生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

わかめの栄養効果、食物繊維は美肌、ダイエットにも期待!

 
わかめの栄養効果、食物繊維は美肌、ダイエットにも期待!
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

家庭料理の名バイプレーヤー、わかめ。味にクセがなく、食感もつるんと食べやすいので、子供からお年寄りまでみんな好きですよね。

そして日持ちもし、色んな料理に使われるので食卓の救世主です。どこのご家庭にも乾燥わかめなどは常備しているのではないでしょうか?

 

そんな大活躍のわかめですが、含まれる栄養が凄いことになっています!特にわかめが旬を迎えるときにはぜひとも味わってみましょう。美味しさも栄養も格段にアップするとのこと。

日本人には馴染みの深いわかめです。どんな栄養と効果があるのか気になりますよね!

さっそく調べてみました!

 

わかめの栄養成分を調査!どんな効果が得られる?

わかめの栄養成分を調査!どんな効果が得られる?

 

わかめの栄養でまず思い浮かべるのは食物繊維ですね。確かに豊富です。でもわかめにはそれだけじゃない栄養がたくさん含まれていました。

 

  • β-カロテン

わかめにはβ-カロテンが豊富に含まれています。乾燥わかめを水で戻した場合では100gあたり1200μgほど。β‐カロテンは体内でビタミンAに変化し、皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあります。

さらにその抗酸化作用によって目の老化防止の効果があるとされ、夜盲症や疲れ目、ドライアイにも効果が期待されています。

 

  • 様々なミネラル

カリウムは余分なナトリウムや水分を体内から排出することでむくみや高血圧を防ぐ効果があります。マグネシウムはカリウムの働きを助ける役割を持ちます。血液やリンパ液の流れをスムーズにする効果もあります。10gの乾燥わかめに520㎎を含有しており、これはゴーヤや人参200gと同じくらいの含有量なのです。

マグネシウムは乾燥わかめ10g中110㎎で、女性の推奨摂取量(1日)の1/3以上も含まれることになります。

海藻に多く含まれるヨウ素ですが、わかめにも含まれます。ヨウ素は甲状腺ホルモンを生成し、新陳代謝を促し、ヨウ素が不足するとむくみや倦怠感の原因になります。適度な量の摂取が望まれます。

 

  • カルシウム

意外かもしれませんが、水戻ししたわかめは同量の牛乳よりカルシウムが豊富です。さらに骨にカルシウムを取り込むのを助ける働きもあり、骨からカルシウムが流出することを防ぐビタミンKや骨の形成を助けるマグネシウムも含まれているので、骨粗しょう症の予防や子供の成長に欠かせない食品と言えます。

 

  • 鉄、葉酸

授乳中に失われがちなカルシウムや鉄分の補給にも良いですし、妊娠を考えている女性が摂取すると良いとされる葉酸も若干含まれているので、特に女性に嬉しい食品ですね。

 

わかめの食物繊維の効果は?美肌、ダイエットにも期待!

わかめの食物繊維の効果は?美肌、ダイエットにも期待!

 

わかめのヘルシーなイメージはその豊富な食物繊維によるのではないでしょうか。

食物繊維には水溶性と不溶性に分かれますが、わかめに多いのはフコイダンやアルギン酸などの水溶性食物繊維です。

不溶性の食物繊維は腸の蠕動運動を促し、腸内の不要な物質を一緒に排出する働きがあります。一方水溶性の食物繊維は腸内で善玉菌のエサになり善玉菌を増やす効果があります。

 

加えてわかめの緑色の元であるクロロフィルも腸内での大切な役割があります。クロロフィル自体大変小さく、食物繊維が入り込めない腸内の隅々に入り込み、老廃物や不要なものを排出する働きがあります。

 

また、水溶性食物繊維の特徴として、糖質の消化や吸収をゆるやかにすることで食後血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。血糖値の急激な上昇は大量のインスリン分泌を促し、インスリンは血中の糖を脂肪として体内に溜め込みます。

水溶性食物繊維の働きにより血糖値の上昇がゆるやかになることでインスリンの分泌を抑えるため脂肪の蓄積を防ぐことができます。

 

このようにわかめには食物繊維による血糖値の安定、クロロフィルの働きも加わることで腸内環境を整えデトックスを促し美肌効果や健康的なダイエット効果が期待できるのです。

 

わかめの効果的な食べ方と注意点は?カラダにどんな影響がある?

わかめの効果的な食べ方と注意点は?カラダにどんな影響がある?

 

わかめの旬は春です。この時期はぜひ生のわかめをサッと茹でて食べてみてください。期間限定ですが、栄養もアップする上にシャキシャキの食感はこの時期だけのものです。

 

ただし日持ちがしないので、色やツヤの良いハリのある新鮮なうちに食べましょう。

乾燥わかめを食べる時は長時間水につけ過ぎないようにしてください。水溶性の食物繊維が流れ出てしまいます。

 

また、β-カロテンは油分と一緒に食べると体内に吸収されやすくなります。食物繊維は酢と一緒に摂取することで効果が上がります。わかめの酢の物にごま油をかけるなどは最強の組み合わせと言えますね!

 

このように美味しくたくさんの効果があるわかめなので、ついついたくさん食べたくなりますが摂取量には注意が必要です。

昆布ほどではないのですが、わかめにもヨウ素が含まれています。ヨウ素の過剰摂取は甲状腺ホルモンの分泌異常を引き起こす可能性があります。

毎日のお味噌汁や混ぜ込みご飯の具程度であれば問題はありませんが、1食分の置き換えダイエットとして満腹感を感じるほど大量に摂取するなどは控えた方が良いでしょう!

 

わかめの栄養についてのまとめ

わかめの栄養についてのまとめ

 

こんなに食べやすくあっさりとしたわかめなのに、見た目以上の栄養と効果があることがわかりました。

食物繊維、β-カロテン、ミネラル、カルシウム、鉄、ヨウ素などなど。それらの組み合わせにより血糖値の安定や腸内環境の改善、肌や毛髪の健康など美容と健康とダイエットに役立つのです。

実はこんなに栄養豊富な海の恵みも日本人と朝鮮半島に住む人たちしか消化できないそうです。昔から普段の食生活にわかめを取り続けてきた私たちだからこそ、消化酵素を持つことができたのですね。

わかめは一度にたくさん摂取する食べ方よりも汁物や付け合わせとして毎日少しずつ摂取するのが効果的で正しい摂取方法ということです。

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。皆さまにとって、輝く毎日を送るための食生活のヒントになれば幸いです!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.