生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

梅雨時期の部屋干しの時に気を付けること。カビと臭い対策

 
部屋干し
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

ジメジメ、ムシムシする梅雨。毎日のお洗濯が乾かなくてイヤになりますね。乾燥機がない我が家では、雨が降ってしまうとどうしても部屋に干す事になり、毎年、試行錯誤しています。

この時期の部屋干し、湿度は高いし、気温も高いので、なかなか乾きづらいのですが、工夫をすれば、生乾きになることなく、快適に洗濯物を乾かすことができます。

そのポイントをみていきたいと思います。

においの原因

洗濯物

そもそも、洗濯の嫌なにおいの原因はなんなのでしょうか?

その原因は、雑菌です。この雑菌は衣類に付着したタンパク質(汗や皮脂)を好んで増えるそうです。なので、洗濯物を放置すればするほど、どんどん増えていってしまい、においが発生します。少しでも繁殖を防ぐためにも、洗濯物をためこまずに、小まめに洗濯しましょう。

においを出さないための工夫

1.洗濯槽を掃除する

においを出さないためには、雑菌の繁殖を防ぐこと。まずは、洗濯槽から見直してみましょう。縦型、ドラム型どちらも梅雨の時期は特に洗濯槽にカビが繁殖しやすくなります。洗濯が終わったら必ず、毎回洗濯槽を乾燥させ、湿気をとばし、フタは開けたままにしましょう。

また、においが出てきてしまったときは、洗濯槽をお掃除しましょう。

洗濯槽のお掃除は、専用のクリーナーでつけおきするほか、クエン酸や重曹を使った方法、酸素系漂白剤を使って掃除する方法などあります。汚れの状態に合わせて掃除し、

排水のネットや小物も一緒にきれいに洗いましょう。少しでも雑菌が残っていると、またそこから菌が繁殖してしまう恐れがあります。

2.洗濯が終わったら早めに干す

洗濯したものをそのまま放置してしまうと、またまたそこから雑菌が増えてきて生乾きの原因になります。洗濯槽の中に入れっぱなしにしてしまうと、洗濯槽自体もカビの原因になってしまいますので時間をおかずになるべく早く干しましょう。

3.干すものの間にはスペースを作る

洗濯物を早く乾かすには、洗濯物の周りを、いかに多く空気に触れさせ、風をあてられるかです。洗濯物と洗濯物の間にスペースを作り、くっつかないように干しましょう。くっついてしまうと、いつまでも乾かずに、においが発生します。また、フードがある服や、重なっている部分がある洋服、厚手のものはなるべく離して干しましょう。

4.部屋干しする場所を決める

部屋で干す場合、どうしても気軽にカーテンレールや壁などに干してしまう方もおられると思いますが、カーテンレールに干してしまうと、カーテン自体にカビが生えてしまいます。壁の場合も片方だけしか空気に触れることができないので、壁側が生乾きになってしまいます。なるべく洗濯を干す両側に何もない場所がおすすめです。

また、リビングや和室などに干すと、部屋全体にも湿気が充満してしまい、部屋中カビがはえてしまうなんて恐ろしい事態になってしまいます。

そこで、おすすめの場所はお風呂です。お風呂には換気扇がついており、風が循環しています。また、湿気に強い作りになっていますので、カビの心配もありません。

お風呂に物干しがあるお宅はそこに干すのが一番良いと思います。また、お風呂場の隣にある脱衣所もおすすめです。

脱衣室に物干し棒を設置して専用の部屋を作ってしまっても良いかと思います。脱衣室は、大きさもそれほど大きくなく、カビが生えるようなものが少ない場所です。洗濯機を置いてある場合が多いので、洗濯後、スムーズに干すことができます。

なるべく小さな広さで、カビの心配がない部屋を選びましょう。

5.洗剤を変えてみる

においを出さないようにするためには、洗剤を変えてみるのもおすすめです。部屋干し用に作られた洗剤には、雑菌の繁殖を抑えるものや、雑菌のもととなるタンパク質汚れを強い力で洗浄する成分が入ったものが多く、とても便利です。多くの種類が販売されているので、お気に入りの香りのものを選んでみてはいかかでしょうか?

また、部屋干し用でなくても、洗浄力が高いもの、殺菌・抗菌をしてくれる洗剤、部屋干し中の生乾きのにおいを抑える効果がある洗剤など、それぞれ特化した洗剤もありますので、ご自身で検討してみて下さい。

6.風をあてる

なるべく洗濯物に風をあてたいので、扇風機や除湿器、エアコンを使用し、洗濯物にまんべんなく風が当たるようにしましょう。扇風機は首をまわして、空気を動かしてあげて下さい。扇風機と除湿器のダブル使いだと、電気代もあまりかからずに早く乾きます。また床に新聞紙や除湿剤を置くと、より早く湿気をとってくれますよ。

7.酸素系漂白剤を使う

どうしてもにおいが染みついてしまった時は、40℃から60℃くらいのお湯に酸素系漂白剤を入れ、付け置きしてから洗濯すると、殺菌できます。お湯がぬるいと効果が減ってしまうので、なるべく温度は守りましょう。めんどうな方は、40℃くらいのお湯で普通の洗剤と一緒に洗っても大丈夫です。

8.洗濯物を洗う時は洗濯槽に詰め込みすぎない

洗濯槽にギュウギュウに入っていては、せっかく洗剤を変えても汚れが落ちません。各洗濯機の容量を守って、洗濯物と水がよく混ざり合う空間ができるような量で洗いましょう。

まとめ

洗濯物に風を当てる

いかがでしたでしょうか?色々方法をご紹介しましたが、ご家族の人数やお家の大きさ、洗濯物の量によって、洗濯物を乾かす状況が変わってくると思います。毎日の事なので、ストレスにならない、ご自身にあった方法を見つけ、良い香りが漂うお洗濯を目指してみて下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.