生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

酢の健康効果、効能とは?種類ごとのおすすめの摂取方法

 
酢の健康効果
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

酢が古くから日本に伝わる調味料で、健康効果があることはご存知だと思います。テレビ番組や雑誌などでもその効果や食事への取り入れ方が紹介されていますよね。

さて、それでは酢はどうやって作られるのか。どんな種類があって、どんな効果があるのか。

今回は知っているようで知らない酢の健康への効果、効能を知っていると得する情報を交えながらご紹介したいと思います。

 

酢ってどんなもの?どんな健康効果があるの?

醸造酢、健康効果

 

酢とは穀物や果物を酢酸発酵させた酸っぱい調味料のことです。原料となる食材が糖質を含むものであれば作ることができ、米、穀物、りんご、ぶどうなど多種多様な原料ごとの酢があります。それぞれ味に特徴があり、その特徴を活かした料理がありますが、JAS(日本農林規格)では酸度を4~5%に調整するように決められています。

 

酢の概要を説明したところで、次に種類を説明しましょう。

酢には作り方により合成酢、醸造酢、加工酢の3種類に分けられます。合成酢はエタノールを科学的に合成し作られたものです。酢酸に砂糖や酸味料、アミノ酸、塩などを加えて作られる液体調味料です。

醸造酢は穀物や果物をアルコール発酵させた後、酢酸発酵させて作られたものです。醸造酢は原料により、さらに穀物酢、果実酢、その他の醸造酢の3つに分けられます。

 

  • 穀物酢 米、麦、サトウキビ、麦、豆などの穀物を1~2種類原料にして作られた酢のことです。原料の中に米が40g以上入ると米酢になります。それ未満の場合は穀物酢と表記され、醸造用アルコールを添加するなどして価格を抑えたものが主流です。
  • 果実酢 りんご酢、バルサミコ酢、柿酢などがあります。出来上がりの酢1リットルに対し、果汁が300g以上あるものとされます。
  • その他の醸造酒 原料が穀物や果実ではないもの(トマトなど)。

 

それではいよいよ健康効果を紹介します!

酢には酢酸やクエン酸、アミノ酸がたくさん含まれているため、次のような健康効果があるといわれています。

 

1.血圧を下げ、正常な値にする

2.血中コレステロール値を下げ、正常な値にする

3.食後の血糖値の上昇を穏やかにする

4.疲労回復

5.殺菌作用による食物の防腐と整腸効果

6.食欲増進、胃液の分泌による消化の促進

7.カルシウムとビタミンCの吸収を助ける

 

たくさんの健康に関する効果が確認されている中で、やはり注目すべきは「血糖値の上昇を抑える効果」と「整腸効果」によるダイエット効果ではないでしょうか。

 

酢によるダイエット効果はある?効果的な摂取方法は?

酢の効果的な摂取方法

 

肥満の原因の一つに「血糖値の急上昇」が挙げられます。血糖値が急激に上がることにより大量のインスリンが分泌されます。インスリンは血糖値を下げるために血液中の糖を分解し、すぐに使わない糖を脂肪として蓄積してしまいます。

酢には食後の血糖値を穏やかに上昇させる働きがあります。するとインスリンの分泌も抑えられ、脂肪の蓄積も避けられるのです。

また、酢の殺菌作用により腸内環境を整え、ダイエットにも有効だと言えます。

酢は健康効果だけでなくダイエット効果も期待できるということで、今度は効果的な取り入れ方をご紹介しましょう!

 

  • 調味料として

酢は二杯酢や合わせ酢など、他の調味料と合わせて使ってみましょう。作り置きをしておけば、手軽に酢の物や甘酢あんなどに使えます。

こってりとした料理の仕上げに振りかけてみたり、キャベツの千切りや大根・人参・パプリカ・きゅうりなどをお好みの合わせ酢につけて和風ピクルスにしたりと、メイン料理にも副菜にも活躍し、毎日の食事に取り入れやすくなります。

また、肉を煮込む時に酢を入れると短時間で肉を柔らかくする効果もあります。

酢は加熱しても効果は変わりません。まろやかな酸味にしたければ加熱調理の最初の方に、酸味を効かせたい時は酢を加えるタイミングを調理の最後の方にしましょう。

代表的な合わせ酢です。

 

*二杯酢 酢醤油のこと。砂糖を使わないので、揚げ物や餃子などの脂っこい料理をさっぱりと食べやすくしてくれます。(酢3:しょうゆ2)

*三杯酢 砂糖を使った甘みのある合わせ酢です。酢の物や南蛮漬けに使われます。(酢1:しょうゆ:1みりん1)

*甘酢 甘酢漬けの合わせ酢です。野菜や肉、魚など幅広く使えます。(酢3:砂糖2:昆布だし4、好みで塩少々)

*土佐酢 三杯酢にかつお節を加えて煮たものです。かつお節は濾します。加熱することで酸味がまろやかになり、かつお節のうまみが加わることでお浸しやもずくなどの海藻に良く合います。

 

  • 飲み物として

りんご酢やブルーベリー酢など、フルーティな酢もたくさん商品化されています。その中には飲み物として売られているものも多くあります。

酢は酢酸の効果が強力なので、原液のまま飲むと歯のエナメル質を溶かしてしまうことも。飲む時には少しずつ飲んで歯にダメージを与え続けるのではなく、短い時間で飲み切りましょう。

そして水で薄めるタイプのものは必ず商品の希釈倍率を守るようにしてください。ドリンク用の酢は砂糖がたくさん含まれていることが多いので、飲み過ぎには注意しましょう。

また、酢酸が胃に負担をかける場合があるので、これも酢の取り過ぎには注意しましょう。

 

酢の効果、効能についてのまとめ

酢の効果、効能

 

酢には思う以上の効果がありましたね!

「血圧、コレステロール値を下げる」「血糖値の上昇を穏やかにする」「疲労回復、食欲増進」「殺菌作用」「整腸作用」「カルシウムとビタミンCの吸収を助ける」

この様な健康効果とダイエット効果は現代人には嬉しいばかりです。

 

ただし、摂取量や摂取方法には注意が必要です。いくら効果的でも原液を希釈せずに飲むなどは、歯や胃に負担がかかります。料理に加える、希釈するなどし、ダイレクトに飲まないようにしてください。

摂取方法を守り、毎日少しづつ長く続けることで健康&ビューティライフを手に入れましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.