生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

シール跡のベタベタの取り方。身近な物が簡単で効果的!

 
シールで貼ったメモ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

小さいお子さんがいるご家庭なら経験ありますよね、子供によるシールの貼りまくり。病院や子供用のカレーなど、小さいうちは子供の手にシールが渡ることが限りなくあります。

貼るのはいいけど、剥がしたシール跡はどうするのよ!と、イライラしますよね!

わが家も車の後部座席のガラスに貼られていました。しばらく放置すると、上手く剥がれない…。

その他、ビンのラベル剥がしなども苦労しますよね。

こんな時どうすればいいのでしょう?専用のシール剥がしをわざわざ買わないといけないのでしょうか?

いえいえ、もっと手軽で身近な物を使ってベタベタを取ることができるのです!

シール跡のベタベタにはこの方法でキレイに!

ドライヤー

家庭にあるものを使ってシール跡をキレイにしていくのですが、シールが貼ってあった物の素材によって使うものを変えないとマズいです。ものによっては塗装がはがれたり、変質したりすることがあるからです。

それではどの素材でも使えて効果的な方法をご紹介します!

  • ドライヤーで温める

これはわが家でもビンのラベルを剥がす時によく使う方法です。よほど熱に弱い素材でない限り、どの素材にも安全に使えます。熱を加えて温めるとベタベタが柔らかくなり、指などでポロポロと取れやすくなります。ただし、貼って時間が経ってしまったテープやシール跡には、これだけでは取りにくいです。

  • 不要なカードを使う

丈夫なプラスチックのカードを使ってこそげ落とします。平らな場所だと効果的です。多少力は要りますが、必要なものはカードだけで後始末も特に必要無いので手軽です。カードでゴシゴシすると傷がつくことがあるので、柔らかいものやデリケートな素材には不向きです。

  • ガムテープを使う

貼ってある素材がプラスチックや陶器、ガラスなどの丈夫なもの向きで、曲面にも使えます。ガムテープの素材は紙でも大丈夫ですが、できれば布製のものが丈夫なので使いやすいです。

使い方は、ガムテープをベタベタの上に貼りつけたり剥がしたりします。ペタペタ繰り返していくうちにツルツルになります。ドライヤーで温めて柔らかくなったシール跡に使うと更に効果的です。木製品や壁紙に使う場合は木や紙が剥がれる事があるので、注意してください。

  • 消しゴムでこする

やや根気が要りますが、消しゴムでシール跡をこすり続けると、消しゴムに絡め取られてとてもきれいになります!少し力を入れれば子供でもできるかもしれません。大量のカスは出ますが、安全なので子供と競争して消してみるのもアリですね。柔らかく良く消えるタイプの消しゴムを使うと効果的すよ。

  • ライターのオイルを使う

100均ショップにも売っているので、手元になくても手に入りやすいです。使い方は布に染み込ませてベタベタを拭き取るだけです。素材に染み込みやすく、木や紙だと逆に跡が残らないか心配でしたが、揮発性が高くすぐに乾いて跡も残りません。ただし全ての素材に対して跡が残らないかどうかは不明なので、まず目立たないところで試してチェックしてみましょう。

とても使い勝手が良く力も要らないのですが、臭いが強い点と安全面に留意する点が気になるところです。小さなお子さんがいる家庭では取り扱いと換気に気をつけて使用してください。

  • 除光液を使う

これもとても良く取れます。当然ですがネイルをした手ではネイルが剥がれるので、ゴム手袋などを使って作業しましょう。木材などの塗装まで取れることがあるので、使う場所には注意してください。

無垢の木材で木目や素材感を活かした家具も艶消しのニスを使っています。使えるかどうか、目立たないところでチェックしてください。換気にも注意してください。

シール跡の原因 接着剤の原料は何?なぜ身近なもので取れるの?

シールを貼る子供

シールのベタベタは接着剤です。接着剤にはいろいろな原料が使われています。天然ゴムやアクリル、シリコンなどの樹脂を有機溶剤やアルコールなどに混ぜて溶かしています。一口に接着剤と言ってもそれらの組み合わせにより、種類はたくさんあります。

家庭で使うもので、子供が遊ぶシールや食品のラベルなどは粘着力もそれほど強力ではなく、熱や水、オイルやアルコールなどを使う事で比較的簡単に取れるのです。

例えば食品ラベルなどの接着剤は水溶性のものが多いので、一晩水につけておけばきれいに剥がれることが多いです。ただ、冷蔵保存するビンなどのラベルは水滴で剥がれるのを防ぐため、水だけでは落ちにくくなっています。

逆に資源ごみの分別に配慮して、ラベルが大変剥がしやすくなったものもあります。

使用場所やニーズに合わせて接着剤も多種多様です。まずは安全な方法から試してみることをお勧めします。

シール跡のベタベタをキレイに取る方法のまとめ

シール跡のベタベタは時間が経つにつれて乾いて取れにくくなったり、ホコリやゴミがついて黒く汚くなったりして見苦しいですよね。おそらく困っている方は多いと思います。

その他、資源ごみの分別に厳しい地域では、ビンのラベルにも気を遣います。

気負わずに、すぐ取りかかれる方法はないかと探してまとめてみました。

ドライヤー、不要なカード、ガムテープ、消しゴム、ライター用オイル、除光液。それほど探さなくても身近にありそうですよね。素材によって使うものを分けてくださいね。

この記事で皆さんの生活に少しでもゆとりが生まれれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.