生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

新札の入手方法で困ったらコレ!もう銀行窓口だけじゃない?

 
新札一万円
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

結婚式やお祝い事などでうっかり「新札の用意を忘れてた!」なんてことありませんか?

気付いた時にはもう夕方…渡すのは明日、しかも休日。親や友人に当たってみたけど運悪く誰も新札を持っていなかったら。

当然銀行の窓口は締まっています。さあどうしますか?

実は銀行窓口だけではない、新札を手に入れる方法がいくつかあるのです。成功の確率が高い順に説明していきますね!

新札を今確実に入手したい!そんな時は銀行ATMで両替!

銀行ATM

少し大きめの銀行のATMコーナーには両替専用のATMが設置してあります。

手持ちの現金を入れて、新札を指定して両替します。銀行によって少し操作が異なりますが、基本的には新札指定ができるようになっています。窓口が閉まっている時はもちろんですが、急いでいるのに窓口が込み合って待ち時間が長い時にもおススメです!

ただし小さな支店には両替用のATMが設置されていない事や、もし設置されていても利用時間が窓口の空いている時間に限られている事も。あらかじめネットで設備を確認しておくことや、大きめの支店に行くことが大事です。

郵便局(ゆうちょ銀行)の窓口でも新札への両替ができる!

郵便局が国営の時代は新札への両替サービスは行っていませんでした。最近はサービス向上の一環なのか、窓口で新札に両替してもらえるようです。

ただしどこの郵便局でも必ず新札にしてもらえるとは限らないので、あらかじめ電話などで確認しておく方が堅実です。

ホテルのフロントや式場でも新札は入手可能!

結婚式を行うようなホテルであれば、かなりの確率で新札を用意しています。結婚式当日に新札への交換を希望する招待客がいることを予測しているんですね。

ただ、高確率というだけで、絶対ではありません。有料で行っているサービスではないので仕方ないですよね。

でも結婚式当日にホテルや式場ののフロントに駆け込むのは、正直大人としてどうかな…と思うので、よっぽどの緊急避難か、何か別の機会にホテルを利用した際に両替してもらうのがスマートかも、と個人的には思います…。

コンビニATMでの現金引出しにチャレンジ!実は新札の確率が高い!?

これも私自身が個人的に感じていたのですが、ネットバンクでは一定条件でコンビニATMの手数料が無料になるためよく現金引出しに利用していたところ、新札が混ざることが多かったのです!

これには根拠があるようで、コンビニのATMは銀行に設置しているATMより小さめに作られているので、中に入れる札をしわのある旧札より新札にした方が厚みが少なく、たくさん入るからだそうです。

もちろん預け入れに利用する人もいるので、新札が必ずゲットできるとは限らないのですが、ATMの中では新札に会える確率が高いのです。

コンビニやスーパーなどの店舗でも新札が手に入るかも…

新札の入手方法として確実かそうでないかといえば、そうでない方寄りですが…

コンビニやスーパーなどでは現金を扱うことが多いので、運が良ければ交換してもらえるかもしれません。くどいようですが、お店としては当たり前のサービスではないので、「もしよければ」という感じで丁寧に聞いてみてください。もちろん数百円のものでもいいので、何か購入するのがマナーですよね!

たまたま新札がレジにあるかも、という程度の確率です。お店によっては両替をお断りしているところもあるので、よく確認してからお願いしてみましょう。

奥の手で新札入手!勤務先の経理で新札を常備している!?

これもどこの企業でもという事ではないのですが、小口現金を置いている部門があれば聞いてみるのも手です。

取引先の急なお祝いなどのために、新札をストックしているところは意外とあるようです。ただし基本的に会社の業お付き合いで使用するためのものなので、個人的なお願い事が聞いてもらえるかどうかは担当部門の考え方によります。人間力でどうにかしてもらえるかもしれませんよ!?

新札の入手方法(まとめ)

財布と一万円札

今回ここにご紹介したのは事前に準備ができていなかった時や不測のお祝い事があったときなどのための情報です。

社会人になって数年たつと、友人知人や職場関係などで結婚式にほぼ必ず招待されます。実家暮らしだと困ったときの親頼みができるのですが、一人暮らしだとついうっかりしてしまう事もありますよね。私もそうでした。着ていく服や美容院の予約はわりと素早くできるんですけど。。

回を重ねるごとに直前に慌てることに対して、これではイカン!と気づき、前もって準備するようになりました。

一度はアイロンでお札を伸ばすこともチャレンジしましたけれど、自分の印象は「やっぱり新札とは違う!」というところでした。

やっぱり大人ですからね。事前に準備しておくのが一番です。

いくつかある入手方法の中にコンビニATMで新札の遭遇率が高いと説明しましたが、普段の出金で新札見つけるとストックするようにしています。何十枚もしなくていいので、3~5枚は手元に置いています。お付き合いも重なると家計を圧迫するので、あらかじめ取り置いておくとそういう意味でも心強いです。

大人になれば結婚式だけでなくどんどん増えていくお付き合い。慌てずキチンとした対応ができると相手からも周りからも信頼される存在になりますよ!

この情報が大人の対応のお役に立つことができれば幸いです!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.