゴ酢の注意点

 

  • 胃荒れに注意が必要

リンゴ酢には胃酸の分泌を促進する効果があるため、空腹時に飲むと胃が荒れることがあるため、食事と一緒に飲むことがお勧めです。

 

  • 歯のエナメル質に注意が必要

リンゴ酢には酢酸と呼ばれる酸が含まれており、これが歯のエナメル質を溶かしてしまうことがあります。そうなると、虫歯や知覚過敏の原因になるため注意が必要です。もし、リンゴ酢をドリンクなどで摂取したい場合には摂取後うがいをすることで酢酸を流し、エナメル質を守ることができます。

 

リンゴ酢の取り入れ方

 

  • ドリンクとして飲む方法

一番お手軽な方法です。水やサイダーなどで割って飲むのもおいしいですし、牛乳や紅茶で割ると気分が変わって毎日飲んでも飽きないです。

  • ピクルスにして食べる方法

お酢で作るピクルスですが、それをリンゴ酢に変えるだけでよりマイルドなピクルスに仕上がります。いつもと違うピクルスを楽しむことができます。

  • ポテトサラダにちょい足しする方法

いつものポテトサラダに少し加えるだけでさっぱりしたポテトサラダに仕上がります。いつものお家の味が少しグレードアップするかも。

  • ドレッシングとして取り入れる方法

普段はお酢で作るところをリンゴ酢に変えるだけで、いつもと風味の違うドレッシングに仕上がります。

 

リンゴ酢の簡単な作り方

 

(1)リンゴをきれいに洗い、水気を切りいちょう切りにする

 

(2)いちょう切りのリンゴにリンゴの半分の量の砂糖をまぶし10分ほど置く

 

(3)リンゴと同じ量の酢を注ぎ、2~3日置く

 

(4)一日一回ゆすり、砂糖が溶けたら完成、1か月ほどでリンゴを取り出すと長期保存が可能になる

 

作り方はとても簡単で驚きでした。すぐにでも自分で作れそうです。

 

まとめ

 

リンゴ酢にはたくさんの良い効果があることがわかりました。一日の適量は15~30mlほどなので、大さじ1~2くらいのようなので、手軽に毎日続けられそうな量ですね。特に美肌やダイエットに効果があるのが個人的には嬉しいです。また血糖値や血圧にも効果的なので、これから年齢が上がってきたときにもありがたいです。おじいちゃん、おばあちゃんに勧めるのもよいですね。

取り入れ方も様々で、今回取り上げた以外にもリンゴ酢を使ったレシピもたくさんありました。取り入れ方の幅が広いのはとても始めやすいと思います。

また、作り方も簡単なので、自家製のリンゴ酢づくりも手軽に始められそうです。皆さんも是非食卓に取り入れてみてください。

 

関連記事:酢の健康効果、効能とは?種類ごとのおすすめの摂取方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.