生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

天使の4歳児。天使の理由と特徴、この時期の注意点とは

 
4歳の女の子
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

「天使の4歳児」という言葉を知っていますか?

ごく最近生まれた言葉ですが「魔の2歳児」と同じようにこの時期の子供の様子から付けられた呼び名です。

今回はその「4歳児」についてのお話です。

4歳児はなぜ天使なの?本当に…?

笑う4歳児

 

「天使!?うちの4歳児は全然天使じゃない!」

「もうすぐ4歳になるけど、本当にいい子になるのかな?」

「いやーなんでもいいから長いイヤイヤ期から脱して欲しい!」

 

など思うパパママ…お気持ちよく分かります。

4歳になったらどうして急に「天使の4歳児」と呼ばれているのでしょうか?

そんな風に呼ばれる理由を一つずつ考えていこうと思います。

 

  • 落ち着く

簡単な言葉ですが、2歳3歳と非常に手のかかる子がほとんどです。

冒頭でも軽く触れていますが「魔の2歳児」「悪魔の3歳児(と呼ばれています)」と名付けられてしまうほどにヤンチャで言う事を聞かない時期という事です。

ですが、いつまでも激しく手がかかるわけではありませんので、いつかは落ち着いてきますよね。その落ち着いてくる時期が「4歳」頃となるわけです。

 

  • 意思の疎通がしやすくなる

2歳3歳頃は単語しか話せなかったり、自分の気持ちを言葉にするのが苦手な子が多いですが、4歳近くなると自分の気持ちや嫌な事も言葉にするのが上手になる子が多くなってきます。

今までは「ヤダ!」の一言だった子も「○○だから嫌だ」とかみ砕いて伝えられるようになりますので、親としても「じゃあ、こうしようか!」と違う案をすんなり提示してあげられますよね!

 

  • 理解する力が付く

何も分からなかった赤ちゃん期を過ぎ、子供は毎日恐ろしいほどの成長をしています。

目には見えない部分ですが色んな事を吸収し覚えていくのです。

「道路は車が来るから走ったらいけない」

「お店の物は勝手に外に持ち出しちゃいけない」

「シャボン玉は飲んじゃダメ」

などなど、ありすぎて書ききれませんが…

毎日の生活の中で沢山の事を学んでいて、その意味がきちんと理解できるようになるのがこの時期です。

「ダメ!」という事だけではなくどうしてダメなのかの理由を理解できるようになるので説明もしやすくなりますよね。

 

「うちの子は天使じゃない!」と思っても一つ一つを考えてみるとどうでしょうね。

ご飯をあまりこぼさずに食べられるようになっていたり、着替えが出来るようになっていませんか?「そう言われると少し楽になったかな?」と思う部分があると思います。

それは子供が少しずつ成長している証なのですね^^

 

4歳児の特徴は?

4歳の女の子

 

「天使の4歳児」と呼ばれる4歳児ですが、天使な子も天使じゃない子も(笑)

この時期に現れ始める特徴があります。

 

協調性が出てくる

記憶力が増す

気持ちの面での自立が始まる

身体能力が格段に上がる

生活のリズムが出来あがってくる

 

今までお家で過ごしていた子も4歳になると幼稚園に通いだす子が多くなります。

朝は園に間に合うように起きて、朝ごはんを食べ、身支度をするという毎朝のリズムが出来るので夜もある程度決まった時間で生活するリズムが出来てくるのです。

園などに通いだすとパパママや身内との接点だけではなく、お友達や先生など他人との付き合いも増えてくるので自然と協調性が高くなり、お友達を思いやる気持ちが育っていきます。「ありがとう」「ごめんね」が言える子が増えてきますね。

心の成長だけではなく、身体の成長も著しく高くなるのもこの時期です。

片足ジャンプができたり、走り方が「サマ」になっている事に気が付いているパパママも多いのではないでしょうか?

園などに通っていなくても体内リズムが整ってくる年齢なので規則正しい生活を心がけ外遊びをするなど健康的に過ごしていきたいですね!

 

4歳頃の子供への注意点は?

4歳児

 

色々と分かるようになってくる時期ではありますが、この世に生を受けて4年のお子様です。

「4歳になったから・大きくなってきたから」こその気を付けなくてはいけない事がありますので我が家の経験も含めてお話していきますね。

 

分かっているけど忘れてしまう

これは大人でもあり得ることです。例えば…

「車が来ると危ないから道路で走っちゃいけない」

という事。

4歳になれば頭ではわかっています。ですがお友達と遊んでいてテンションが上がった状態ではそのことを一時忘れてしまいます。

パパやママも「うちの子、車は危ないってわかっているよね。」と目を離してしまうと危険な目に合ってしまうという事を忘れないで下さいね。

 

嘘をつく

良い意味でも悪い意味でも、要領が良くなってきますので嘘をつく子が増えます。

正直に話すと怒られることが分かりますので、自分の立場を少しでも悪くしないようにごまかすのです。大人からしたらバレバレですけどね(笑)

私は「嘘をつくことは悪い事をするよりも悪い事だよ。」とその都度教えていました。

「正直に話せば怒られない」と分かってくれたのか、嘘をつかなくなっていきましたね。

(嘘をつくのがうまくなったのかもしれませんけどね…)

 

 

沢山の不思議な事に気が付くようになる

少し大げさですが徐々に世の中が分かってくる時期の子です。

物心もついてくるので疑問が沢山出てきます。

「これは何?」「あの人の服汚いね!」「ママ!あの人の顔変だよ?」

など知っている事と知らない事が重なっている物、見慣れない物に対しての疑問が心から口へと直通で言葉が出てしまいます。

「今それを口に出さないで!」と思うこともこの頃の子供はお構いなしです。そして答えるまでしつこく聞いてくるので非常に困ります。

私自身何度も経験がありますが、ごまかしが効かない年齢ですので他の物に気を反らそうとしても無駄なのです…そっとその場を離れるしかありません。

気を付けようがありませんが、気まずい事態になりそうな場面では子供がロックオンする前に離れておくと良いかもしれませんね。

 

その場しのぎのごまかしは効きません

小さい子供だとお菓子や好きなおもちゃなどで気が引けますし、いくらでもごまかしが効きますが4歳になるとそうもいかない事が増えてきます。

「子供には説明しても分からない」と思う事も子供が質問してきたらきちんと相手にしてあげて下さい。

適当にあしらうと見透かされます(笑)子供の言葉に置き換えてある程度きちんと向かい合ってあげて下さい。

「あ、ちゃんと相手にしてくれている」と思うと子供も親の話をきちんと聞いてくれるようになります。

 

まとめ

付きっ切りでお世話が必要なくなってくる天使な4歳です。

自分の事は自分でやれるようになる分、パパやママは楽になりますがなんだかそれが寂しかったりもするのです。

これからどんどん大きくなり手がかからなくなります。

天使でも天使じゃなくても、子供との毎日を大切に過ごしていけたらいいですよね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.