生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

シャボン玉液の作り方。自宅で簡単に作る方法

 
シャボン玉液の作り方
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 こんにちは。最近、お天気の良い日が続いていますね。気温もどんどん温かくなってきて過ごしやすい日が増えてきました。私は雪の降る地域に住んでいるので、冬は雪遊びはしますが、なかなか公園の遊具など外で遊ぶことができないので、子供達も最近の暖かさにつられて「公園いこう!」「外で走りたい!」と活動が活発になってきています。

みなさんもこれからとんどん暖かくなり、公園などで遊ぶ機会も増えますよね。最近、公園にいくと皆さん色んな遊び道具を持参しているのをよく目にします。サッカーボールやキャッチボール、バドミントンもよくみますし、ローラースケートやトレーニングバイクなどもよく見ます。砂遊びの道具や縄跳び、シャボン玉なども定番ですよね。


 さて、手軽に全年齢、男女問わず楽しんでくれるのがシャボン玉ではないでしょうか。うちの子も赤ちゃんの時から大好きで、数年たってもまだまだ遊びます。子供がお風呂に入りたがらないときはお風呂でしても大盛り上がりでした。最初は大人にしてもらうばかりでしたが大きくなると自分でできることが楽しいみたいです。「こんなにたくさんできたよ。」、「こんなに大きいのができたよ!」と会話も弾みながら楽しんでいます。シャボン玉の道具も色んなところで売っているのを見かけますし、自分が子供の頃と比べて色んな種類があることに驚きます。そして、見ているだけで自分も楽しいです。


 しかし、どんな道具を持っていても必ず必要になるのがシャボン液ですよね。100円均一などで安く売っていたりもしますが、子供はどんどん使いますよね。任せておくとバシャッとこぼしていたりするので減るのが早い早い。洗剤を薄めるだけでしょ?と思って自宅で作ってみるものの、市販の液の方が丈夫だったりするので、膨らんでもすぐに割れてしまったりといまいち使いづらかったりします。

そこで、今回は自宅で作っても市販品にひけをとらないようなシャボン玉液の作り方についてまとめてみました。子供さんのいるお父さん、お母さんに是非参考にしていただければと思います。また、シャボン玉液を子供達と作れば、作る行程も楽しめるのではないでしょうか。


シャボン玉はなぜ割れるのか?

シャボン玉はなぜ割れるのか?

 

まずはシャボン玉がどうやって膜を維持して飛んでいるのかを調べてみました。これを知っていれば、自分でシャボン玉液を作るときに役立つのはもちろんですが、「シャボン玉ってどうして時間がたつと割れるの?」と子供のなんで?なぜ?の質問荷物答えられるかも。

 

 シャボン玉は丸く飛び出した時点では、表面の膜は均一ですが、時間がたつと少しずつ上部の洗剤成分が下部に流れて行っています。そして、膜の厚みが均一でなくなってしまい、上部の膜が薄くなってしまうと割れてしまいます。また、他の原因としてはシャボン玉液の蒸発もあります。シャボン玉自体が薄い膜なので少しの蒸発でも割れてしまう原因になります。

このことを考えると、割れにくい丈夫なシャボン玉になるシャボン液を作るためには、液自体に粘り気をもたせて洗剤成分が下部に流れて行ってしまうのを防げばよい、そしてシャボン玉液を蒸発しづらくするということになります。さて次は割れにくいシャボン玉液を自宅で作る方法についてみてみましょう。

 

丈夫なシャボン玉液の作り方

丈夫なシャボン玉液の作り方

 

(1)台所用洗剤+砂糖+水

これは一番簡単に用意できるもので作る方法です。まず、ぬるま湯を用意して砂糖を溶かします。そしてこれを使って台所用洗剤を薄めます。必ず家にあるものですし、子供たちにもわかりやすくてよいですね。


(2) 台所用洗剤+ガムシロップ+水

また、固形の砂糖ではなく既に水に溶けているガムシロップを使う方法もあります。これも洗濯洗剤を水に溶かしたものにガムシロップを加えるだけなので簡単に試せますね。使い忘れていたガムシロップを再利用するのにも良いかもしれません。


(3) 台所用洗剤+洗濯のり+水

他にもシャボン玉液に粘り気を持たせる方法として洗濯のりを利用する方法もあります。洗濯のりはドラックストアなどで洗濯用洗剤などと一緒に並んでいたりするので、手に入れやすいものです。また、価格も高くないのでシャボン玉液にも使用しやすいかと思います。


(4) 台所用洗剤+グリセリン+水

次に、シャボン玉液の蒸発を抑えるための方法を考えていましょう。化粧水などによく使われている保湿効果の高いグリセリンを入れる方法があります。化粧水でもよいのですが、化粧水には他の成分が含まれるので、もし失敗してしまう場合にはグリセリン単体を使うとよいと思います。グリセリンもドラックストアで購入することができます。

また、環境のことを考慮して合成界面活性剤を含まない体に安全な石鹸を台所用洗剤の代わりに使用する方法もあります。

 

 

まとめ

シャボン玉液の作り方。自宅で簡単に作る方法

 

砂糖やガムシロップ、洗濯のり、化粧水など家にあるものを少し足すだけで、割れにくいシャボン玉液を作ることができます。身近なもので作ることができ子供たちにもわかりやすいので、シャボン玉液づくりから子供たちと楽しむことができそうです。

また、色々試してみて比べることで夏休みの自由研究にもなりますね。夏は天気も良いですし、テーマにはもってこいの内容です。

また、シャボン玉液づくりからすべて子供たちと一緒にすることで、楽しさも倍増すること間違いなしです。大人も子供も楽しめるシャボン玉、これから外遊びにはうってつけの季節になってくるので、是非試してみてください。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.