生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

出産後、退院時の化粧の必要性について。

 
コスメ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

やっとの思いで出産を終え、初めての授乳やおむつ替え、沐浴など初めての赤ちゃんのお世話に奮闘していたらあっという間に退院です。その退院時の身だしなみについて考えてみました。

 

そもそも出産後の母親の体調は?

母親の手を握る赤ちゃん

 

出産は命がけであり、かなりの大仕事です。産後の体は交通事故全治1か月ほどのダメージとも聞きます。実際、体力に自信があった私もかなりの体へのダメージを受け、歩くのも一苦労なほどでした。そんな中で我が子のお世話をし一緒に生活していく日々が始まります。入院中は新生児室の方で預かってもらうこともできますが、なかなかゆっくり体を休めるひまがありません。多くの出産を終えた母親は疲労困憊だったと思います。

私は産後の体へのダメージはあったものの、産後ハイによって不思議な元気さをもっており、なかなか活動的に過ごしていました。が、友人や親せき家族の話を聞くと入院中は本当に体がきつくて何もできなかった、という話もありました。

 

退院時は新しい生活への第一歩

 

そんなきつい状態ですが、特に問題がなければ退院はやってきます。

退院は、新しい生活への第一歩であり、セレモニーのようなものだな、と思いました。

なので、私は退院時に身だしなみを整えていこう、と入院する前から決めており、退院時に着る服や化粧道具も入院セットの中に準備していました。私だけではなく、子どものセレモニードレスも準備しており、初めての親子での外出(といっても病院から自宅へ帰宅するだけですが…)をとても楽しみにしていたのを覚えています。

そして退院当日。子どもはセレモニードレス、私は準備していた洋服(少し綺麗めなワンピース程度)を着て、久しぶりにしっかりとフルメイクをしました。このころの子どもはまだほとんど寝てることが多く、一度寝たらぐっすりと眠ってくれたのでゆっくりと準備ができました。

久しぶりの自分のために使える時間でした。まだ産後のダメージが残っている体ですが、子どもと一緒に退院できる嬉しさもあり、うきうきしながら化粧をしていたのを覚えています。

主人は自宅がある県外で仕事があり、里帰り先への帰宅だったので退院時の迎えは母と姉が来てくれました。退院時、記念に数枚病院で写真をとり、お世話になった先生や助産師さん、看護師さんたちへお礼を済まして退院です。この時の写真は遠く離れた主人にもスマホにてすぐ送信しましたし、アルバムにも残しており、最後の挨拶で少しでも小ぎれいな姿で挨拶して終わることができたので、やはり化粧をし、身だしなみを整えてよかったな、と思いました。

 

 

ぜひおすすめしたい時短化粧アイテム

まつ毛エクステ

 

退院時の化粧は久しぶりの化粧だったので、やはり女として心躍るものがありました。

その化粧の華を飾ってくれ、なおかつ化粧する時間の短縮をしてくれるアイテムがあります。それはまつ毛エクステ(まつエク)です。まつエクはここ数年でかなり定着しており、つけている人も多いと思いますが、もし迷っている人がいたらぜひ!とおすすめしたいです。

まず、大体の人が分娩後、我が子と一緒に写真撮影をすると思いますが、結構すっぴんの人が多いです。不思議なことに陣痛が夜に来ることが多いと聞いたことがありますが、そのせいかもしれません。分娩直後の疲労困憊した顔、なおかつすっぴん、というケースが多いですが、この分娩直後の写真はなかなかその後も登場する機会が多いです。まず、自分の旦那や家族に見せ、大きくなった子どもにもいずれ見せることが来るでしょう。私も自分が生まれた時の分娩直後の母と自分が写っている写真を見たことがあります。この登場回数の地味に多い写真には出来るだけきれいに映っていたい、と密かに思っていました。そこで最悪すっぴんでいても、まつエクだけしていれば何とかマシに見えるため、まつエクの状態を万全の体制で挑む計画をしました。

当初の計画では出産予定日前日にまつエクの付け替えをするつもりでした。もともとまつエクをしていたのですが、一番ふさふさした状態で挑むために予定日前日にしていました。

初産なのでどうせ予定日は過ぎるだろうと思っていたのです。しかし実際は付け替え予定していた日に出産となり、もともとつけていたまつエクは少々抜けており少し物足りないものになっていました。それでも半分以上は残っていたのでなんとか分娩直後の写真には化粧している風に映っています。

まつエクは分娩直後の写真や入院中の来客時、退院時にも素早く対応できるのでこれから出産する人にはすすめたいし、次回の自分の出産時にもしようと思います。

もう一つ、私は準備が間に合わなかったのですが、まつ毛ティントもおすすめです。これは産後に購入しましたが、一度つければ2~5日ほど残っているので化粧の時短に役立ちました。まつエクに眉毛ティントがあれば、最悪この二つで何とか乗り切れます。この二つは出産時から来客が多いけど体がしんどい産後までかなり助けてくれるアイテムでした。

化粧して身ぎれいにした自分を見ると少し嬉しくなります。

 

最後に

 

出産は命がけの大仕事です。しかし、自分のモチベーションを上げるためにも身だしなみを整えることも余裕があれば大事にしたいな、と思いました。

 

 

 

関連記事:

出産後の入院期間は少しでもゆっくり休むべき!?

産後1ヶ月後からの家事への取り組みかたについて。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.