生活改善、お悩み解決に役立つ情報をまとめています。

幼稚園・保育園のお遊戯会の目的。親目線で気を付けること

 
お遊戯会
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

お子さんが幼稚園や保育園へ通われているパパやママは、お遊戯会でお子さんががんばっている姿を見るとき、成長を感じずにはいられないかと思います。

お遊戯会にはどのような目的があるのでしょうか?内容や親目線で気を付けること、親が参観する際の服装などを調べてみたいと思います。

お遊戯会の目的

お遊戯会の舞台上

幼稚園、保育園ともにお遊戯会は年間計画で予定されていると思います。年間で計画されている行事には必ずねらいと目的があります。特に運動会、発表会、お遊戯会など人前で発表する行事はお子さんの日ごろの成果や成長を披露する場です。楽しさ、高揚感、見てもらう誇らしさ、達成感などを学びます。お子さんは練習して頑張ること、お友達と一緒にひとつの目的をやり遂げる一体感、コミュニケーションや協力する喜びなど多くの経験を味わうことがでることでしょう。

 

お遊戯会の内容

鈴

お遊戯会には幼稚園、保育園それぞれ園によって特色があります。また、年齢によっても出来ること出来ないことがあり、それぞれの年齢にあった内容になると思います。

おもに、歌、ダンス、劇、合奏、などが多いのではないでしょうか?

保育園などでは、0歳児からステージに立ち、音楽に合わせて体を動かすようなかわいい発表や、1歳児、2歳児のまだお話もできないようなお子さんが必死で練習し、時には泣いてしまいながら頑張って発表している姿にはとても感動します。

3歳児になると、だんだん楽器を演奏できるようになったり、ダンスにも動きがでてきて,とても元気な声で歌を歌ったりします。

4歳児は、さらに一つ上の段階にいき、音楽の表現を上手にできるようになってきます。劇やオペレッタなどを演じる際も、とても楽しんで発表できるようになります。

5歳児は、幼稚園、保育園ともに最高学年で、今までの集大成という目的もあり、見ていて感動してしまうような、発表ができます。

このように、各年齢にあった演目を先生方が考えて教えて下さることで、子供たちも精一杯頑張って練習することが出来ます。

 

お遊戯会で準備するもの

お遊戯会の子供

お遊戯会が近くなるとお家で準備するものが出てくると思います。〇色のシャツや〇色の形をした髪飾りなど、細かく指定される場合もあるかと思います。もし、探してもなかなか見つからない場合や困ってしまった時は、先生に相談しましょう。

 

なかには、衣装をお家の方が手作りするなんて園もあるかもしれません。普段作ったことがないものを作るのはとても大変かもしれませんし、普段忙しく働いているご家庭では時間を作るのもひと苦労かもしれません。

でも、お子さんも必死に練習して頑張っていることを思えば、その苦労もあとになって良い思い出になると思います。分からないことは先生や、同じクラスのママと相談して、お子さんと楽しみながら作れると良いですね。

 

また、発表する演目をお家で練習することもあるかもしれません。お子さんのプレッシャーにならないように、楽しい雰囲気でみてあげましょう。お家の方が喜んで見てくれると、お子さんは楽しく覚えることができますし、「みてみて!」と何度もやってくれるはずです。

 

親目線で気を付けること

舞台を撮影する親

この行事の主役はなんといってもお子さんです。

劇などを発表する際、お子さんの役が目指していたものと違った役で、意見を言う親御さんがいらっしゃいます。お子さん自身もやりたい役ができなくて落ち込んでいるかもしれません。でも、物語に出てくる登場人物は様々な役があり、その役をやる人がいないと、物語は成り立ちません。どんな役回りになっても、お子さんを励まし、その役をしっかり頑張って毎日練習できるように気持ちを持って行ってあげられるのは親です。そのようにして練習に取り組み、頑張ったことを称え、温かく見守り、お子さんにとって良い経験ができたと思えるようにしてあげましょう。何事も経験することはお子さんを何倍にも成長させます。そして、終わったあとたくさん褒めてあげて下さい。

 

録画などで場所取りなどをする方がいらっしゃるかもしれません。もちろん、お子さんが頑張って練習してきたことを記録に残すのはとても大事です。ただ、周りが見えなくなってしまい、一番前で三脚をたてたり、決められたスペース以上の場所をとってしまうような方がいると周りはとても残念な気持ちになってしまいます。

とくに、幼稚園、保育園は子供用に作られた建物なので、ホールの規模が小さい場合が多いです。園で決められたルールがあると思いますので、しっかり守りお互いゆずりあうようなコミュニケーションをとりあい、楽しい時間を過ごしましょう。

 

親が参観する際の服装

当日の主役はお子さんです。お子さんより目立ってしまうような服装はやめましょう。

その園によってさまざまでしょうが、ジャージにサンダルといった部屋着のような恰好は浮いてしまいますので、すこしキレイめなオフィスカジュアル位で大丈夫です。

どうしてもわからない場合は、同じクラスのママに聞いてみたり、先生にそれとなく聞いてみたりしてみて下さいね。

 

まとめ

お遊戯会はお子さんにとっても、親にとっても楽しみなイベントです。特にお子さんはこの発表に向け毎日練習しています。この行事を通してお子さんたちは様々な経験を味わい、少しずつ成長していきます。楽しいこと、つらいこと、いやなこと、疲れ、などいろいろな経験は全部無駄ではなく、経験しないと分からない感情です。お遊戯会をすることで終わったあとにはひとまわり成長したお子さんになっていることでしょう。親は成長していくお子さんを温かく見守り、たくさん褒めてあげて良い思い出となるようにサポートしましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マトメルブログ , 2019 All Rights Reserved.