生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

テフロンのフライパンの寿命はどれくらい?長持ちさせる方法

 
フライパン目玉焼き
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

テフロン加工のフライパンは軽くて焦げつかずお手入れもラク!おまけに少ない油で調理できるのでとってもヘルシー!!なので多くの方が使っていると思います。我が家でも、フライパン、炒め鍋2種類、卵焼き、小鍋、大鍋など何種類も揃えています。というより、テフロン加工以外の物が見当たらないくらい…ですね。

使いやすく気に入ったフライパンなら長く使いたいもの。そのために、テフロンについての基本的な知識とお手入れや長く使うための情報をまとめてみました。

このテフロン加工とはいったいどういったものなのでしょうか。どのような使い方をすれば長く使い続けることができるのでしょうか?

テフロン加工ってどんなもの?フッ素樹脂とは違う?

テフロンフライパン

まずはじめに、そもそもテフロンとはどういったものかを知っておきましょう。

フライパンが焦げつかないようにコーティング加工をするのですが、これの代表的なものがフッ素樹脂加工です。さらにその中に『テフロン』があり、他にフッ素樹脂に大理石やダイヤモンドの粉を混ぜて強度を上げた『マーブルコート』や『ダイヤモンドコーティング』などがあります。

コーティング加工の多くは、アルミニウム合金のフライパンの表面にフッ素樹脂を塗って仕上げいています。

『テフロン』とは登録商標で、アメリカのデュポン社製フッ素樹脂だけの名称です。このフッ素樹脂でコーティングしたものだけが『テフロン』の名前を商品に使えるのです。

テフロン加工のフライパンを使用する時の注意点

テフロンを含むフッ素樹脂加工は、普通に使っていてもいつかははがれてしまいます。その寿命は1年未満と言われています。なんと思ったより短い!

それでは少しでもフライパンの寿命を延ばすために、以下の事に注意して使いましょう。

●高熱で使用しない

フッ素樹脂はとても高温に弱いので、強火の調理には向きません。強火の調理や空だきをしていると、フッ素の寿命が短くなってしまいます。

ですので、強火の炒め物やなどではなく、卵焼きやパスタとソースをあえる調理などが最適です。そして長時間の予熱が必要な調理は避けるようにしましょう。

ちなみに空だきでフッ素加工のフライパンが高温になると有毒ガスが発生しますが、人体に害があるほどではないと言われています。

●金属製のヘラや調理器具は使用しない

金属素材のヘラやトングなどを使うとフッ素樹脂に傷がつき、はがれる原因となります。木やシリコンゴム製のヘラや調理器具を使いましょう。

ステーキ肉などを焼く場合もフライパンに入れたまま包丁でカットすることがありますが、テフロン加工のフライパンでは厳禁です。調理中も傷をつけないように、使用するヘラなどの素材には注意しましょう。

●調理後は速やかにお手入れする

テフロン加工の表面には目に見えないほどの小さな穴(ピンホール)が無数にあいています。調理後にすぐに洗わずにそのまま放置しておくと、この穴の中に油や調味料などが入り込んでしまいます。これがフライパン本体を腐食させて樹脂をはがれやすくさせる原因になります。

フライパンだけでなく鍋などは、調理したのち保存用のフタに変えて料理を入れたまま冷蔵庫などで保存することもありますが、実はテフロンの為には良くない使い方なのです。

調理で使い終わったらすばやく料理を皿などに移し、柔らかいスポンジと中性洗剤で汚れを落としましょう。メラミンスポンジやたわしなどを使わないようにし、コーティングを傷つけないようにしましょう。

そして熱したフライパンに冷たい水をかけてジュッ!とやるのも厳禁です。フライパン本体が歪み、フッ素樹脂がはがれやすくなります。調理後はお湯で洗うか、フライパンを冷ましてから洗うようにしてください。

●保管時の注意

テフロン加工は傷がつきやすいので、重ねての収納はおすすめできません。もし重ねるのなら、間に布などを挟んで、フライパンの表面を傷から守るようにしてくださいね。

最後に

フライパン

テフロンを含むフッ素樹脂加工の寿命は短く、一般的に1年弱程度です。

ご説明のとおり、傷や熱に弱いので普通に使うとそのくらいで買い替えるのがいいのですが、扱い方に注意するとぐんと長持ちすることもできます!

ところで、テフロンがボロボロにはがれた状態でもまだ使っているのを見かけますが、あのはがれ落ちたテフロンが料理にまざり、食べたとしたら体への影響はどうなのでしょうか?

調べてみたのですが、日本弗素樹脂工業会(JFIA)によると、経口摂取をしても体内に吸収されず、体外へ排出されるそうです。実験によると人の体に毒性反応はなかったとのことです。

ただやはり本来のテフロンの良さを生かしたままできるだけ長く使いたいですよね。

確認のために取り扱いの念押しを…

  1. 高温で使わないこと
  2. 金属のヘラなどで調理しないこと
  3. 調理後はすぐに洗うこと

この3つを心掛けるだけでテフロンの持ちが違います!これらはフライパンの取扱説明書にも記載されているので(見逃しがちですが)確認しましょう。

毎日の調理の時間をスムーズに楽しくするために、キッチンツールは大切に扱いたいですね!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.